近藤スパ太郎の 電動バイクに乗っタロウ!

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション【所有欲をかき立てられるルックス】

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション【所有欲をかき立てられるルックス】

●文:ヤングマシン編集部(近藤スパ太郎) ●写真:輪

「SUPER SOCO(スーパーソコ)」は、オーストラリアの電動バイクブランド・Vmoto社製。ルックスと快適性を兼ね備え、特にヨーロッパで人気らしい。今回試乗したレトロな雰囲気を持つ原付二種の「TC」は、発売早々から日本でも人気が高いようだ。

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー] 環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。[URL]近藤スパ太郎SPANCHOOSTwitter

パワー重視ではないけれど雰囲気が良いバイク

「スーパーソコ」は洗練されたデザインが人気で、製造拠点を中国に持ち、ヨーロッパを中心に2000以上の販売拠点がある。日本では福岡に本社があるXEAM(ジーム)が’20年の3月から人気車5種の販売を始めた。原付一種から軽二輪がラインナップされる中、今回試乗したのは一番人気の原付二種「スーパーソコTC」だ。

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【XEAM SUPER SOCO TC】●全長×全幅×全高(mm):1926×710×1100 ●シート高:770mm ●車体重量:84.5kg(バッテリー2個搭載時) ●原動機:BOSCH製リヤハブモーター ●定格出力:1000W ●最大出力:3000W ●最高速度:75km/h ●駆動用バッテリー:リチウムイオンバッテリー ●バッテリー電圧/容量/充電時間:60V/1800Wh×2(バッテリー2個搭載時)/8時間(AC100V充電時) ●一充電走行距離:110~120km(バッテリー2個搭載時試験環境下)* ●タイヤサイズ:フロント90/80-17 リヤ110/70-17 ●車体色(’20モデル):カーキイエロー ダークシーブルー ダイヤモンドブラック ヴィンテージグリーン ●乗車定員:2名 ●メーカー希望小売価格:32万7800円(1バッテリー付属) ※2バッテリー付属モデルは43万7800円 (* 体重75kgのライダーが45km/hで定地走行した場合の数) [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

「これ原付二種だよね?」と疑ってしまうほどゆったりとしたライディングポジション。特にダミータンク部が長く、ハンドルに手を置くとコンパクトな軽二輪と同等のポジションだ。シート高は770mmで両足ともに足着きもベッタリ。[身長173cm/体重77kg] [写真タップで拡大]

丸目のヘッドライト、丸いミラー、丸いスピードメーター。茶色のカフェシートとグリップは、車体のヴィンテージグリーンとも良く合い、雰囲気も良い。ドイツのボッシュ製17インチハブモーターを搭載し、1800Whの大容量バッテリー1個で最大航続距離は60km。2個積めば120km走ることができる。プラグインでもバッテリーを取り外してでも充電が可能で、どちらの場合も100Vで1個あたり8時間。

跨ってみると、ハンドルまでの距離がゆったりとしていて、原付二種のコンパクトさは感じない。走行モードは最高速が約25km/hの”1”、約45km/hの”2”、スペック上は最高速75km/hまで出るという”3”の3種。モードごとの航続可能距離がメーターに表示されてありがたい。

走り出すとすぐに、パワー重視ではないとわかる。というのも、電動バイクが持つ”トルクフルな加速”の設計にはなっていない。じんわり加速で、特に約50km/h以上になるとスピードの伸びはさらに感じなくなる。ボクの体重ではスペック記載の75km/hに達することはなく、70km/hになるまでも距離と時間が必要だ。とはいえ、一般道での信号待ちからの発進は周りの自動車よりも加速が良く、幹線道路でも他の車両の流れに乗って快適には走行できる。アラを探すとすれば、サスペンションが”カツン”という固い印象だ。この原因は、1名乗車ではなく、2名乗車で開発しているのが理由のようだ。シートの角もちょっと痛いので、改良されると良いかな…。

TCと中身がまったく同じでスポーツ外装の姉妹車・TSXもあるが、この2機種、いま結構売れているそうだ。おそらく購入者は、トルクのある力強い走りというよりも、原付二種でランニングコストも外見の雰囲気も良く、走行音もとても静かで、トコトコ走るのにちょうど良い、そんなバイクを求めているのだろう。

スーパーソコTSX
[写真タップで拡大]

【スーパーソコTSX:スポーツデザインの姉妹車】TCの姉妹車として、スポーツ系外装のTSXも人気がある。フレーム/モーター/バッテリー/サスペンションなど中身はTCとまったく同じだが、ライトまわりやホイール、シートと外装デザインが違うだけで、随分と印象が変わるものだ。シート高も車重も同じである。●価格:1バッテリー付属モデル32万7800円|2バッテリー付属モデル43万7800円

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション
電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【リヤハブモーターとFOCベクトルコントローラー】最大出力3000Wのボッシュ製ハブモーターを搭載。走行モードは右手元のスイッチで、1(最高速≒25km/h)、2(最高速≒45km/h)、3(最高速≒75km/h)と走行中に切り替えが可能だ。写真右がFOCベクトルコントローラーだ。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

ライダーの体重や走りの好みや合わせたセッティングが可能な、シングルリヤサスペンションを搭載。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

前後にディスクブレーキを採用して、フロント3ピストン、リヤ1ピストンのキャリパーを採用。リヤブレーキをかけると、油圧でフロント側も効くコンビブレーキを搭載している。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション
電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【灯火類はすべてLEDを採用。メーターはデジアナ仕様】クラシックな雰囲気を演出する円形の高輝度LEDヘッドライトを採用。テールライトとブレーキ灯はナンバー灯と一体化。可視範囲が270°あり、夜間の安全性を担保している。ウインカーはシームレス溶着技術で高い防湿と防水性能を持つ。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

丸くレトロなメーター内にデジアナが融合。バッテリー残量や航続可能距離も表示される。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

ビンテージ感を演出するカフェシートは、ハンドルグリップと同系色に統一。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

ダミータンクカバーを開けると、ちょっとした小物が収納できるトレーがあって便利だ。その下にはバッテリー(1個:345×180×130mm)を2個収納できる。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

リモコンキーでセキュリティをONにすると、ロックがかかり車体を動かせなくなる。 [写真タップで拡大]

バッテリーはダミータンク内に収納。プラグイン充電もできるので便利だ!

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【荷室のトレーを外す】ダミータンクカバーを開けるとトレーがあり、このトレーを外すとバッテリーが現れる。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【ケーブルを取り出す】走行時にはオレンジのケーブルがバッテリーに繋がれているので、このプラグを外す。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【バッテリーは12.5kg】脱着式の1800Whの大容量バッテリーは2個搭載可能。1個約8時間で満充電となる。 [写真タップで拡大]

電動バイク「スーパーソコTC」試乗インプレッション

【プラグイン充電も可】100Vの充電ケーブルを車体の充電口(右手で指してる部分)に差し込んでの充電も可能だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報