BMW S1000RR×MAGICAL RACING×ライドハイ

【マジカルレーシング×S1000RR】カーボン率アップでスポーツ性と高級感をアップ

●文:ライドハイ(伊藤康司)

BMWからモーターサイクル初のMモデルとしてM1000RRが発表されてはいるが、ベースモデルのS1000RRもポテンシャルはピカイチ。軽量化とスポーツ性向上、そして何より高級感を高める、マジカルレーシングのカーボン製パーツ群を紹介しよう。

ルックスはもちろん、スポーツ性をいっそう高める

アルミツインスパーフレームに並列4気筒エンジンを搭載し、日本製スーパースポーツと同じレイアウトで勝負するBMW S1000RR。初代モデルは2009年に登場したが、熟成と進化を重ねて2019年にフルモデルチェンジした。

その車両に合わせて、マジカルレーシングが数々のボディパーツを製作した。

タンクエンドや剛性を高めたタンクサイドカバーは、下半身ホールドしやすくバイクとの一体感を高める。カーボントリムスクリーンはフロントビューを一新するだけでなく、ウインドプロテクションも大幅に向上。ツーリング派にも人気のアイテムだ。

→全文を読む|写真×10点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報