日中の被視認性を高める専用ライト

バイク用デイライト=DRL装備解禁【BMW|キャラに合わせて多種多彩な展開】

  • 2020/11/24
バイク用デイライト=DRL装備解禁【BMW|キャラに合わせて多種多彩な展開】

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

今まで日本で認可されていなかったバイク用デイライトが合法となった。よりキャラクターが立った“顔”が今後は国内でも入手可能になる。BMWは、イカリングにライン発光など各車に合わせて様々なDRLを採用。S1000RRのように下まぶたを強調した造形は、4輪の3シリーズ等を踏襲したと思われる。

R1250GS:DRLに加えオートライトも装備

人気アドベンチャー・R1250GSは、1200時代からDRLを採用。左右異型ヘッドライトのハイビーム側を縁取るラインが特徴だ。欧州仕様はセンサーにより暗所では自動的にヘッドライトが点灯し、スイッチでDRLをONにすることも可能。

日本仕様 [写真タップで拡大]

欧州仕様

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

BMW R1250GS

R1250RT:両眼イカリングで高級セダンのイメージ

ボクサーツイン搭載ツアラー・R1250RTは、両眼のリング状DRLがゴージャス。国内版は中央のロービームが光り、DRLの主張が弱まっている。

日本仕様 [写真タップで拡大]

欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

BMW R1250RT

S1000RR:光り方は同様だが、よりキリッと

’19年型でフルチェンジした最高峰スーパースポーツ・S1000RRは、日欧ともメインキーONで目元下側が光り、エンジンをかけると両眼のヘッドライトが点灯する。ただし欧州版は下側のDRLが明るく、まなざしが鋭く見える。

日本仕様 [写真タップで拡大]

欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

BMW S1000RR

F900XR

’20年にデビューした新作クロスオーバーも、S1000RRに似た目元下側を彩るDRLを採用し、スポーティな印象。国内仕様は外側のロービームが点灯する。

日本仕様 [写真タップで拡大]

欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

BMW F900XR

F900R

F900兄弟のネイキッドバージョン・F900Rは、中央の横一文字DRLがインパクト大。シュラウド~タンクへと連なるラインを形成している

日本仕様 [写真タップで拡大]

欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

BMW F900R


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ