旧車こそ我が人生!なライダーに

久しぶりに走らせる2サイクル車はエンジン始動前に注意深くメンテを〈スーパーゾイル〉

  • 2020/9/5
[写真タップで拡大]

しばらく走らせていなかった2サイクルエンジンは、シリンダー内壁やピストンリング周りのエンジンオイルがクランク室に流れ落ちてしまい滞留しているので、プラグ穴からスポイトでエンジンオイルを流し入れ、クランキングするのがお約束だ。

[写真タップで拡大]

スパークプラグを2本とも抜き取っているため、キックアームは手で簡単に降ろすことができる。逆に、抵抗感やメカノイズがあるときには無理してキックを降ろさず、原因追及が先だ。

[写真タップで拡大]

最終型パラツインガンマ250は、ガソリンタンクキャップを外したところにオイルタンクのキャップがある。一気にドバッと入れすぎないようにジョウゴで確認しながら注入しよう。

[写真タップで拡大]

しばらく走らせていないのでギヤオイルも交換することにした。2サイクルエンジンでもギヤオイルには4サイクル用スーパーゾイルを使う。今回はスーパーゾイル配合済みの100%化学合成シンセティックゾイルを利用した。

[写真タップで拡大]

ドレンガスケットも新品に交換した。

[写真タップで拡大]

ギヤボックス内とプライマリーユニットの潤滑のみなので、容量は少なく850cc。旧ギヤオイルを完全に抜き取ってから850cc注入。キックアーム下にレベルボルトがあるので緩めてレベルを合せる。不足時は追加注入しよう。

[写真タップで拡大]

いよいよエンジン始動に取りかかる。タンクキャップを外してガソリンの臭いを嗅いでも腐ったガス特有の臭いはなかったので、フロートチャンバードレンを緩め、燃料コックをオンに。

[写真タップで拡大]

ドレンパイプからガソリンを流し出しドレンボルトを締め、オーバーフローがないか確認した。そしてチョークを効かせてキック2発、いとも簡単にエンジン始動!! 気になるメカノイズは皆無だ。

スーパーゾイルシリーズ

[写真タップで拡大]

【スーパーゾイル シンセティックゾイル for 2サイクル 100%化学合成 JASO/FD】現在では珍しい”赤色”を採用しながらも、高性能を誇る100%化学合成のフルシンセティック仕様。性能もさることながら、”赤オイル”であることも大きな人気の理由だ。●容量:1000ml ●価格:4300円(税抜、以下同)

スーパーゾイル シンセティックゾイル for 2サイクル

[写真タップで拡大]

【スーパーゾイル for 2サイクル】ブランドオイルを引き続き使いつつ、スーパーゾイルの効能を体感したいユーザーにお勧めの商品。利用当初は従来オイルと50対50で使い、2回目以降は5対1(スーパーゾイル) の比率で利用してみよう。●容量:450ml ●価格:3800円(100mlボトルは1200円)

スーパーゾイル for 2サイクル

[写真タップで拡大]

【スーパーゾイル シンセティックゾイル 10W-40】4サイクルエンジン用として開発された100%化学合成のフルシンセティック仕様。2サイクルエンジンでは、ギヤオイルとして利用することができる高性能オイルだ。●容量:1000ml ●価格:4300円

スーパーゾイル シンセティックゾイル 10W-40

[写真タップで拡大]

【スーパーゾイル チェーンルーブ】バイクメンテナンスでもっとも定期的なケアが必要なドライブチェーン。高性能チェーンルーブにスーパーゾイル成分を混ぜたこの商品を使えば、チェーンもスプロケットも延命になる。●容量:220ml ●価格:2000円

スーパーゾイル チェーンルーブ

●取材協力:パパコーポレーション
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:
1

2

3