スリムなボディが魅力の電動工具

別売りリチウムイオンバッテリーを共用する新型充電式ツール【アストロプロダクツ】

  • 2020/7/1
別売りリチウムイオンバッテリーを共用する新型充電式ツール【アストロプロダクツ】

AC100V電源やコンプレッサーのエアが不要な充電式のツールは、省力化と時間短縮を両立でき、一度使うと手放せなくなるアイテム。アストロプロダクツでは新たに10.8Vバッテリーを用いたシリーズを展開。各工具のバッテリーを共通化し、別売りとすることで無駄を省いている。まずはミニポリッシャーとラチェットレンチを発売。これから注目のシリーズだ。

第1弾はミニポリッシャーとラチェットレンチ

充電式のバッテリー工具は便利だが、メーカーによってバッテリー形状が異なり共用が難しいのが悩み。また強力化のため電圧が上昇するのに伴い、バッテリーサイズがどんどん拡大するのも善し悪しだった。

アストロプロダクツの新たな電動工具は、スリムな10.8Vリチウムイオンバッテリーを使用するシリーズ商品で、第1弾としてミニポリッシャーとラチェットレンチをリリース。

バッテリー共通化により、電動工具でありながらバッテリーと充電器を別売りとしているのも特徴。ユーザーにとっては工具を買うたびに増える充電器の無駄を省き、製品本体がリーズナブルなのが魅力だ。

ミニポリッシャー:作業に応じてグリップ形状を変更。磨き作業の効率アップ

サンディングパッドやスポンジバフによって、削る&磨く作業を効率アップするポリッシャー。グリップ形状をワンタッチで変更でき、磨き作業で便利なサイドハンドルも付属する。適合パッドサイズが小さいので、バイクやヘルメット磨きにもってこい。バッテリーと充電器が付いたスターターセットも発売された。

AP DC10.8V充電式ミニポリッシャー本体[アストロプロダクツ]

AP DC10.8V充電式ミニポリッシャー[アストロプロダクツ]●価格:6820円 ※本体のみ

AP DC10.8V充電式ミニポリッシャー本体[アストロプロダクツ]

ハード、ミディアム、ソフトのスポンジバフ(各385円)は、サンディングパッド(φ75:440円、φ50:330円)を介してセットする。

AP DC10.8V充電式ミニポリッシャー本体[アストロプロダクツ]

サンディングパッド一体式のコーン型スポンジ(715円)も、ミニポリッシャーと相性の良いアイテム。コンパウンドを併用することでデザインが複雑なホイール磨きも楽勝。右はワックス皮膜が残らない、ノンシリコンタイプの微粒子コンパウンド(1628円)。微粒子タイプの目安番手は#3000~4000。容量200mlなので使い切れる。

ラチェットレンチ:ハンドルを振らずにボルトを早回し。狭い場所でスピーディな作業可能

トリガーを握る間ソケットが回り続ける電動ラチェットレンチは、ラチェットハンドルの振り角が取れず、Tレンチも使えない場所のボルトナットの早回しに便利。差込角3/8のヘッドはスリムで、狭い場所にもアクセスしやすい。締め/緩めの両方で使える。

AP DC10.8V充電式ラチェットレンチ[アストロプロダクツ]

AP DC10.8V充電式ラチェットレンチ[アストロプロダクツ]●価格:7590円 ※本体のみ

AP DC10.8V充電式ラチェットレンチ[アストロプロダクツ]

インパクトレンチのようにソケットが高速で回るわけではないが、メガネレンチやソケット工具に比べてボルトナットの早回しが可能。最大M10のボルトまで使えるが、最大トルクは40Nmなのでレンチによる本締めが必要。

AP DC10.8V充電式ラチェットレンチ[アストロプロダクツ]

バッテリーの残量が簡単に確認できる。作業箇所を見やすく照らすライトも装備。

10.8Vシリーズに不可欠な専用バッテリー&充電器

1セル1.2Vのリチウムイオン電池をまとめたバッテリーは軽量で、工具にセットしても重さは気にならない。ポリッシャーの連続使用時間は約20分、ラチェットレンチは約15分。1時間で充電できるが、バッテリーは複数持っておくのがベター。

AP DC10.8Vリチウムイオンバッテリー1.5Ah&充電器[アストロプロダクツ]

(左)AP DC10.8V 充電器:1650円 (右)AP DC10.8Vリチウムイオンバッテリー1.5Ah:2310円

AP DC10.8Vリチウムイオンバッテリー1.5Ah&充電器[アストロプロダクツ]

バッテリーをグリップに収納すると、工具側のインジケーターで残量が分かる。9個のセルを三角形にまとめてあるので、グリップは手になじみ握りやすい。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。