国内で公開されたドライカーボンのカスタムに続く第2弾

【映像×2】ニンジャZX-25R インドネシア発のレーサーカスタム登場![ダイノマシンの様子も]

  • 2020/4/25
カワサキ ニンジャZX-25R

大阪/東京モーターサイクルショーで展示される予定だったNinja ZX-25Rのカスタムマシンが公開されたのは4月1日。それに続く情報が入ってきた。インドネシア発のレーサーカスタムは、日本のブランドでタイにも拠点を持つ「スナイパー」の削り出しパーツが奢られる。

Ninja ZX-25Rのレーサー製作プロジェクト、第2弾

インドネシアではニンジャZX-25Rが2020年4月4日に発表展示される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になったのは既報通り。とはいえ、カワサキは歩みを止めるつもりはない。

カワサキインドネシアが公開した映像には、日本のブランドでタイにも拠点を持つ「スナイパー(sniper)」のパーツを装着していく様子が収められている。可変ポジションのバックステップはブロンズとゴールドの中間ぐらいの色合いだろうか。そしてパンドルバーが交換され、左右レバーとブレーキレバーガードが装着されていく。

日本で公開されたレーサーカスタム(関連記事参照)には、エーテック製のドライカーボン外装とビート(BEET)製マフラーが奢られていたが、こちらはどうなっていくのか? 映像のタイトルは「Stage 1」となっているだけに、まだまだ進行していきそうだ。

こうして日本とインドネシアでレーサーカスタムが公開されたことから見ると、カワサキはアジア選手権などに参戦する構想があると考えるのが自然かもしれない。3psのパワーアップで迎撃態勢を整えるホンダCBR250RRとのガチンコ対決が見られる日は近い!

開発順調! ダイノマシンで吠えるNinja ZX-25R

こちらは1週間ほど先行して公開されていた映像で、ダイノマシン上で次々にシフトアップしていく様子が収められている。残念ながら測定数値を見ることはできないが、意外に野太いサウンドがチェックできるぞ。シフトアップ時に手元が映っていないため断言はできないが、クイックシフターを利用してスロットルを戻さずにギヤチェンジしているようだ。次の映像もお待ちしていますよ、カワサキさん!

最新の記事

固定ページ:

1

2