2021年には「Ninja ZX-25R」ワンメイクレース開催を計画

ニンジャZX-25Rにドライカーボン外装/ビートのフルエキ装備! レースカスタム車を解説

  • 2020/4/1

東西モーターサイクルショーで展示される予定だった車両をお届け。速報でお伝えしたニンジャZX-25Rの詳細な写真を入手したので解説したい。レースイメージカスタムということで、この状態で市販されるわけではないが、リッタースポーツにも引けをとらない貫禄は圧巻だ。

公道だけでなく、サーキットも存分に楽しんでほしい

インドネシア仕様は4月4日に公開展示される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止に。予約受注は予定通り同日より行われる模様だ。そして気になる日本仕様は秋頃の導入とされている。

カワサキはこれに先駆け、大阪/東京モーターサイクルショーでレースイメージにカスタムしたニンジャZX-25Rを展示する予定だったが、ご存じのとおりイベントは中止となった。このカスタム車両がWEB上で公開されたというわけだ。

先に公開した記事のとおり、カワサキは2021年にNinja ZX-25Rのワンメイクレース開催を計画している。これはレース経験者のみならず、未経験のライダーにも広く門戸を開き、参加者全員が楽しめるイベントを目指すといい、今秋にはデモレースの開催も検討されている。

ニンジャZX-25Rは公道だけでなくサーキットも楽しめる高いパフォーマンスが期待できる新鋭マシン。車重ではやや不利でも、パワーがモノを言う高速サーキットでは2気筒勢を圧倒する姿も見られそうだ。46ps/15000rpmとも言われる超高回転のフォーミュラサウンドがサーキットに木霊する日も近い!

KAWASAKI Ninja ZX-25R RACE “Image” Customized machine|スタイリング&パーツ解説

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

カウル類(テールカウル、タンクカバー含む)はエーテック(A-TECH)の「ブラックダイヤモンド」で統一。なんとドライカーボン製だ。エーテックはレース用外装やカーボンパーツなどで知られ、ヤングマシンとのコラボではBMW・G310R用のレーシングフルカウルもプロデュースしている。

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

フレームカバーやドライブスプロケットカバー、スイングアームカバー、前後フェンダーに至るまでドライカーボン製。写真で装着している全てのエーテック製品は販売予定だという。バックステップキットはスナイパー(SNIPER)製。スナイパーは日本のパーツメーカーで、タイにも拠点を置いている。

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

マフラーは、カワサキレーシングチームが鈴鹿8耐マシンにも使用したことでお馴染みの日本ビート工業(BEET)製。ナサート-R エヴォリューション タイプIIのレース用プロトタイプだ。クラッチカバーやフロントブレーキキャリパーもカーボンで覆われているのがわかる。

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

Ninja ZX-10R用の純正リヤショックを取り付けている。フロントはノーマルベースで、インナーチューブの表面処理を変更したものだ。ともにSHOWA製。ドライブチェーンはRK製のBL520R-XW、スプロケットは純正(RK製)を塗装したものだ。

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

タイヤはダンロップ製スポーツマックスα-13SPを装着。アッパーカウルはセンターラムエアダクトが活かされており、外観はNinja ZX-10Rを思わせる迫力がある。6段階アジャスター&可倒式の左右レバーおよびカーボンレバーガードはスナイパー製。

カワサキ・ニンジャZX-25Rレースイメージカスタム

左がレースイメージカスタム車で、右はノーマル車。早く走っている姿を見たい!

[次ページ]ニンジャZX-25R レースイメージカスタムのディテール写真大放出!

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。