PCX、リード、ディオ、ベンリィ

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#5/5 スクーター〉ホンダ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスクーター編〈ヤマハ|スズキ〉に引き続き、本ページではホンダのPCXシリーズ/リード125/ディオ110/ベンリィ110を紹介する。


●文:沼尾宏明、宮田健一 ※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

2人乗りでも快適な実用性とエレガントでスタイリッシュな外観が自慢のシティスクーター「リード125」。シート下トランクはフルフェイスヘルメットが2個入る37L の大容量を誇っている。車体色は6色と豊富なうえ、’20年3月31日までの受注期間限定で特別色「マットギャラクシーブラックメタリック」も発売された。

【’20 HONDA LEAD 125】■水冷4スト単気筒SOHC 124cc 11ps /8500rpm 1.1kg-m/5000rpm ■114kg(装備) シート高760mm 6L ■タイヤF=90/90-12 R=100/90-10 ●価格:特別色(マットギャラクシーブラックメタリック・写真)31万9000円/標準色31万5700円 ●販売中

標準色のバリエーションは、パールダークアッシュブルー(ツートーン/写真)、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)、パールメタロイドホワイト(ツートーン)、キャンディラスターレッド、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトの6色。

LEDのヘッドライトとポジションランプが精悍な表情を演出する。発行指針&液晶ディスプレイのメーターはオイル交換時期の設定機能付きだ。

ホンダ リード125:’20年3月末までの受注限定特別色

人々の暮らしを支えるデリバリースクーターで、STDおよび新聞配達業務特化型・PROの2タイプがある。サイドスタンドやフロントブレーキロックレバー、荷物で配光が妨げられないよう低い位置に置かれたヘッドライトなど随所に働く人への気配りが施されている。

【’18 HONDA BENLY 110/PRO】■空冷4スト単気筒 107cc 7.9ps 0.88kg-m ■117kg(装備) 10L ※諸元はSTD ●価格:28万6000円~ ●販売中

関連するアーカイブ

最新の記事