トリシティ、NMAX、スウィッシュ、アドレス…

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

  • 2020/2/24
’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスポーツ系バイクに続いて、本ページではスクーター編として、ヤマハ トリシティ125/BW’s 125/NMAX/シグナスX/アクシスZと、スズキ スウィッシュ/アドレス125/110を紹介する。

●文:沼尾宏明、宮田健一
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ヤマハ トリシティ125/ABS:ヤマハ独自のLMW第1号

フロント2輪がリーンしながら向きを変えるヤマハ独自のLMW機構を持った3輪コミューター「トリシティ125」。’18モデルでブルーコアエンジンとなるモデルチェンジを行い、’19モデルで新色を追加した。

ヤマハ トリシティ125

【’19 YAMAHA TRICITY125/ABS】■水冷4スト単気筒 124cc 12ps 1.2kg-m ■159kg(装備) 7.2L ●価格:42万3500円(ABS無)/46万2000円(ABS有) ●販売中 [写真タップで拡大]

’19 ヤマハ トリシティ125/トリシティ155

’19 ヤマハ トリシティ125/トリシティ155 [写真タップで拡大]

ヤマハ BW’s 125:アソビゴコロ満載のファンスクーター

クロスオーバースタイルのファンスクーターで、前後12インチのブロックパターンタイヤを装着。シート下トランクは容量29Lでヘルメット1個とかなりの+αを収納可能。タンデムグリップ付きリヤキャリアも標準装備し、街乗りからツーリングまで幅広く楽しめる。

ヤマハ ビーウィズ125

【’19 YAMAHA BW’s 125】■空冷4スト単気筒 124cc 9.8ps 1.0kg-m ■119kg(装備) 6.5L ●価格:33万5500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

ヤマハ ビーウィズ125

[写真タップで拡大]

ヤマハ NMAX ABS:国内仕様には125版もある

NMAX155と共通プラットフォームとなる125版。走りと環境性能を融合した水冷のブルーコアエンジンは、VVAによってさらに高効率燃焼を促進している。基本的な装備面については155に準じており、国内仕様ではABSも標準装備。’19年6月末にカラーチェンジした’19モデルが販売された。

ヤマハ NMAX ABS

【’19 YAMAHA NMAX ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4 バルブ 124cc 12ps 1.2kg-m ■127kg(装備) シート高765mm 6.6L ●価格:35万7500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

ヤマハ NMAX ABS

走りと環境性能を融合した水冷のブルーコアエンジン [写真タップで拡大]

ヤマハ シグナスX:MotoGPカラーは限定1300台

エッジの効いたフォルムや3灯LEDヘッドライト、前後ディスクブレーキ、フルデジタル液晶メーターといった装備で、スポーティな魅力にあふれる小型二輪スクーター「シグナスX」。エンジンは空冷SOHC4バルブ単気筒で、パワフルな9.8psを発揮する。’19年9月に1300台限定でモンスターエナジー・ヤマハMotoGPカラーの特別仕様車も発売された。

ヤマハ シグナスX

【’20 YAMAHA CYGNAS-X Monster Energy YAMAHA MotoGP Edition】■空冷4 スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 9.8ps/7500rpm 1.0kg-m/6000rpm ■119kg(装備) シート高775mm 6.5L ■タイヤF=110/70-12 R=120/70-12 ●価格:34万6500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

ヤマハ シグナスX

【’19 YAMAHA CYGNAS-X】STDのカラーリングは赤、白、黒、ガンメタの4色だ。 ●価格:33万5500円 ●販売中

ヤマハ シグナスX
ヤマハ シグナスX

’19モデルでLEDの新作前後灯火器やフルデジタル液晶メーター、USB対応のDC12Vジャックを採用。

ヤマハ アクシスZ:普段の通勤にも便利な軽快スクーター

先端のポジションランプがシャープなフロントボディをさらにスタイリッシュに見せる125スクーター。100kgの軽量車重と燃費に優れたブルーコアエンジンで楽しい走りと実用性を追求している。給油口は左インナーパネルにあり、腰をかがめずに給油作業が行える。

’19 ヤマハ アクシスZ

【’19 YAMAHA AXIS Z】■空冷4スト単気筒 124cc 8.2ps 0.99kg-m■100kg(装備) 5.5L ●価格:24万7500円 ●発売中 [写真タップで拡大]

’19 ヤマハ アクシスZ

[写真タップで拡大]

スズキ スウィッシュ:上級版リミテッドは通勤用の強い味方

毎日使う足としてトランクスペースやメットホルダー、USBソケットに、リヤキャリア、U字ロックホルダーなど実用機能が満載。LEDヘッドライトやデジタルメーターで質感も高い。ナックルガードにグリップ&ヒートシーターを備えたリミテッドもラインナップしている。

’19 スズキ スウィッシュ

【’19 SUZUKI Swish】■空冷4スト単気筒 124cc 9.8ps 1.0kg-m■119kg(装備) 6.5L ●価格:STD=32万4500円~/リミテッド=34万6500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

’19 スズキ スウィッシュ

[写真タップで拡大]

スズキ アドレス125:フラットシート仕様もあり

燃焼効率アップとローラーロッカーアームなどでフリクションロス低減が図られたSEPエンジンを搭載。リヤキャリアやフックなど積載まわりの便利装備と合わせて快適性と実用性に優れたスクーターで、フラットシート仕様もある。’19 秋にカラーバリエーションが改められた。

スズキ アドレス125

【’20 SUZUKI Address 125】■空冷4スト単気筒 124cc 9.4ps 1.0kg-m ■109kg(装備) 6.0L ●価格:22万5500円~ ●販売中 [写真タップで拡大]

’20 スズキ アドレス125

[写真タップで拡大]

スズキ アドレス110:街中ユースを追求した超軽量車体のスクーター

優れた燃費のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンと、14インチの大径ホイール、それにクラストップレベルの装備重量99kgという軽さで、ライダーの毎日を支えることを主眼に置いた原付二種スクーター。リヤキャリアやサイドスタンドも標準装備だ。

スズキ アドレス110

【’20 SUZUKI Address 110】■空冷4スト単気筒 112cc 8.8ps 0.88kg-m ■99kg(装備) 5.2L ●価格:21万7800円 ●販売中 [写真タップで拡大]

’19 スズキ アドレス110

[写真タップで拡大]

’20国産新車バイク完全アルバム〈原付二種スクーター編〉、本ページのヤマハ|スズキ車に引き続き、次ページではホンダ車(PCXシリーズ、リード125、ディオ110、ベンリィ110シリーズ)を紹介する。

関連するアーカイブ

最新の記事