ユーザーサポート体制でセレクト

ジャンプスターター機能付きモバイルバッテリー ピックアップ×6ブランド

  • 2020/2/24
ジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーピックアップ×6ブランド

ここ数年、バッテリーなどの始動系アイテムのなかで急激に台頭してきたジャンプスターター機能付きモバイルバッテリー。’19年のPSEマーク表示義務化を境に随分と市場が精選された感がある。ここではしっかりと問い合わせが可能な6ブランドのアイテムをピックアップした。

●文:谷田貝洋暁
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

プロセレクトバッテリー

BC 016 超軽量ジャンプスターター

LiFePO4(リン酸鉄リチウム)電池は、エネルギー密度が低めで安定しており、トラブルが少ないのが特徴。「BC 016」は280gという軽さながら、ピーク電流はバイクの始動に十分な200Aを確保。当然、逆接続/過充電/過電流といった保護回路も備えている。

BC 016 超軽量ジャンプスターター

【BC 016 超軽量ジャンプスターター】 ●バッテリー容量:4000mAh(LiFePO4) ●充電端子:専用充電器 ●USB出力:1ポート/最大2.5A ●サイズ:142×80×28mm ●重さ:280g ●価格:1万8480円 [写真タップで拡大]

BC 017 パワージャンプスターター

600Aのピーク電流を確保し、バイクはもちろん自動車のジャンプスタートを20回行えるパワフルタイプ。シガーソケット出力をはじめとする様々なケーブル&アダプターが付属するため、スマホやタブレットはもちろん、パソコンなどへの給電も可能。

BC 017 パワージャンプスターター

【BC 017 パワージャンプスターター】 ●バッテリー容量:12000mAh(LiFePO4) ●充電端子:専用充電器 ●USB出力:1ポート/最大2.5A ●サイズ:1192×100×40mm ●重さ:750g ●価格:2万8380円 [写真タップで拡大]

カシムラ

KD-151 ジャンプスターター 5400mAh

ジャンプスタート能力は200A~400Aで2.5L以下のガソリン車に対応と、210gの軽量なボディにも関わらずパワフルなジャンプスターター。しかも充電端子はMicroUSB-Bで日常での使い勝手もよさそうだ。専用の50cmロングケーブルをオプションで用意。

KD-151 ジャンプスターター 5400mAh

【KD-151 ジャンプスターター 5400mAh】 ●バッテリー容量:5400mAh ●充電端子:Micro USB-B ●USB出力:1ポート/最大2A ●サイズ:143×80×17mm ●重さ:210g ●参考売価:9240円 [写真タップで拡大]

KD-160 ジャンプスターター 12000mAh

本体充電には専用充電器が必要になるものの、余裕の12000mAhの容量と、300A~600Aという高いジャンプスタート能力を発揮。対応車両は5Lまでのガソリン車/3Lまでのディーゼル車両。

KD-160 ジャンプスターター 12000mAh

【KD-160 ジャンプスターター 12000mAh】 ●バッテリー容量:12000mAh ●充電端子:専用充電器 ●USB出力:2ポート/最大2.1A ●サイズ:189×37×80mm ●重さ:530g ●参考売価:1万7580円 [写真タップで拡大]

日立

ポータブルパワーソース PS-16000RP

安心の日本製、安心のLiFePO4(リン酸鉄リチウム)電池を内蔵。またIP63相当の防水、防塵性能も有しており、とにかく安心できるジャンプスターターを使いたいという人にオススメ。ジャンプスタート電流は300Aで、ピーク電流は600Aを確保する。4Lのガソリン車/3Lのディーゼル車に対応。実勢価格は3万円前後。

ポータブルパワーソース PS-16000RP

【ポータブルパワーソース PS-16000RP】 ●バッテリー容量:16000mAh(LiFePO4) ●充電端子:専用充電器 ●USB出力:2ポート/最大4A ●サイズ:224×94×42mm ●重さ:930g ●価格:オープン [写真タップで拡大]

カイセ

KG-106/C

数々の計測機器を手がけるカイセのジャンプスターターは、4Lのガソリン車/3Lのディーゼル車に対応。ちょっと持ち運ぶには大きなサイズだが、12Vアクセサリーソケットなどの機能もあり、アウトドアシーンでの使い勝手も良さそう。防水性能IP63相当。

KG-106/C

【KG-106/C】 ●バッテリー容量:16000mAh(LiFePO4) ●充電端子:専用充電器 ●USB出力:2ポート/最大3A ●サイズ:134×188×37mm ●重さ:810g ●価格:3万8280円 [写真タップで拡大]

アンカー

Anker Roav ジャンプスターター Pro

モバイルバッテリーブランドとして有名なアンカー。ジャンプスターターもおいても一歩進んでおり、充電入力端子にUSB Type-Cを採用。またUSB出力も最大2.5Aとモバイルバッテリーとしての使い勝手も高い。ジャンプ出力は400A~800A。

Anker Roav ジャンプスターター Pro

【Anker Roav ジャンプスターター Pro】 ●バッテリー容量:8000mAh ●充電端子:USB Type-C ●USB出力:2ポート/最大2.5A ●サイズ:約161×84×33mm ●重さ:約378g ●価格:5999円 [写真タップで拡大]

Anker Roav ジャンプスターター Pro 1000A

USB Type-Cポートに加え、PowerIQ対応のUSB-Aポートを装備。500gを超える重量ではあるが、12800mAhの余裕の容量を持つモバイルバッテリーとしての使い勝手が魅力。6.0Lまでのガソリンエンジン、4.0Lまでのディーゼルエンジンの始動も可能。

Anker Roav ジャンプスターター Pro 1000A

【Anker Roav ジャンプスターター Pro 1000A】 ●バッテリー容量:12800mAh ●充電端子:USB Type-C ●USB出力:2ポート/最大5.4A ●サイズ:約170×88×39mm ●重さ:約575g ●価格:8999円 [写真タップで拡大]

ボルトマジック

ジャンプスターター JS-06

220gの本体は超薄型でデザインもスリム。無骨になりがちなジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーにおいて、日常での使い勝手も良さそうなデザイン。バッテリー容量は6000mAhと高くはないが、もしものためには持ち運ぶ負担が少ない方がいい。

ジャンプスターター JS-06

【ジャンプスターター JS-06】 ●バッテリー容量:6000mAh ●充電端子:Micro USB-B ●USB出力:1ポート/最大2.1A ●サイズ:142×81.5×17mm ●重さ:220g ●価格:1万780円 [写真タップで拡大]

ジャンプスターター JS-08

287gの軽量ボディながら、起動電流 200A、ピーク電流400Aという余裕の出力を確保。充電端子は他のシリーズ同様Micro USB-Bに対応しており、専用充電器がなくてもUSBコネクタさえあれば携帯電話と同じように充電できる。

ジャンプスターター JS-08

【ジャンプスターター JS-08】 ●バッテリー容量:8000mAh ●充電端子:Micro USB-B ●USB出力:1ポート/最大2.1A ●サイズ:131×75×23.7mm ●重さ:287g ●価格:1万2980円 [写真タップで拡大]

ジャンプスターター JS-18

ライダーに人気というこのアイテム、その秘密は余裕の18000mAhの容量はもちろん、本体がIP66相当の防水性を有していること。風雨に晒され、荷物の浸水も少なくないバイク旅では、防水性がある電子製品というだけで安心感が高い。

ジャンプスターター JS-18

【ジャンプスターター JS-18】 ●バッテリー容量:18000mAh ●充電端子:Micro USB-B ●USB出力:2ポート/最大2.4A ●サイズ:200×96×43mm ●重さ:800g ●価格:2万5080円 [写真タップで拡大]

最新の記事