第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

ヘッドライト&シーケンシャルウインカー

最新LEDカスタムアイテム×3選【光りモノで愛車をドレスアップ】

  • 2019/4/16
LEDカスタムアイテム

従来のハロゲンバルブに置き換わり、どんどんと普及が進むLEDの灯火類。貴方の愛車にもそんな最新LED装備をカスタムで実現できる最新アイテム×3選を紹介。カッコよさと視認性・被視認性の両方で愛車の価値を高めてくれる。

ノウハウを重ね新世代LEDはより高性能に

LEDカスタムアイテム

高輝度LEDの大きさはわずか数mm。ハロゲンバルブより省エネながら、抜群の明るさを誇る。

LEDの光りモノ製品が市場に出回るようになってはや数年。今では新車状態で採用しているのも珍しくない。カスタムパーツとしてもヘッドライト用の高輝度LEDはより性能を高め、放熱に対するノウハウも向上。またコントローラーもどんどんコンパクトになっている。初期の製品から世代を重ねて、新しい時代に入ってきている。

デザインの自由度が高まりよりスタイリッシュに

LEDカスタムアイテム

ウインカーとポジションランプを並べて内蔵したミラーなどがLEDで可能な時代に。

LEDが光りモノのデザイン自由度を各段に向上。またコストダウンによって比較的リーズナブルな価格で凝った製品の提供が可能になった。純正ハロゲンバルブと置き換えられるLEDウインカーやテールランプ、さらには流れるウインカーを内蔵したミラーなど、ユニークなものが増えているのが最近の市場動向だ。

保安基準改正で細身のウインカーもOKに

LEDカスタムアイテム

昔は面積規定でNGだった細身のウインカーも、今ではある程度まで保安基準改正でOKになった。

’14年のウインカーに対する道路運送車両法の保安基準改正など、時代は最新の光りモノに追いつくかたちになっている。また、欧州の安全基準であるeマーク取得製品も国際基準調和の流れで国内での使用がOKに。流れるウインカーだけでなく、昔はNGだった細身のウインカーも車検に対応するようになった。

アイテム1:LEDヘッドライト化の定番がさらに進化

独自特許のエル・リボンが進化形になって登場

インカムのB+COMといった電子デバイスの自社開発能力に定評あるサインハウスが作っているLEDヘッドライトキットがLED RIBBON (エル・リボン)シリーズ。その名のとおりフレキシブルに形を整えられるリボン状のヒートシンクで、様々な車両に対応しつつ、効果的に発光熱の冷却を可能とするのを特徴としたLEDバルブシステムだ。

今回この冷却システムをさらに進化させ信頼性と寿命アップを図った新シリーズとなるのがREVOとなる。従来は1本だったヒートパイプに代わり、銅製基盤を2本の銅製ヒートパイプで挟み込み半田溶接するというデュアル冷却システムを新たに採用。また、発光部にはヒートセンサーを搭載しており、高温時には出力を下げて発熱を制御してLEDの寿命低下を抑止するという従来製品で培われた技術も引き継がれている。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

LED RIBBON(エル・リボン)の新シリーズREVOの第一弾は汎用性の高いH4タイプから。バルブ本体のほか、防水コントローラーやコネクター、特徴的なヒートシンクリボン、熱伝導グリスなど、取り付けに必要なものはすべて同梱。

取り付けは極めてシンプルで、原理としては純正のハロゲンバルブを外して交換するだけ。説明書にしたがってバルブ本体をヘッドライトハウジングに組み込み、純正流用の防水カバーを装着したあと冷却リボンを取り付けてコントローラーと接続。そのコントローラーに純正バルブに刺さっていたH4ソケットをつなげばOKだ。コントローラーの収納場所のみ車種によって吟味する必要があるが、極めて小型なのでそんなに苦労はしないだろう。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

ノーマル(左)の純正ハロゲンバルブの発光状態。色味や明るさの違いは歴然。サインハウスは最も見やすい白色光(6500K)で商品化している。

交換後に純正ハロゲンのオレンジぽかった発光色と比べると、LEDの白色光の輝かしさは歴然。ハロゲンバルブより約3倍の明るさということで、HIDと同等の感触だ。照射範囲も広くなり、視認性が向上するのは間違いなし。精悍なイメージとともに夜間走行に際して心強い味方が得られるLEDカスタムアイテムだ。

サインハウス独自のデュアルヒートパイプで進化

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

REVOでは、発光部の基盤を2本のヒートパイプで囲み、効果的に熱をヒートシンクに伝えるデュアルヒートパイプシステムで高輝度と超寿命を両立させている。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

エル・リボンの特徴であるおなじみリボン状のヒートシンクはライトのハウジングに合わせて形状を自在に調整可能。多彩な車種に対応する。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

100円ライターと並べるとご覧の通り。コントローラーのサイズは極めてコンパクトだ。これなら収納場所に困ることも少ないはず。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[SYGN HOUSE]

配線は、LEDバルブ本体〜コントローラー〜H4バルブソケットと一直線なので、迷うことはない。取説どおりに純正バルブと差し替えるだけだ。

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[サインハウス]税込価格 1万7064円

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[サインハウス]

LED RIBBON REVO H4 LEDヘッドライトバルブキット POWER WHITE 6500K[サインハウス]税込価格1万7064円 → Webike価格&獲得ポイントをCHECK!

アイテム2:流れるウインカーとミラーが合体

ネイキッド〜アドベンチャー〜スクーターなどに幅広く似合う

’14年の道路運送車両法の保安基準改正により、 内から外に流れるように点滅するシーケンシャルタイプのウインカーを採用する4輪車を街中でもよく見かけるようになってきた。もちろん保安基準を満たしていれば、カスタムでもOK。ということで、この目立ち度バツグンの近未来的なアイテムをバイクでも楽しめるようにしたのが、キジマの「 テック07 ミラーwithシーケンシャルウインカー」だ。

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

この商品は、LEDで構成された流れるウインカーがミラーに内蔵されていることで、ネイキッドでもさらにモダンなスタイルに仕上げられるところがポイント。しかも、ウインカーに沿うようなかたちで白色LEDのポジションランプもセットされており、ひと味もふた味も違う精悍な雰囲気を味わえる。ミラー本体のボディカラーはカーボンとプレーンのブラックの2タイプから選べるので、ストリートファイター系ネイキッドからスタンダード系、ネオレトロ系、それにアドベンチャーやスクーターなどマッチングの幅も広い。

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

商品にはミラー左右のほか、取り付けに必要なM10/M8の正/逆ボルト×各2個やエレクトロタップ、ラバーキャップ、六角レンチが付属している。

商品は汎用タイプとなっており、取り付けもM8とM10の正/逆ボルトに対応しているため、ハンドルマウントミラータイプのほぼすべての車両に装着可能。Z900RSなど一部の車両で必要となるICリレーも別途用意されている。また、カウルマウントミラー車には、同様の流れるウインカー&ポジションランプを採用したテック06ミラーが用意されているので、そちらを検討してもらいたい。

ミラーとしての機能も十分で、欧州の安全基準であるeマークを取得ずみ。ステーが100mmと長いので、後方視界は良好だ。ミラー本体による視認性向上と、流れるウインカーの目立ち度による被視認性向上の両面、安全性のアップも狙えるカスタムアイテムだ。

ネオクラ系にも相性バッチリ

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

ネオクラ系にLEDのスタイルはバッチリ。基本的にICリレーの交換は不要だが、このZ900RSのほかCB1300SF、CB250R、CB125Rなど一部車種では別途LED対応リレーが必要となる。Z900RSには品番304-052(税込価格3564円)が対応。

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

カウルマウント用にはTECH06ミラーwithシーケンシャルウインカー(2万520円)がある。ウインカーやポジションランプの機能は同じだ。こちらもブラックとカーボンともに同価格。

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

鏡面サイズは169× 82mm。本体部は’07新認定車両ミラー基準適合品で車検もOKだ。

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]税込価格 2万520円 カラー ブラック、カーボンルック

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]

TECH07ミラー withシーケンシャルウインカー[キジマ]税込価格2万520円 → Webike価格&獲得ポイントをCHECK!

純正バルブと交換で流れるウインカーに

純正ウインカーが連鎖点灯方式に変身

純正のウインカーを交換したくはないけどシーケンシャルにしたいと思うライダーもいるはず。そんな人にはPOSHフェイスが簡単にシーケンシャル化できる車種別キットをラインナップ。これまではZRX1200DAEG用やZ1000(’14〜’16)、Z250(’14〜’18)用といったようにカワサキ車をメインとしたラインナップだったが、いよいよこの4月からホンダ車用が仲間入りだ。

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

車種別に設定されたキットには、前後ウインカーに必要な計4つのLEDバルブ基盤とICリレーを同梱。基盤上には世界トップクラスメーカーの広角度ドームレンズブラックボディタイプLEDが24個並べられ、高コントラスト、低反射性、広角度効果で高い視認性を実現している。発光方式は、保安基準で定められた内側から外側へと連鎖点灯(シーケンシャル)するものだ。

シーケンシャルウインカー(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

撮影に使用したのは’08〜現行CB400SF用(2万6676円)。4枚のLEDウインカー基盤とICリレーがセットになっている。車種別ではない汎用タイプはブロード、アキュート、フェザー(各1万3824円、2個組)がある。こちらは別途要リレー。

取り付けは、純正ウインカーのレンズを外してハロゲンバルブの代わりにLED基盤をセット。ソケット交換なので配線加工の必要はない。後はウインカーリレーを純正から製品同梱のものと交換すればOKだ。なお、同梱のICリレーは1分間に約85回周期で点滅するようにプログラミングされている。特にウインカーのシーケンシャル化では単純にLEDバルブにしただけや相性の悪いリレーだと電気回路の関係上、毎分60回以上120回以下と定められた点滅間隔や、すべてのウインカーの点滅周期が同調していなければならないとする保安基準をクリアできなくなるものもあるため、キチンと対応したリレーを同梱してあるのは嬉しいかぎりだ。

ウインカー形状ごとカスタムしたいライダーにはLEDを12個使用した汎用タイプが3種類ラインナップされているので、そちらも注目だ。

純正スタイルが好きな人に

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

左が純正ノーマル、右がシーケンシャルLEDに交換後。ウインカーボディやレンズは純正のものを使用するので、パッと見の雰囲気は変わらない。

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

取り付けは純正ウインカーボディ内にLED基盤をボルトオン&ソケットイン。複雑な加工は必要なしだ。この後にICリレーを同梱のLED対応タイプと交換すればOK。万が一の転倒で破損してもLED基盤2個組のみ(1万2744円)もあるので修復はリーズナブル。

シーケンシャルウインカーキット(カワサキ車用)[ポッシュフェイス]

先行して’18から発売されているカワサキ車用シーケンシャルウインカー。こちらもLED基盤+リレーの車種別セットが用意されている。

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]税込価格 ’06〜’07 CBR1000RR用3万5316円、’03〜’05 CB1300SF用2万6676円、’06〜’13 CB1300SF用3万4992円、’14〜’17 CB1300SF用3万2184円、’08〜現行 CB400SF用2万6676円

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]

シーケンシャルウインカーキット(ホンダ車用)[ポッシュフェイス]税込価格 ’06〜’07 CBR1000RR用3万5316円、’03〜’05 CB1300SF用2万6676円、’06〜’13 CB1300SF用3万4992円、’14〜’17 CB1300SF用3万2184円、’08〜現行 CB400SF用2万6676円 → Webike価格&獲得ポイントをCHECK!

●写真:松井 慎、飛澤 慎、箱崎太輔

※ヤングマシン2019年4月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。