モーターバイクエキスポが1月17~20日に開催

3Dプリンター外装のKX450カスタムが伊バイクショーで公開

2019年1月、イタリア北部ヴェローナで17~20日まで開催されていたモーターバイクエキスポに、カワサキのモトクロッサーであるKX450のカスタム仕様が出品された。

3Dプリンターで外装が複雑な網目状のフォルムに

元フリースタイルモトクロスライダーであるALVARO DAL FARRA氏が手掛けた2019年型KX450改は、3Dプリンターで製作されたパーツをレイヤー構造とし、複雑な網目状のフォルムを生み出している。このモデルは、3D CORE(3Dコア)と名付けられ、車名の展示パネルにはイラスト化された心臓が描かれていた。赤と青の差し色は動脈と静脈を表したもので、網目状の模様は血管をイメージしているのだろう。

この3Dコアは、前後フェンダーやゼッケンプレート、ラジエターシュラウドなどの製作に3Dプリンターを採用し、パーツを重ね合わせて奥行きのあるカラーリングとしている。ブレーキやサスペンションなどの各パーツにも動脈と静脈を表す赤と青のカラーリングを施し、黒基調のワンポイントととした。見所は網目の中にセットされた赤い燃料タンクで、これがこの作品のコア=心臓部となっているのが分かる。

【ALVARO DAL FARRA 3D CORE MOTOR BIKE EXPO 2019出品車】生命の原動力となる心臓をイメージしたデザインが施されたKX450。3Dプリンターを使用して製作された外装パーツが装着されている。

黒のボディに赤と青の差し色が映える。ラジエターホースやハブも着色され、イメージが形作られている。

タンク部分は特に複雑な構造になっている。容量はかなり少なそうだ。

レイヤー構造になっている部分は上段のように製作している様子が動画に収録されている。

3Dプリンターが表現の幅を広げている

3Dプリンターと言えば、2018年6月にフランスのDAB MOTORSが製作したXSR900改の「The ALTER」が記憶に新しい。この車両のために最新の3Dモデリングやレンダリング技術を採り入れ、ほぼ完全にデジタルの技術で各パーツを設計したのが最大の特徴。高品質で耐久性のあるアルミ製のシートレールやトップブリッジ、ハンドルライザー、ヘッドライトホルダーは3Dプリンターによるもので、従来はパイプワークや削り出しなどで製作していたパーツに新たな手法をもたらし、これまでにないデザイン表現を示している。

【DAB MOTORS The ALTER 2018年】フランスのビルダーによるXSR900をベースに製作されたカスタム車両。アルミのシートレールなどを3Dプリンターで製作している。

【YAMAHA 3CT 2018年ミラノショー出品コンセプトモデル】ヤマハが出品した300㏄のLMWコンセプトモデルのシートは3Dプリンターで製作されたもの。これまでにない複雑なフォルムを表現することができるのだ。

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. 岡崎静夏
  2. 2018年○と×
  3. 2019世界の新車総図鑑
  4. 自二車は中型二輪に限る
  5. Moldel A(A型)
  6. ナイケン
バイク王
Z900RS x STRIKER