フランスのDAB MOTORSが製作

最新ヤードビルトのXSR900改は3Dプリンターパーツが見所

2018年6月14日、欧州のヤマハがフランスのDAB MOTORSによるYard Built(ヤードビルト)カスタムを発表。XSR900をベースに最新3Dモデリング&プリンター技術を駆使したパーツを装着した「The ALTER」は、新しいカスタム手法を提案している。

3Dプリンターのシートレールは芸術品のよう

DAB MOTORSは、XSR900の軽量な車体やスポーティなエンジンが彼らの製作する未来的なコンセプトにマッチすると考えベース車に選定し「The ALTER」を製作した。このマシンのために最新の3Dモデリングやレンダリング技術を採り入れ、ほぼ完全にデジタルの世界で各パーツを設計したのが最大の特徴。高品質で耐久性のあるアルミ製のシートレールやトップブリッジ、ハンドルライザー、ヘッドライトホルダーは3Dプリンターによるもので、従来はパイプワークや削り出しなどで製作していたパーツに新たな手法をもたらし、これまでにないデザイン表現を示している。

DAB MOTORSが製作したXSR900ベースの「The ALTER」のシートレール。下の支えの部分がクロスするデザインはこれまで見たことがないもの。テールランプも後端部に仕込まれており、3Dプリンターならではの表現と言えるだろう。

中をくり抜いたトップブリッジや一体のハンドルライザーなどの複雑な造形は見事。ハンドルクランプはサブフレームと同じクロスするデザインとしているのも憎い演出だ。鋳物のような表面が削り出しにはない風合いを醸し出している。POLY-SHAPEはフランスの3Dプリントファクトリーだ。

タンクやヘッドライトは亜麻ファイバーボディ

マフラーは、DAB MOTORSとパートナーとによる共同開発されたものを採用。ハンドルバー、グリップ、ブレーキリザーバータンクなども社外品を使用している。さらにこのマシンは、超軽量な亜麻ファイバーの新しいボディワークを採り入れているのも特徴。 ライトカウル部から透けて見えるLEDラインを使用したヘッドライトはとりわけユニークだ。

亜麻色と言っていいのか、亜麻ファイバーを使用した超軽量ボディ―ワークの「The ALTER」。このボディワークには自然素材によるサステナビリティの要素もメッセージとして込められているようだ。ヘッドライトはDRL(デイランニングライト)と思われる。

ニュース提供:欧州ヤマハ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事