ラスベガス開催のCES(1月8~11日)で展示予定!

【外付けキットも】世界トップシェアのJDIがHUD搭載スマートヘルメットを開発!

  • 2019/1/9

車載用ヘッドアップディスプレイの世界トップシェアの誇るジャパンディスプレイは、2018年8月1日に開発を発表したヘッドアップディスプレイ搭載スマートヘルメット『スパルタ』に続き、ヘルメットに着脱可能な小型のヘッドアップディスプレイ搭載外付けユニット『XHD-02 KAIKEN』の開発を開始したと発表。

メイドインジャパンのスマートヘルメット

バイクで走っているときに、速度や走行距離を確認するには、ハンドルの前に設置されたメーターやインジケーターに視線を移す必要がある。バイクの歴史で見れば、ほぼずっとこの形態で来ているわけだが、本当にこれがベストな方式なのか? そんなことを改めて考えさせてくれるのがスマートヘルメットの存在だ。

【HUD外付けユニット XHD-02 KAIKEN】

スマートヘルメットとは、必要な情報をライダーの視野の中に映し出してくれる“ヘッドアップディスプレイ=HUD(※)”を搭載したヘルメットのこと。HUDは、TVゲームの戦闘機などで見たことがある方もいると思うが、クルマのフロントガラスやヘルメットのシールドなどに映像を投影することによって、走行時でも最小限の視線移動で情報を確認することができ、安全性と利便性が大きく向上するというものだ。

JDIが発表したXHD-02 KAIKENは、既存のヘルメットに着脱可能な構造としたHUD搭載外付けユニット。愛用しているヘルメットにHUDが装着できれば……と考えていたユーザーには朗報だろう。1月8日からラスベガスで開催されているCES(コンシューマーエレクトロニクスショー)で展示されているので、現地取材によってさらに詳しい情報をお届けする予定だ。

https://jditrip.net/product/kaiken/

こちらは2018年8月1日に開発発表されたHUD搭載スマートヘルメット『スパルタ(コンセプト名)』。

https://jditrip.net/product/sparta/

※頭部に装着する場合はHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれますが、WEBヤングマシンでは国内外ともに一般化しているHUDの呼称を使用しています

JDI Future Trip Project

『JDI Future Trip Project』はジャパンディスプレイが2018年4月に発足させた組織で、2020年にはじまる予定の次世代通信システム5Gの商用化をにらみ、さまざまな機器の開発を進めていくというもの。スマートヘルメットのほかに立体表示が可能なディスプレイなどの開発を発表している。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)