マシン・オブ・ザ・イヤー2018
使い勝手をアップし、音質もさらに向上!

デイトナのインカム「DT-01」がアップデート

‘18年4月下旬に発売されたデイトナの新型インターコム“DT-01”が早くもアップデート。操作性と音質がさらにブラッシュアップされたぞ!

ファームウエア更新で旧型ユーザーにも恩恵

インカムに必要とされるほぼすべての機能を盛り込みながら、税込みで2万5920円(1個)という手の届きやすいプライスを実現した、デイトナのDT-01(ディーティーオーワン)。発売から7カ月で早くもアップデートされた。

最大のポイントは、Mボタンが押しやすい形状へ改良されたことだ。また、電源のオンオフ操作がMボタンを使わない方式へ改められ、より確実性がアップしている。なお、このオンオフ操作については、従来型もファームウエアを最新版に上書きすることによって変更されるので、慌てて買い換える必要はない。さらにインカム通話や音楽再生時の音質も改善され、よりクリアな音になっているという。

アップデート前後での外観上の違いは、上面にあるMボタンの突起だ(矢印部)。さらにクリック感を増すなどの改善も施された。

電源のオンオフ操作はVボタンを前方(写真の左方向)に倒しつつ、Aボタンを長押しする方法に。従来型はMボタンの長押しだったが、こちらもファームウエア上書きで同じ操作に変更される。

2個セットでテストしたところ、高速道路ではおよそ1.2km離れても通話が可能だった。さらに、電波が途切れたときと復活した際にその都度音声ガイダンスが入るので、相手を無駄に呼びかける必要は皆無だ。

ブルートゥースのバージョンは4.2で、HSPやHFP、A2DP、AVRCPに対応。4人まで同時に通話できるほか、ミュージックシェア機能や日本語による音声ガイダンス、交換できるカラーパネルなど、内容は非常に充実している。なお、Gセンサーによる操作は想像以上に反応がよく、叩く回数によって機能を使い分けるので、それさえ覚えてしまえば実に有益だと感じた。

高性能なインカムがそろそろ欲しいという方、ぜひチェックを。

Gセンサーを内蔵し、デバイスやヘルメットの帽体を軽く叩くだけで各種操作が可能なのもDT-01の特徴。電源オンオフの際、音声でバッテリー残量を教えてくれる機能も便利だ。

配線類は帽体よりも下に飛び出さない設計なので、ヘルメットを地面に置いても断線などのトラブルを起こしにくい。

フェイスパネルは標準の黒のほかに7色をオプション設定。価格は864円で、メッキ調のブリリアントブラックのみ1080円となる。

マイクはジェットヘル用のアーム式と、フルフェイス用のコード式の2つが同梱される。フル充電時の連続通話時間は約12時間で防水性能はIP67。価格は1個セットが2万5920円、2個セットが5万760円となる。

●撮影:飛澤 慎

デイトナ ➿0120-60-4955

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->