マシン・オブ・ザ・イヤー2018
フレンドリーなドゥカティ入門機

ドゥカティ空冷モンスター797(MONSTER797)の試乗インプレッション

2017年モデルで空冷のモンスターが復活。’93年の初代モンスター900の古き良きデザインを踏襲した伝統のモデルを岡崎静夏選手と丸山浩さんがテストした。 ※ヤングマシン2017年9月号より

優雅にテイストに浸る、これが最高の楽しみ方

第一印象は「さわやかなイケメン」とモンスター797のデザインをお気に入りのシズちゃん。でも、実際に走り出すと「性格は自己チューだった(笑)」と言う。その理由の多くは、ライポジに起因する。モンスターのシンボルであるワイドで遠いバーハンドルは、シズちゃんでは手が届きにくい。また、ゼロ発進からのトルクが強烈でクラッチのつながりに気をつかう。小柄な人だと腕で抑えづらく、ヒザでのホールドが利きにくい造形のため、加速で体がのけぞってしまうのだ。それでも、発進さえしてしまえばOK。空冷Lツインは低回転域から粘り、3000〜4000rpmはパワフルながらレスポンスが穏やか。緊張感はなく、右手を捻るたびにスムーズなトルクとダカダカッとしたパルスが湧き出る。いかにも空冷らしく高効率を求めない、味わい深いフィーリングだ。

ハンドリングも実にナチュラル。倒し込みが軽い上に、最新のスポーツモデルでは珍しいリヤから曲がっていくフィーリングで安心感抜群だ。そして、意のままに操れる中低速トルクによって、イメージどおりのラインを描ける。5000〜6000rpmからトルクやパルス感がフラットになるので、むしろ飛ばさない方が楽しい。2人とも「流している時の気持ちよさ、面白さは国産のライバルより上」と口を揃える。足まわりはややハードで、前後のピッチングで接地感を出す走りはあまり得意ではない。797は芦ノ湖スカイラインのような中速コーナーがメインの峠を優雅に流すのが似合う。一方で、その気になれば速さは相当なもの。軽い車体や高性能ブレーキはライダーの入力に対して忠実に反応するため、ダイレクトな走りも可能だ。そして、意外だったのがタンデム性能。座面がフラットで持ち手もあるため2人乗りが快適だった。

【DUCATI MONSTER797 2017年型 価格:111万9000円】伝統の空冷エンジンがユーロ4対応となり797に搭載。モンスターシリーズでは最も小排気量に位置する797は、価格もリーズナブルな上、モンスターらしさも健在だ。

テスターの岡崎静夏選手。「とにかくデザインにセンスがある。色もさわやかで、イケメン。でも中身はちょっとクセがあります」細部にチープさがなく、クオリティが高い。この辺はやはりドゥカティの独壇場といえる。

テスターの丸山浩さん。近年のモンスターは、スーパーバイク系の水冷ツインで高回転パワーを楽しむ過激なマシンだった。ところが「今回の797は全く違う」と驚く丸ちゃん。「中低速トルクやサウンドいったLツイン本来の魅力を思う存分味わえて、しかもフレンドリー。まさに昔のモンスターだ。

モンスターシリーズで最も身近な存在を担う

’93年登場の初代モンスターによってもたらされたシリーズの原点に立ち戻るイメージをまとうと共に、もっとも親しみやすいドゥカティ・ネイキッドモデルを目指して作られたブランニューモデルがモンスター797だ。エンジンはオリジナルモンスターを彷彿とさせる空冷Lツイン。これには同社のスクランブラーに搭載されるユーロ4に対応した803cc系ユニットを採用し、冷却フィンも新設して往年の雰囲気を醸し出した。また、トレリスフレームもモンスター1200のような分割タイプではなく、ステアリングヘッドからテールピースまで一体型の伝統的な構造とし、これにカヤバ製フロント倒立フォークとザックス製リヤショックユニットで懸架する両持ちスイングアームを備えることとしている。

最高出力は76㎰、最大トルクは7・0㎏‐mを発揮。φ50㎜のシングルスロットルボディで、バタフライ下に2つのインジェクターを装備する方式となり、このあたりからは高回転パワーを追求するのではなく誰にでも扱いやすいキャラクターを目指しているのが見て取れる。トラコンや高度な電子制御デバイスは装備されないが、アシスト&スリッパ—クラッチやボッシュ製ABSといった快適&安心機能は標準装備は忘れない。

手を広げる独特なポジションで、上体がわずかに前傾。ヒザの角度は自然だ。フレームがあるため、足を降ろすと横に開く。また右足がマフラーに当たる。それでも丸ちゃん(下)で指の付け根、シズちゃん(上)で両足のつま先が接地し、足着き性は決して悪くない。

スクランブラーの2バルブ空冷デスモドゥエLツインがベース。4000〜8500rpmの幅広い回転数で最大出力の90%を発生し、親しみやすくもパワフルな特性を目指した。

ヘッドパイプからシートレールまで一体化した昔ながらのトレリスフレームを新開発。プリロード&伸側調整可能な非リンク式のザックス製リヤサスを左側にマウント。

フロントは、非調整式のKYB製φ43mmフォークにブレンボM432モノブロックラジアルキャリパー+φ320mmディスクの組み合わせ。ABSが標準。リヤは、アルミ鋳造製の両持ちスイングアームを採用。

【左】シート下に、スマホなどの充電に便利なUSB電源ソケットを設置。ただし、電源の取り出しには工夫が必要。【右】オプションのDMSを使えば、ブルートゥースでスマホなどと接続可能。音楽を選曲したり、メーター内に着信などの情報を表示することもできる。

Ducati Autumn & Winter キャンペーン実施中

期間は、2018年8月24日~12月31日まで。記事で紹介したモンスター797シリーズでは、デスモプラン(残価設定ローン)を利用し、期間中に成約&登録した場合に頭金をサポート。また、20万円分のアパレルやアクセサリーのプレゼントが受けられる。他にも、モンスター797は対象外だが、デスモプランで金利0%になるメニューもあり。詳しくは最寄りのドゥカティジャパン・ネットワーク店まで。

主要諸元■全長2099 全幅799 全高1085 軸距1435 シート高805(各mm) 車重175kg(装備)■空冷4ストL型2気筒DOHC2バルブ 803㏄ 76㎰/8250rpm 7.0㎏-m/5750rpm■変速機形式6段リターン 燃料タンク容量16.5L■ブレーキF=Wディスク R=ディスク■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17

テスター:丸山浩/岡崎静夏
撮影:真弓悟史

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。

マシン・オブ・ザ・イヤー2018