新カタナのティザー動画・第4弾を公開中!

【スクープ的中】新型カタナはほとんどKATANA3.0(カタナ3.0)のままだった!

新生カタナのティザー動画の最終回となるパート4が9月26日に公開され、注目の全体フォルムが明らかとなった。GSX-S1000をベースとしたそのデザインは、一部小変更を受けながらも、まさしくこれまで紹介してきたKATANA3.0そのもの。ここでは、最新ティザー映像で判明したデザイン&装備内容についてチェックしてみたい。

KATANA3.0から顔周りを中心に一部仕様変更

何はともあれ、まずはティザー映像・第4弾で映し出された車体のキャプチャー画像を見ていただきたい。

【ティザー動画キャプチャー/顔正面】

上下2段式のヘッドライト。チンスポイラー左右の光はポジションランプのもの(正式ティザー映像より)。

【ティザー動画キャプチャー/走り】

海外の右側通行道路の右コーナーを軽快なエンジン音と共に駆け抜ける新生カタナ。フロントビュー→左サイフォビューリヤビューが確認できる(正式ティザー映像より)。

徹底した作り込みは市販化を考慮していた?!

これまで新生カタナについて別の可能性も示したが、本誌予想として本命と見るのは、ずばりカタナ3.0同様のGSX-S1000をベースとしたモデル。と言うより、あのカタナ3.0自体がそもそも新生カタナのプロトタイプではなかったのかという説も、ここに来て再燃している。つまりGSX-Sベースでも市場が受け入れるかどうかマーケット調査の意味合いがあったのではと言うのだ。

そう考えると、実際に走行も可能となっており各部も市販化を前提としていると思える造り込みだったカタナ3.0は、ショーに展示するためのモデルとしてのレベルをたしかに超えていた。そして、肝心の反響はと言うと、「これはいつ発売してくれるんだ」と問い合わせが殺到するほどの大好評。十分にマーケットとして成立するとの判断が下されたはずだ。プロトタイプではなかったにせよ、ミラノショー後に商品化として製作会社にコンタクトを取った可能性も十分にあるのだ。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【ティザー/KATANA3.0比較】

ライト形状は上下2段のスクエア形状になり、ライト下のアゴ部分が刀をモチーフにしたのか鋭利な形状に。チンスポイラーには明確にポジション灯がセットされ、ハンドルはノーマルのパイプハンドルを流用しているのかセパレートタイプなのかは不明だが、映像から3.0よりもアップタイプなのは間違いないだろう。

ノーズの形状がよく分かる横からの写真。フロントまわりはGSX-S1000と共通のようだが、フロントフェンダーはカタナデザインを施した3.0のタイプを使っているようだ。

テールランプもカタナ3.0ベースと思われる。スイングアームマウントのナンバープレートホルダーも3.0から踏襲するが、アーム部の形状は異なっている。ウインカーは細身のLEDとなっているようだ。

ヘルメットにもサイドカバーにも“刀”マークが。車名に「カタナ」が付くのは間違いないようだ。また、グッズ関連の商標も日米欧で出願されていることから、オリジナルヘルメットなどの発売も期待したい。

装備面であと気になるのが、メーター周りやマフラー&ホイール等の処理。Z900RSではベースのZ900とは違う専用パーツが奢られたが果たして……。スズキとしてはGSX-S1000からそのまま流用として、リーズナブルな価格に抑えているのかもしれない。情報筋によるとZ900RSと同等、GSX-S1000F+20万円の140万円前後というプライスも聞こえてくるが果たして?!

「【プロトタイプ】KATANA3.0(カタナ3.0)を振り返る」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事