MrMartini×ダイネーゼのスペシャルプロジェクト

ロッシのトラッカーをカフェレーサーにカスタム

前記事、ロッシのダートラ改つながりの今回は、ロッシ親子のダートラマシンをカフェレーサーにカスタムしたもの。ベース車は、実際にバレンティーノ・ロッシも走行し父のグラツィアーノ・ロッシが開発に大きく関わったZAETA=ゼータの530DT。これを、ダイネーゼとMrMartiniがイタリアのモーターバイクエキスポ2017に出展した。

レンズを覗く悪魔が鎮座

バレンティーノ・ロッシも愛用するイタリアのバイクウエアブランド・ダイネーゼが、プロモーションのために制作したのがこの「SPECIAL DIAVOLETTO DAINESEで、製作はイタリアのMrMartiniが手掛けている。ダイネーゼの悪魔号とでも訳せそうなネーミングの通り、ヘッドライトを覆い隠すように同社のデビルマークが鎮座している。この色といいカウルといいマークといい、日本人的には仮面ライダーのサイクロン号を連想してしまうのではないだろうか。そんな懐かしい雰囲気も含めて魅力的な一台だ。

ダイネーゼジャパンのHPに同社のロゴの由来が紹介されている。『リノ・ダイネーゼは、Dainese社を設立する前に、既にトレードマークとロゴのデザインを始めていました。 現行の「デビルマーク」の元となった悪魔が駆けるもの。レンズを通して世界を見ているものなど。 特にこのレンズを覗く悪魔は「他の人達が想像すら出来ないものを見ている」ことを意味していました』というもの。そしてこのカウル前面は、まるでレンズを覗く悪魔を表現しているかのようなデザインだ。

ベース車はロッシパパのZAETA

前記事で、ロッシが情熱を注ぐダートトラックとXJR1300を融合させたというカスタムを紹介したが、“ダイネーゼの悪魔号”はロッシパパが「モトGPライダーのトレーニングに使用できる軽量のバイクを」と開発に携わったダートトラックマシン・ゼータ530DTがベースだ。TMレーシングの528ccシングルエンジンを搭載した530DTは、イタリアや各国のダートトラックレースでも好成績を収めており、開発初期にはロッシがライディングしたことでも注目が集まった。530DTはわずか115㎏の車重で55馬力を発揮、基本はストリートマシンで「都市の反逆者」というキャッチフレーズがつけられている。

上段【ZAETA 530DT】ゼータはイタリアのメーカー。マシンは日本国内でもよく見られたトラッカー改のストリートモデルだが、アルミ削り出しのフレームやスイングアームが本格的なレースに対応しているこを物語る。下段【MrMartini×DAINESE SPECIAL DIAVOLETTO DAINESE】530DTをベースにカフェレーサーにカスタム。フロントフォークは倒立に変更されている。

バルカン改を手がけたMrMartini

2017年のイタリアのモーターバイクエキスポに出展された“ダイネーゼの悪魔号”は、イタリアのMrMartiniが手掛けた一台。日本では以前、マッハ風デザインのバルカン改が話題となったビルダーだ。カウル&セパハン装着以外にもZARD製マフラーやバックステップの装着でカフェレーサーとしての機能を追求している。シートカウルはカーボン製とし、シート表皮はコラボしたダイネーゼの革ジャンと同じ素材を使用した。

マシンもウエアもビルダーも全てイタリアで固めたコラボレーション。ライダーの走行写真でも分かる通り、ウエアとマシンが完全にコーディネートされている。

ニュース提供:DAINESE、MrMartini、ZAETA

 

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事