話題のカタナ3.0と同じデザイナーが担当

ロッシのためのXJR1300トラッカー改“MYA”

  • 2017/12/22

2017年11月7日、ミラノショーでVR46ブースに出展されたMYAは、XJR1300をベースとしたダートトラッカー改。バレンティーノ・ロッシのためにVR46が企画し、カタナ3.0のデザイナーでもあるロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインしたこのマシンは、かの有名なTZ750トラッカーの現代版と言えるものだ。

ロッシとロバーツ、並列4気筒のトラッカー

1975年、AMAダートトラックでライバルのハーレーに対抗するためにヤマハが製作したTZ750ダートトラッカーは、それまで同レースで2連覇を達成していたケニー・ロバーツのためのマシン。2スト4気筒750ccのロードレーサーをフラットトラックで走らせるという規格外のモンスターだった。そのマシンにインスパイアされたのがXJR1300ダートトラッカーである“MYA”で、9度の世界グランプリタイトルを獲得したバレンティーノ・ロッシのために作られた。

【VR46 MYA 2017年ミラノショー出展モデル】デザイン画にはライバルのハーレーXR750のステップ位置とTZ750のステップ位置も記されており、もちろんMYAはTZのステップ位置と一致。シートやタンク、シュラウドはYZ450などのモトクロッサーをベースとしている。

ロッシの好きなXJR1300とダートラが融合

マシンを製作したVR46は「バレンティーノ・ロッシのために特別なマシンをデザインすることを考えた時、我々はすぐに彼の好きなヤマハXJR1300をイメージしました。 そして他のヤマハ車のコンポーネンツも活用して完全に新しく作り変えました。40年経った今でもヤマハのアイコンであるTZ750のような『勇敢』なバイクです。MYAはデザインスタディではなくユニークなスペシャルバイクです。バレの2つの情熱、ダートトラックとXJR1300を融合させたのです」と、マシンについて説明している。同じヤマハの世界チャンピオンであるケニー・ロバーツのTZ750を投影し、4スト時代の王者が乗るのに相応しい現代のド級直4トラッカーが完成した。

YZF-R1のヘッドライトとインテークダクトがユニーク。
空冷並列4気筒DOHC4バルブ1251cc 最高出力106ps/8000rpm  最大トルク10.2㎏-m/6000rpm キャブレターミクニBS36  変速機5段リターン

ブレーキ:ブレンボ製 マフラー:アクラポヴィッチ製ワンオフ 外装:YZ450ベース  シート:YZ450ベース サスペンション:オーリンズ フレーム:XJR1300ベース スイングアーム:アルミ製 フロントタイヤ:130/80R19  リヤタイヤ:140/90R19

XJR1300のような正統派ネイキッドがベースだが、外装はモトクロッサーと最新スーパースポーツの融合のようなスタイルとなった。かなり斬新なイメージだ。

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ