東京モーターショー出品車紹介

ホンダから3種の「カスタマイズド・コンセプト」

CBR250RR/レブル250/CB1100RSをベースに、ホンダ自身がカスタムを施した3台のコンセプトモデル。楽しみ方の方法として、こういうのもアリだと思いますよ……というメーカーからの提案だが、大掛かりな改変ではないにも関わらず、的確にねらった雰囲気を醸し出しているのはさすがの一言。それぞれの特徴を見てみよう。

CBR250RR・カスタマイズドコンセプト(参考出品車)

カスタムテーマは「高級感」。ポイントは上品なパールホワイトのボディカラーで、ゲイルスピードのホイールやプロトのシングルシートカウルも同色コーディネートしつつ、赤いストライプで大人っぽくスポーティな仕上がりに。アクラポビッチのスリップオンマフラーやマジカルレーシングのカーボンリアフェンダー、アクティブ製のFイニシャルアジャスターやモリワキ製マスターシリンダーキャップでスポーティさも強調。現状では参考出品車だが、反響次第では‘18モデルのボディカラーに採用か?

カスタマイズド・コンセプトのレッドストライプの入り方は、ノーマルCBR250RRのグレーカラーを踏襲。CBRは他にレッドとつや消しブラックの計3色を設定する。

レブル250・カスタマイズドコンセプト(参考出品車)

ボディカラーをストライプ入りの淡いブルーとし、前後フェンダーも同色にコーディネート。加えてリゾマ製のミラーやツートーンのシート、オーリンズのリヤショック、ホンダ純正オプションのモリワキ製マフラー(エンドキャップやカバーの黒仕上げはオリジナル)などを装着し、ウインカーやテールランプも交換。大掛かりではなくても、効果的なパーツ選択+αで愛車の雰囲気はガラリと変えられますよ……と、そんなカスタムの楽しさを提案するモデルだ。





ノーマルのレブル250。タンクカラーがブラックまたはグレーのモデルはリアフェンダーも同色だが、イエロータンク仕様は前後フェンダーがグレーとなる。

CB1100RS・カスタマイズドコンセプト(参考出品車)

空冷エンジンながら若々しいスポーティさも打ち出すCB1100RSをベースに、スタイリッシュで落ち着いたカスタムを提案するコンセプト。燃料タンクをガンメタとしてストライプを排し、シート表皮もブラウンに変更。さらに足回りやエンジンカバー類をブラックアウトし、やはりブラック仕上げのモリワキ製2本出しマフラーを装着、タイヤもクラシカルなトレッドパターンのピレリ・ファントムとして見事にシックな雰囲気を獲得している。金色のFフォークアウターチューブやリヤショックの黄色いスプリング、ガッチリしたアルミ製スイングアームといった、やや派手なRSの足回りに気後れしていた向きにはピッタリ!

ノーマルのCB1100RS。ゴールドとされたFフォークのボトムケースやFキャリパーなどが前後17インチタイヤのスポーツ性をアピール。リヤショックのスプリングもイエローだ。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事