新生スポーツスターSがドラッグレースでポテンシャルの高さを見せつけた!〈ハーレーダビッドソン神戸の挑戦〉

ハーレーダビッドソン スポーツスターS×ドラッグレース

新生スポーツスターが心臓部とする水冷60度Vツインエンジンの可能性は無限大だ! ハーレーダビッドソン神戸がドラッグレース「 V.D.A.(V-Twin Drag race Association)」にエントリーし、いきなりの好タイムを記録! ポテンシャルの高さを証明してみせた。

●文:ウィズハーレー(青木タカオ) ●写真:箱崎大輔 ●外部リンク:ハーレーダビッドソン神戸V-Twin Drag race Association

いきなり叩き出した! 1/8マイルトレール7秒497

水冷60度Vツインエンジンを搭載するスポーツスターSが、豪快にバーンナウトを決めてスタートエリアに入っていく。クリスマスツリーのグリーンライトが発進の合図だ。スタートダッシュができるよう、高回転をキープしたままアクセルを一定に保ちつつ巧みにクラッチミートすると、スポーツスターSは1/8マイル(約201.168m)を7秒台で走りきってしまった。

スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸

[写真タップで拡大]

ライダーはドラッグレース初体験の高橋光伸さん。オフロード車でハードエンデューロなどの競技に出場するエキスパートだが、直線だけで競うドラッグレースはまったくの素人。バーンナウトの仕方もクリスマスツリーのシグナルの意味も、たったいま教わったばかり。フルスロットルでの一瞬の勝負を終えてピットに戻ると、興奮気味にメカニックらにこう伝えた。

「なんて面白いんだ! 慣れていなくて、ついついオーバーレブさせてしまう。3速からの加速がえげつなくて、先行された相手にグイグイ追いついていく!!」

練習走行で8秒台だったタイムは、走行するたびにみるみるうちに短縮していった。

国内唯一、ハーレーダビッドソンとビューエルだけによるドラッグレースの年間シリーズ戦「V.D.A.」にマシンを持ち込んだのは、正規ディーラーであるハーレーダビッドソン神戸だ。エンジン/トランスミッション/ドライブチェーン/スイングアーム/エキゾーストパイプ/ステップなどを、パンアメリカより移植して挑んだ。

「スポーツスターSの、レボリューションマックスのポテンシャルを確かめたい」

目的は、ただそれだけだ。

「次はオートシフターを装備しよう!」

チャレンジはまだ始まったばかりだ。

スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸

[写真タップで拡大]

スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸
スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸

[写真タップで拡大]

スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸
スポーツスターS(ドラッグレース仕様)|ハーレーダビッドソン神戸

3分割フレームにレボリューションマックスエンジンを搭載するパンアメリカ1250のスイングアームやエキゾーストパイプを用いて、スポーツスターSをドラッグマシン化。ノーマルのままで1/8マイル=7秒497の好タイムを叩き出した。今後、ライダーがさらに上達し、マシンのモディファイを進めることで、さらなる高みが見えてきそうだ。 [写真タップで拡大]

本気印のチャンピオンマシンもH-D神戸が持ち込んだ!!

ハーレーダビッドソン|ATOMIC HDcustom | チャンピオンマシン

ATOMIC HDcustom(奈良県生駒市)で製作されたチャンピオンマシンも、H-D神戸が持ち込んだ。スクリーミンイーグル ハリケーンヘッド120エンジンが組まれ、タイトルを3度獲得。ライダーの谷口謙一さんは、スポーツスターSに乗る高橋さんにさまざまなアドバイスをしていた。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ウィズハーレー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース