【ハーレーカスタム】フォルムを際立たせたFXBRSブレイクアウト=ワンランク上の大人仕様〈H-D静岡〉

ハーレーダビッドソン ブレイクアウト|ハーレーダビッドソン静岡カスタム

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。『ウィズハーレー』誌が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回は世界最大のHDカスタムコンテスト「Battle Of The Kings」日本チャンピオンも獲得した、静岡県のハーレーダビッドソン静岡が手がけたFXBRSブレイクアウトだ。

●文/写真:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:ハーレーダビッドソン静岡

CVOブレイクアウトの再来か!?

ロー&ロングな流麗なスタイルに、大径21インチのフロントホイール、そして240mmのワイドタイヤをリヤに備えるブレイクアウト。ノーマルストック状態でもカスタムテイストは色濃いが、細部に手を加えることで、そのプロポーションは一段と輝きを増す。それを証明しているかのようなモディファイがこちらだ。

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

ハーレーダビッドソンFXBRSブレイクアウトカスタム[ハーレーダビッドソン静岡] [写真タップで拡大]

ミルウォーキーエイト114エンジンに、エアフローを15% 向上するスクリーミンイーグル ヘビーブリーザーエアクリーナーを組み込み、ヘッドライトにはドイツの正規ディーラーでありパーツサプライヤーでもあるサンダーバイクのヘッドライトキャップをセット。フロントマスクをより精悍なものにさせている。

ハンドルはストレートライザーに交換することでグリップ位置が引き上げられ、よりワイルドなライディングポジションを獲得。レバーはアルミニウムとブラックのコントラストが印象的なデザインのエッジカットでグレードアップし、フットペグもコントラストの強い仕上がりのディファイアンスコレクションで統一感を持たせた。ダーク系カスタムを際立たせているところにセンスを感じてならない。

そんな中で、フロントブレーキをレーシーなルックスのレッドキャリパーでドレスアップ。漆黒の車体の中でアクセントとして効いている。

ブレイクアウトに限ったことではないが、フォルムを際立たせたカスタムに仕上げた場合、小物入れが何もないのが悩みどころ。そこでチョイスしたのが、ソフテイルのテールエンドにマッチする純正のシングルサイドスイングアームバッグ。ルックスや機能がバランスよく向上した、ワンランク上の大人仕様だ。

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

前方を向いたオイルドコットンフィルターエレメントを採用し、大量のクリーンエアをエンジンに流入させるスクリーミンイーグル ヘビーブリーザーエアクリーナーが、心臓部で存在感をアピールしているのも見逃せない。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

’18年以降のFXBR/Sに適合する独サンダーバイクのヘッドライトキャップで、よりアグレッシブな面構えに。1.25インチ(32mm)径ハンドルバーに、グロスブラックで合わせた純正ストレートライザー&クランプキットを組み込み、高さを66mm上げて2.5mmプルバックさせている。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

エッジカットのレバーは、エッジを効かせた削り出し部分がアクセントとなり、ダークカスタムに最適。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト
ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト
ハーレーダビッドソン静岡|FXBRSブレイクアウト

パワフルな視覚効果を演出する前輪ブレーキのレッドキャリパーも純正。フットペグを上質なアルミ製にしたほか、ダービー/タイマーカバーも交換され、隅々を見るのがワクワクしてならない。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ウィズハーレー”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース