SUZUKI GS650G 1981model

KATANAには直系デザインの650があった!?


●記事提供: ライドハイ編集部

GSX1100S KATANA の衝撃デビューへ導いた、布石としてのムートデザインGS650G

スズキのスポーツバイクで歴史で、レジェンド中のレジェンドは間違いなく1981年のGSX1100S KATANA。

‘70年代にホンダCB750フォアにカワサキZ1と続くなか、ビッグバイクの4ストローク化に遅れをとったスズキが、’76年にGS750、次いで’78年にはGS1000を投入。レースで先達に追いつき勝利するパフォーマンスはみせたものの、販売戦略上で決め手を欠いていた。

そこで狙いを定めたのがヨーロッパ・デザイン。スズキは独自性をアピールするためドイツ・デザインに的を絞った。

ちょうどその頃、BMWで既存のラインを変えるチャレンジを手がけたスタッフが、社外組織で活動をはじめるタイミングで、折り合いをつけたのがハンス.A.ムート率いるデザイナーたち。

そして手がけたスズキへの第1作が、BMWで1機種だけ得意な存在だったR65LSの次のステップとしてイメージしていたタンクからシートへかけてのラインとカラーリングだったのだ。

スズキもミドルクラスでスポーツツーリングの機種を用意していたので、2バルブ4気筒+シャフト駆動のGS650Gの開発に、このデザインを託しKATANAと命名されたのだ。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース