第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

HONDA BROS / TRANSALP / AFRICA TWIN×RIDE HI

‘80年代のホンダ狭角Vツインは、熱いファン向け揃い【このバイクに注目】


●記事提供: ライドハイ編集部

ホンダVツインの狭角52°には、マイノリティでも歴史に残るバイクが多い

Vバンクの挟み角が52°と狭い独得なVツインのBROS(ブロス)。’70年代までメジャーだった4気筒とは明らかに違う、マイノリティ好きにはたまらないこのフォルムに夢中だったファンは少なくなかった。

クルマの排気ガス規制をクリアするCVCCエンジン開発のため2輪開発を控えていたホンダは、1978年からCB750F/900Fを皮切りに大攻勢の展開をはじめた。しかし世界を制覇した並列4気筒から、これを契機にV型レイアウトで刷新していく流れを加速させていた。

そのV型もGPマシンNR500を筆頭にパフォーマンスはV型4気筒だったが、2気筒のV型は様々なバリエーションが派生。

最もポピュラーで’80年代の顔でもあった90°VツインのVT250F、縦置きVツインのGL400/500(輸出名CX500)に続き、アメリカンの45°VツインNV750と瞬く間にラインナップされたが、そこに留まらず狭角52°という敢えてメジャー狙いをしない濃い趣味性を漂わすのが、当時のホンダ流儀だった。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース