ヤマハYZF-R3[新型バイクカタログ]:250プラス72ccが生む余裕

ヤマハYZF-R3[新型バイクカタログ]

YZF-R3 概要

軽二輪クラスとなるYZF-R25のエンジン排気量を、ボアアップにより72cc拡大。サイズは同じだがR25のバイアスに対してR3はラジアルタイヤを履き、ステップ部のヒールガードに肉抜き加工が施されていないが、それ以外はほぼ共通設計である。メインパイプ35mm径の鋼管製ダイヤモンドフレームに、水冷パラレルツインエンジンを搭載。ロングスイングアームは、左右非対称デザインを採用する。’19年6月のマイナーチェンジでは、外観刷新に加えてフロントフォークの倒立化も施された。

’21 YZF-R3

'21 ヤマハ YZF-R3|シアンメタリック6

【’21 YAMAHA YZF-R3】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 320cc 42ps/10750rpm 3.0kg-m/9000rpm ■車重170kg シート高780mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=140/70R17 ■ ●色:シアンメタリック6 マットダークグレーメタリック8 ディープパープリッシュブルーメタリックC ●価格:●68万7500円 ●発売日:’21年1月15日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ YZF-R3|マットダークグレーメタリック8
'21 ヤマハ YZF-R3|ディープパープリッシュブルーメタリックC

’21型では、スポーツアイテムの流行を取り入れたシアンと、高質感なマットダークグレー、継続採用のブルーをラインアップ。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ YZF-R3|ハンドル周り
[写真タップで拡大]

【YZF-M1的雰囲気】肉抜き加工が施されたアルミ鋳造製のハンドルクランプが、MotoGPマシンのYZR-M1を彷彿とさせる。メーターはモノクロ液晶タイプだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

YZF-R3に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車251〜400ccミドルクラス【大人気GB350の登場でクラス全体が活性化するか?】

’21シーズン、日本で話題を集めたニューモデルと言えば、4月に発売開始されたホンダGB350。7月中旬には派生モデルとなるGB350Sも登場した。一方、ヤマハのSR400は’21年で生産終了。ネオクラシック系をきっかけに、400ccクラスに再び注目が集まるか!? 250ccよりも余裕があり、”適度感”に優れるが… 日本独自の排気量帯ということもあり、 […]

ストロボカラー市販へ!ヤマハ「YZF-R1/R7/R3/R125」のWGP参戦60周年カラー【海外発表】

ヤマハは欧州と北米で、2022年モデルのスーパースポーツ、YZF-R1/R1M、YZF-R7、YZF-R3、R125を発表。これに加え、ヤマハがロードレース世界選手権・WGPに参戦して60周年となる今年、モトGPや全日本でお披露目されたスペシャルカラー“60th Anniversary Edition”も登場した! 待ってたよヤマハ! 白ベースに赤いスピードブロックの60周年カラーが登場 2021 […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドル〉SR400/YZF-R3/MT-03

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 SR400ファイナルエディション:万感の想いを込めてフィナーレ & […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

ヤマハ「YZF-R25、YZF-R3」に2021年の新色! シアン系のトレンドカラーでスポーティに

ヤマハは、若年層に人気のスーパースポーツモデル「YZF-R25、YZF-R3」に新色のシアンとマットダークグレーを設定し、2021年モデルとして2021年1月15日に発売する。シアンはスポーツアイテムのトレンドカラーで、ホイールなどにはビビッドなバーミリオンを組み合わせている。 人気のブルーは継続販売、価格は据え置きでABSが標準装備に ヤマハは普通免許で乗れる人気のスーパースポーツモデル「YZF […]

ティールとは……斬新カラーのヤマハ「YZF-R3」が北米で発表! 日本発売もある?

ヤマハが北米で発表した2021年型YZF-R3は、なんと表現していいかわからないような青緑色がインパクト絶大。カラー名は「エレクトリック ティール」とされ、前年のマットシルバーの代替として登場した。ブルーおよびブラックは継続販売されるようだ。 メ、メタリックマキタ……?『エレクトリック ティール』にホイールはバーミリオン! ヤマハは、北米仕様の2021年型YZF-R3を発表。全3色の通常ラインナッ […]

’19 ストリートスポーツ250cc人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「ストリートスポーツ250cc部門」では、’17年から首位に君臨しているホンダCBR250RRが2位を大きく引き離しての3連覇を達成した。 ストリートスポーツ250cc部門〈総評〉人気のフルカウル勢が表彰台。お買い得ネイキッドも上昇! 新人の台頭や下克上で部 […]

’20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|国産車#4/4〉ヤマハ

一時はラインナップを減らしたが、近年すっかり勢いを取り戻した400㏄スポーツ。250よりパワフルで600より扱いやすい、国内ではジャストサイズのクラスと言えるだろう。前ページのホンダ車に引き続き、ヤマハ車の3台、クラス唯一の倒立フォークYZF-R3、リニューアルされたMT-03、長い歴史を持つSR400を紹介する。 YZF-R3:クラス唯一の倒立+M1風エアロ外装 YZF-R25の車体に、42ps […]

’20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|国産車#1/4〉新車展望

いまだNinja旋風は継続中。クラス唯一の倒立ネイキッドも登場 日本の道路事情に最適なパワーとサイズを持つ400ccスポーツ。車検が必要なため、維持費は大型とほぼ変わらないものの、250よりパワフル、600より扱いやすく、1台で何役もこなしたい人にお勧めだ。もちろん普通2輪免許で乗れるのも大きい。 400ccという排気量は、’75年の中型二輪免許導入以降、生み出されたもの。&#8217 […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第1弾×6台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデルとして、ホンダ ADV150、CRF1100Lアフリカツイン/アドベンチャースポーツ、ゴールドウイング、ヤマハYZF-R3/25、トライアンフストリートトリプルRSの6台をまとめて紹介する。 ’20年2月リリース【ホンダ】 ’19東京モーターショーで話題となったアドベンチャースクーターがいよいよ発売。eSPエンジンと […]

カラーリング刷新! 2020年型ヤマハYZF-R3/R25はマットとグロスで質感向上 2月14日発売

ヤマハは、並列2気筒エンジン搭載の「毎日乗れるスーパーバイク」YZF-R3 ABS、YZF-R25/ABSのカラーリングを変更し、2020年モデルとして2月14日より発売する。新色としてマットシルバーをラインアップし、ブルーとブラックも従来と異なる配色で異なる質感を実現した。 ブラックアウトされた倒立フォークとマット色の使い方が新鮮 2019年モデルで倒立式フロントフォークの採用やモトGPマシンY […]

2019新車走評:400ccスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #13]

ニンジャ400とCBR400R、YZF-R3、それにRC390のフルカウルスポーツ対決。Z400とCB400SF、MT-03、それにスクランブラーSixty2、ヴィットピレン&スヴァルトピレン401らネイキッド。昭和の生き証人SR400や、アドベンチャーでは400XやG310GSもいる。普通二輪免許で乗れる最大クラスは個性派が粒ぞろいだ。 ニンジャ400を筆頭に個性的なマシンが集う ニンジャ400 […]

[新色発表]ヤマハ YZF-R6は2020年型が現行ラストモデルに! 海外仕様R3&R125もニューカラー登場

海外でサプライズ発表された2020年型YZF-R1/M(ユーロ5適合)に続き、YZF-R6、YZF-R3、YZF-R125(いずれも輸出仕様)の2020年ニューカラーが出揃った。このうちYZF-R6は逆輸入車として日本国内にも流通しそうな気配だが、2020年以降のユーロ5には適合していない。現行型は2020年モデルがラストイヤーになる? ユーロ5先行対応のYZF-R1、現行モデルを踏襲するYZF- […]

320台&520台限定! YZF-R3/R25のモンスターエナジーヤマハMotoGPエディションが正式発表

北米で先行公開されていたモンスターエナジーヤマハMotoGPエディションが、日本でも2019年10月20日に発売されると発表された。MotoGPマシン・YZR-M1のファクトリー仕様と同イメージを再現した“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、YZF-R3が320台、YZF-R25は520台の限定販売となる。 特別カラーのほかゴールドキャリパーなども採用する […]

250cc 4気筒 vs 2気筒『手の内にある超絶』を もう一度[#05 メカニズム&ディテール]

0-1000mにおけるホンダ新旧CBR250RR対決、ヤマハFZR250R&YZF-R3対決、そしてストリートにおける比較や計測データ解析などを行なってきた4気筒250cc特集、第5回はメカニズムとディテールを紹介しよう。過去と現在では求められるスペックが異なり、そこからはハイパフォーマンス vs 高効率の構図が透けて見える。 4気筒 CBR250RR(MC22):カムギアトレインが生む超高回転域 […]

4気筒250cc vs 2気筒320cc!『手の内にある超絶』を もう一度[#03 小さなスーパーバイク選手権]

前回までのホンダ同士のニーゴー対決では、予想通りというか予想以上の差で4気筒パワーが炸裂した。ならば、禁断の排気量アップで勝負に挑めばどうなる!? かつて4気筒は750ccまで、2気筒は1000ccまでとされていたスーパーバイク世界選手権になぞらえ、ヤマハFZR250RとYZF-R3が対決する! ●まとめ:伊丹孝裕 ●写真:真弓悟史 気筒数か、排気量か? 小さなSBKが開幕!! 時代が違うとはいえ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報