チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ヤマハYZF-R3[新型バイクカタログ]:250プラス72ccが生む余裕

YZF-R3 概要

軽二輪クラスとなるYZF-R25のエンジン排気量を、ボアアップにより72cc拡大。サイズは同じだがR25のバイアスに対してR3はラジアルタイヤを履き、ステップ部のヒールガードに肉抜き加工が施されていないが、それ以外はほぼ共通設計である。メインパイプ35mm径の鋼管製ダイヤモンドフレームに、水冷パラレルツインエンジンを搭載。ロングスイングアームは、左右非対称デザインを採用する。’19年6月のマイナーチェンジでは、外観刷新に加えてフロントフォークの倒立化も施された。

欧州ではユーロ5に適合した’22モデルが発表済み。これに加えてヤマハのWGP参戦60周年を記念したアニバーサリーカラーも設定されている。

’22 YZF-R3 60thアニバーサリー[欧州仕様]

'22 ヤマハ YZF-R3|60th ANNIVERSARY

【’22 YAMAHA YZF-R3 60th ANNIVERSARY|EU MODEL】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 321cc 42ps/10750rpm 3.0kg-m/9000rpm ■169kg シート高780mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=140/70R17 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

’21 YZF-R3

'21 ヤマハ YZF-R3|シアンメタリック6

【’21 YAMAHA YZF-R3】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 320cc 42ps/10750rpm 3.0kg-m/9000rpm ■車重170kg シート高780mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=140/70R17 ●色:シアンメタリック6 マットダークグレーメタリック8 ディープパープリッシュブルーメタリックC ●価格:●68万7500円 ●発売日:’21年1月15日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ YZF-R3|マットダークグレーメタリック8
'21 ヤマハ YZF-R3|ディープパープリッシュブルーメタリックC

’21モデルではスポーツアイテムの流行を取り入れたシアンと、高質感なマットダークグレー、継続採用のブルーをラインアップ。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ YZF-R3|ハンドル周り

【YZF-M1的雰囲気】肉抜き加工が施されたアルミ鋳造製のハンドルクランプが、モトGPマシンのYZR-M1を彷彿とさせる。メーターはモノクロ液晶タイプだ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

YZF-R3に関連する記事

最後の2スト並列4気筒レーサー「OW-48」をオマージュ! ヤマハ限定車「YZF-R3 グランプリ参戦60周年カラー」登場

ヤマハは、400ccクラスのスーパースポーツ「YZF-R3」にロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary」を240台限定で2022年6月15日に発売すると発表した。基本スペックは2021年モデルのYZF-R3を踏襲している。 ケニー・ロバーツのWGP500ccクラス3連覇を支えたYZR500のカラーリングを現代に! 1964 […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:251〜400cc小型二輪総まとめ#1(スポーツツーリング&ネイキッド)

日本国内での人気低下と環境規制強化のダブルパンチで、10年以上も閑散としている400ccクラス。しかしながら’21年は、ホンダGB350/Sの新登場とヤマハSR400の生産終了が大きな話題となった。本記事では251〜400cc小型二輪クラスのうち、スポーツツーリング&ネイキッドモデルを紹介する。 日本独自のクラスだったが近年は海外との共通化も 普通二輪免許(かつては中免)で乗れる最大ク […]

ヤマハYZF-R3[新型バイクカタログ]:250プラス72ccが生む余裕

YZF-R3 概要 軽二輪クラスとなるYZF-R25のエンジン排気量を、ボアアップにより72cc拡大。サイズは同じだがR25のバイアスに対してR3はラジアルタイヤを履き、ステップ部のヒールガードに肉抜き加工が施されていないが、それ以外はほぼ共通設計である。メインパイプ35mm径の鋼管製ダイヤモンドフレームに、水冷パラレルツインエンジンを搭載。ロングスイングアームは、左右非対称デザインを採用する。& […]

ストロボカラー市販へ!ヤマハ「YZF-R1/R7/R3/R125」のWGP参戦60周年カラー【海外発表】

ヤマハは欧州と北米で、2022年モデルのスーパースポーツ、YZF-R1/R1M、YZF-R7、YZF-R3、R125を発表。これに加え、ヤマハがロードレース世界選手権・WGPに参戦して60周年となる今年、モトGPや全日本でお披露目されたスペシャルカラー“60th Anniversary Edition”も登場した! 待ってたよヤマハ! 白ベースに赤いスピードブロックの60周年カラーが登場 2021 […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドル〉SR400/YZF-R3/MT-03

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 SR400ファイナルエディション:万感の想いを込めてフィナーレ & […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

ヤマハ「YZF-R25、YZF-R3」に2021年の新色! シアン系のトレンドカラーでスポーティに

ヤマハは、若年層に人気のスーパースポーツモデル「YZF-R25、YZF-R3」に新色のシアンとマットダークグレーを設定し、2021年モデルとして2021年1月15日に発売する。シアンはスポーツアイテムのトレンドカラーで、ホイールなどにはビビッドなバーミリオンを組み合わせている。 人気のブルーは継続販売、価格は据え置きでABSが標準装備に ヤマハは普通免許で乗れる人気のスーパースポーツモデル「YZF […]

ティールとは……斬新カラーのヤマハ「YZF-R3」が北米で発表! 日本発売もある?

ヤマハが北米で発表した2021年型YZF-R3は、なんと表現していいかわからないような青緑色がインパクト絶大。カラー名は「エレクトリック ティール」とされ、前年のマットシルバーの代替として登場した。ブルーおよびブラックは継続販売されるようだ。 メ、メタリックマキタ……?『エレクトリック ティール』にホイールはバーミリオン! ヤマハは、北米仕様の2021年型YZF-R3を発表。全3色の通常ラインナッ […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース