第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

毎日乗れるスーパーバイク・MotoGPレプリカカラー

320台&520台限定! YZF-R3/R25のモンスターエナジーヤマハMotoGPエディションが正式発表

  • 2019/9/5

北米で先行公開されていたモンスターエナジーヤマハMotoGPエディションが、日本でも2019年10月20日に発売されると発表された。MotoGPマシン・YZR-M1のファクトリー仕様と同イメージを再現した“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、YZF-R3が320台、YZF-R25は520台の限定販売となる。

特別カラーのほかゴールドキャリパーなども採用する

「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発されている「YZF-R3」および「YZF-R25」は、2019年モデルで倒立フロントフォークの採用や空力にこだわったボディワークの実現により、馬力は変わらずとも実質的な速さを高めている。とはいえ、万人向けのキャラクターは失っておらず、スポーティなルックスと扱いやすい特性を両立。価格面でも変わらないリーズナブルさだ。

そんなYZF-R3およびYZF-R25に、2019年のMotoGPシーズンを戦う“モンスターエナジーヤマハMotoGP”のファクトリーマシンが纏うカラーリングをイメージした特別仕様が登場する。“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、1)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング、2)ゴールドカラーの音叉エンブレム、3)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー、4)イエロースプリングの専用リアサスペンションを採用したもの。YZF-R3が320台、YZF-R25は520台の限定販売(日本国内)となる。主要諸元はベースモデルと変わらない。

ちなみに先行発表されていた北米仕様YZF-R3との違いは、ゴールド仕様のキャリパーを採用していること、ウインカーにクリアレンズを採用していることなど。R3とR25の違いは排気量のほか、R3はラジアルマウント、R25はバイアスタイヤとなっている。

YAMAHA YZF-R3/R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

YAMAHA YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

【YAMAHA YZF-R3/R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition】主要諸元■全長2090 全幅730 全高1140 軸距1380 シート高780(各mm) 車重170kg■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 320cc[249cc] 42ps/10750rpm[35ps/12000rpm] 3.0kg-m/9000rpm[2.3kg-m/10000rpm] 変速機6段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=110/70R17[110/70-17] R=140/70R17[140/70-17] ※[ ]内はR25 ●価格:R3=70万4000円/R25=67万1000円(10%税込) ●発売日:2019年10月20日

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)