KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

バイクはどうやって曲がっている? 軽く傾けるコツは? – ライテクをマナボウ ♯18

バイクが自然に曲がろうとする動きを邪魔しちゃいけないといわれるし、なんとなく意味もわかる……気がする。でも、バイクは車体を傾けないと曲がらないわけで、何を意識して傾けるのが良いんだろう? 上手な傾け方ってあるんですか?

●文/まとめ:KUSHITANI LOGS

車体の傾きに合わせて前輪が切れる「セルフステア」をおさらい

ライテクをマナボウ第1回目「♯01 バイクはなぜ難しいのか?」でも解説しているが、バイクは走りながら車体を傾けると、自然にハンドルが切れて曲がる力を増していく「セルフステア」が働いている。この動きを邪魔しないことが、バイクを上手に操って乗るための大切なコツだ。

バイクはUターンや極低速で小回りする時を除けば、ハンドルを切って曲がることは無いのはライダーならご存知の通りで、バイクは「車体を傾けて曲がる」。セルフステアを邪魔しないのはライディングの基本というが、そもそも車体を傾けるのに、なにを基準に傾ければ良いのだろうか?


※本記事は”ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース