KUSHITANI RIDING METHOD|KUSHITANI LOGS

リヤブレーキの機能は減速と停止だけ、 と思っているライダーは損してる⁉︎ – ライテクをマナボウ ♯10

いまどきのバイクのフロントブレーキは超強力! だからリヤブレーキなんて使わなくても、充分に減速したり止まることができる。それに大きな声では言えないけれど、じつはリヤブレーキを上手く使う自信がない……。それでもリヤブレーキは使った方が良いんですか?

●文/まとめ:KUSHITANI LOGS

リヤブレーキを使った方が、絶対におトク!

近年の強力なフロントブレーキは、むしろ効きすぎて困るくらい良く効くので、リヤブレーキの必要性を感じない。また近年のバイクはABSが装着されているため後輪がロックすることはほとんどない(ABSが介入することはある)が、少し前のバイクだとリヤブレーキは後輪がロックしやすいイメージを持つライダーもいるだろう。

実際に昔のバイクの中には、後輪がロックしやすい車種があったのも事実。だから、なんとなくリヤブレーキに苦手意識があり、かつフロントブレーキだけで減速・停止できるので「リヤブレーキは使わない」というライダーは少なくない。でも、本当に必要ないのだろうか?

じつはいまどきのスポーツバイクのリヤブレーキは、減速したり止まるためというより、バイクの「姿勢」をコントロールするために装備されている、と言って良いだろう。とくにスーパースポーツ系のバイクほど、その傾向が強い。

減速や停止する時にフロントブレーキをかけると、バイクの姿勢が前下がり(前のめり)になる。これに不安に感じ、強くブレーキをかけられずエンジンブレーキに頼るライダーもいるはず。しかし、リヤブレーキを使うと、バイクの構造として車体の後部が路面側に沈む作用があるため、フロントフォークが大きく沈んだ前下がり(前のめり)の姿勢にならないというメリットがある。


※本記事は”ミリオーレ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース