ワークマン 1000円以下の防寒アイテム10選 2022-2023秋冬

  • 2022/12/28
  • [CREATOR POST]相京雅行

●文:[クリエイターチャンネル] 相京雅行

今年もバイクで使いやすいワークマン製品を色々紹介してきました。全てコスパに優れているのは間違いないのですが、価格帯は2000円~6000円程度。

もっとコスパの良い製品はないのかと思い、5つのワークマン店舗をはしごして1000円以下の製品を10着見つけてきましたのでご紹介します。

冬は寒いので重ね着すると思いますが、肌着、中間着、アウターの3枚は少なくとも着用するのではないでしょうか?

さすがのワークマンでも1000円以下で買える暖かいアウターはありませんでした。今回は肌着と中間着を紹介します。

なお中には在庫が少なくなってきている激レア商品もあります。5店舗探して1店舗にしか在庫がありませんでした。

そのため筆者近隣店舗の状況のみとなりますが、見つけにくい製品はレア度もご紹介します。

DRY長袖Tシャツ

[写真タップで拡大]

  • 品番:1283
  • サイズ:S・M・L・LL・3L・4L・5L
  • カラー:ブラック・グレー杢・ネイビー・ブルー杢
  • 価格:580円

冬場は汗を吸って発熱する素材が人気ですが、一定の水分量を超えると汗を吸わなくなり、乾きにくくなる製品もあります。

汗でぬれた状態では自転車・登山・バイクなどのアクティビティの際には汗冷えするので万能ではありません。

DRY長袖Tシャツは吸汗速乾性に優れているので、汗を素早く吸い上げて肌表面をサラサラな状態で保つことができます。

重ね着する際に一番下に着用するベースレイヤーとしては最適な一着と言えます。

また冬場は洗濯物が乾きにくくて困りますよね?速乾性のある肌着は室内干しでも翌日にはしっかり乾きます。

お洗濯係の筆者的にもおすすめの一着です。

ブロックフリーストレッキングクルーネック

[写真タップで拡大]

  • 品番:1390
  • サイズ:S・M・L・LL・3L
  • カラー:マスタード・ネイビー・オレンジ・ブラウン・ブラック
  • 価格:980円

[写真タップで拡大]

適度に暖かいブロックフリースを採用し、こもりすぎた熱気は両脇のハニカムメッシュが逃す構造になっています。

一般的なフリースは肌着としては適当ではありませんが、ブロックフリースは汗抜けが良いので使うことができます。

胸部分にはポケットが配されていますが、糸で縫い付けるのではなく熱圧着されているので肌着として使ってもごわつきません。

生地がストレッチするので肌着の上に着用する中間着としても使用可能。袖にはサムホールを備えているので手の甲まで暖かくすることができます。

メリノウールボクサーパンツ

[写真タップで拡大]

  • 品番:11471
  • サイズ:M・L・LL
  • カラー:クロ・コン・グレー
  • 価格:980円

近年注目されている天然のハイテク素材メリノウール。さすがに原価が高いのでワークマンでも1000円以下で買える製品は限られます。

メリノウールの繊維は細かく柔らかいので、ウール特有のチクチク感がなく、見た目もウール製品には見えません。

吸湿発熱性があり、水分は表面でなく内側に吸い込む性質があるので汗冷えしにくいのがポイント。

また調温効果があり熱くなりすぎないので、冬に限らず使うこともできます。

こちらはサイズによっては欠品している店舗もありました。

ワーカー メリノ ハードミドルソックス

[写真タップで拡大]

  • 品番:17147
  • サイズ・24.5~27まで対応
  • カラー:グレー・ダーク・クロ
  • 価格:780円

メリノウールを60%混紡させたワーカー向けの靴下がこちら。

[写真タップで拡大]

つま先、踵、母指球部分を耐摩耗性に優れたナイロン糸で強度アップしており、穴が空きにくいのがポイント。

また冬場にブーツを長時間履いていると蒸れて足が臭くなってしまうことがありますが、メリノウールは消臭性と吸湿性に優れているので蒸れにくく、匂いが発生しません。

出先で食事をする際に座敷に案内されても慌てることがないので、メリノウールの製品中でも靴下はイチオシです。

ウォームボア タイツ

[写真タップで拡大]

  • 品番:11585
  • サイズ:M・L・LL
  • カラー:ブラック
  • 価格:780円

[写真タップで拡大]

厚手の生地と裏ボアでワークマンの製品中で一番暖かいタイツがこちら。

表面はツルツルした素材ですが、タイトなパンツの下に履こうとするときつく感じるかもしれません。

保温性に優れていますが汗抜けは良くないので、バイクツーリングなどの休憩で暖かいものを食べた時は要注意。

走行風で汗冷えしてしまう可能性があります。

レジェンドトレイルタイツ

[写真タップで拡大]

  • 品番:11570
  • サイズ:S・M・L・LL・3L
  • カラー:オールスター・ブルー・アース・ライトニング・ブラック・ホワイトブルー
  • 価格:980円

[写真タップで拡大]

トレーニングなどの運動用途に開発されたタイツがこちら。ハーフパンツと重ねて使用することも想定されており、派手なカラーリングが多いですが、ブラックはシンプルです。

生地は中厚といったところでウォームボアタイツと比べるとパンツのシルエットを選びません。

肌側は裏ピーチ起毛で吸湿発熱性も備えているので保温性に優れています。

ウォームボアと比べると汗抜けは良いと思いますが、速乾性があるわけではないので暖かいところで汗を沢山書いたときには油断大敵です。

中綿V衿ウインドブレーカー

[写真タップで拡大]

  • 品番:PY2007A
  • サイズ:M・L・LL・3L
  • カラー:ブラック・ブルー・ワインレッド
  • 価格:980円

職人が使うことが多いウインドブレーカーやヤッケは、ワークマンの製品中でも特にビックリ価格がつけられています。

[写真タップで拡大]

その中でも中綿V衿ウインドブレーカーは身頃に中綿を備えており、保温性がプラスされているのに980円という価格なのが魅力です。

袖には綿が入っていないので、アームホールが細めのレザージャケットなどにも合わせることができます。

ただこちらの商品は5店舗回ってようやく見つけることができました。重ね着するにも便利ですが、今期見つけるのは難しいかも。

定番商品なので生産数も多いはずですが、隠れた人気商品と言えるでしょう。

ストレッチフリース ノーカラーベスト

[写真タップで拡大]

  • 品番:1298
  • サイズ:M・L・LL
  • カラー:ブルー・キャメル・ブラック・スミグレー・オフホワイト・オリーブ
  • 価格:980円

カラーリングが豊富で襟がないので重ね着しやすいのが特徴のフリースベストです。

毛足が長く保温性に優れていますが、軽くて柔らかいので部屋着としても使いたくなります。

前はボタン留めですが、胸と両脇のポケットはファスナー付きで両脇ポケットはスマートフォンもおさめることができます。

フリースサイドジッププルオーバー

[写真タップで拡大]

  • 品番:1395
  • サイズ:M・L・LL・3L
  • カラー:ブラック・カーキ・オレンジ・ネイビー・迷彩グリーン
  • 価格:980円

ブロックフリーストレッキングクルーネックに比べて生地が厚く、毛足は短いものの生地が厚手なので中間着としてピッタリの一着です。

164cmの僕が着用するとお尻半分ぐらいまでの丈となりますが、サイドのファスナーを開けることで更に動きやすくなります。

[写真タップで拡大]

また少し熱いなと感じたときなどにもファスナーを開けることで通気性をアップします。

シルエットは一般的なプルオーバー、スウェットといった感じですが、お腹の部分にポケットがあるのも特徴で。フリース生地なのでハンドウォーマーとしても使えます。

防風防寒グローブ

[写真タップで拡大]

  • 品番:FCW23
  • サイズ:M・L・LL
  • カラー:ブラック・Sネイビー・グレー
  • 価格:980円

表と裏地の間に防風フィルムをサンドし、裏地にはフリースを採用することで防寒性を高めたグローブです。

ただ中綿が入っていないので、冬のバイクで使いたいならメリノウールのインナーグローブと併用すると良いでしょう。

[写真タップで拡大]

手のひら側には滑り止め、親指と人差し指にはスマホタッチ機能も備えています。

中綿入りのグローブは暖かくていいですが、手のひら側にも綿が入っているので、操作感がイマイチという方には特におすすめです。

組み合わせで使って快適な冬を過ごそう

冬場は重ね着の仕方で快適性がアップします。

汗冷えしにくい肌着を着用し、保温性の高い中間着を重ね着、更にアウターは風を通さない製品を選べば暖かい空気を逃すことがありません。

今回紹介した製品は全て1000円以下で買いやすい製品ですので、重ね着に使って快適な冬を過ごしてください。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース