ストライカーより待望の新型ハヤブサ用アフターパーツ登場!

  • 2021/12/01
  • 【BRAND POST】ストライカー

数々のスポーツマシンの真価を発揮させてきたストライカーから、新型ハヤブサのカスタムパーツが登場。すでに販売中のステップキットなどに加えて、現在開発中というマフラーを装着した車両を撮影。その勇姿をしかとご覧いただこう。〈ブランドポスト〉

●文/写真:ヤングマシン編集部(山下剛) ●BRAND POST提供:ストライカー[カラーズインターナショナル]

走りの質をさらに高める高性能パーツが続々登場

’21年に発売された3代目ハヤブサは、「50万km乗ってほしい」と開発陣が語るほど、その完成度の高さと耐久性を誇るメガスポーツだ。

そんなハヤブサのカスタマイズにうってつけのパーツ群が、カラーズインターナショナルのストライカーブランドから登場した。現在販売中なのは、ステップキット/スライダー/ラジエターコアガード/リアスタンドフックの4種だ。

「スポーツツーリングコンセプト”STC”ステップキット」は、0/0mmポジションを選択できるのが特徴で、5〜15mm幅で計4ポジションを用意。ツーリングからスポーツ走行まで幅広く対応可能で、可動部に内蔵されたベアリングによりペダル操作は軽快。A2017材だからこその剛性が、爽快なステップワークを生み出す。

「ガードスライダー」は3仕様が揃う。標準仕様は本体がジュラコン樹脂、ベース部がアルミ。耐熱オールブラック仕様はベース部がブラックアルマイト加工。さらにスライダー本体をカーボンコンポジットとした仕様もある。

「ラジエターコアガード&オイルクーラーガードセット」は、ステンレスを素材としたハニカム構造で、中央部のメッシュを密にして効果を高めている。

STRIKER HAYABUSA
STRIKER HAYABUSA

【ストライカー スポーツツーリングコンセプト”STC”ステップキット】ステップ位置は、[1]0/0mm/[2]0/10mm/[3]10/5mm/[4]15/15mm(BACK/UP)の4ポジションから選択可能。ベアリング内蔵でペダル操作は軽快だ。ワイドなフットペグや高剛性のペダルなどが快適な走行をもたらす。●価格:6万3800円 ※チェンジ側は試作品。ペダル/プレートのデザインは実際の製品とは異なります。 [写真タップで拡大]

STRIKER HAYABUSA

【ストライカー ガードスライダー】写真のジュラコン樹脂+シルバーアルミの標準仕様(1万4300円)の他に、耐熱オールブラック(2万3100円)と耐熱カーボンコンポジット(3万4100円)がある。 [写真タップで拡大]

STRIKER HAYABUSA

【ストライカー ラジエターコアガード&オイルクーラーガードセット】ステンレスを素材としてスモークガンメタに仕上げたコアガード。中央部のメッシュを細かく、両端を粗めのハニカム構造として、効果と強度を両立。●価格:3万9600円 [写真タップで拡大]

STRIKER HAYABUSA
STRIKER HAYABUSA

【ストライカー リアスタンドフックセット】レーシングスタンドの使用に不可欠なフックは、レッド/ゴールド/ブルー/ガンメタの4色が揃う。素材はA6061で軽さと剛性を兼ね備える。●価格:4180円(左右セット) [写真タップで拡大]

また現在、サーキット用マフラーを開発中だ。これは「アラタレーシングワークス」として製作しているチタン製フルエキゾーストだが、軽量化/パワーアップ/ドレスアップを高次元で実現するパーツだけに、完成に期待がかかる。

STRIKER HAYABUSA

【エンジンの真価を引き出すチタンフルエキゾースト】ブルーグラデーションが美しいチタン製フルエキゾーストは、エンド部をカーボンとして質感をアップ。チタンならではの軽さと、定評あるストライカーサウンド&パワーを追求。サーキット用が先行開発されている。※公道使用禁止 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ホームとにかく明るい!暗い夜道も安心で安全のオートバイ専用LEDヘッドライトはH.I.Dを凌ぐ明るさ!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース