ダンロップ「スポーツマックス ロードスマートⅣ」1年/3000km走行後に再検証【”続く”に偽りなし】

  • 2021/04/20
  • 【BRAND POST】ダンロップ
ダンロップ「スポーツマックス ロードスマートⅣ」1年/3000km走行後に再検証【”続く”に偽りなし】

約1年前の’20年3月1日に発売されたダンロップのツーリングラジアル「スポーツマックス・ロードスマートIV」を、およそ3000km走行した状態で再びテスト。偏摩耗に強いと自信を持つこの商品、果たしてそのパフォーマンスは?

●文:大屋雄一 ●写真:真弓悟史 ●BRAND POST提供: ●ブランドポスト/提供:ダンロップ

[写真タップで拡大]

【テスター:大屋雄一】『ヤングマシン』誌のテスター陣の一人で、看板企画『タッチ&トライ』を四半世紀近く担当する。ロードスマートⅣは、初試乗以来お気に入りの銘柄に。

街メインでも段減りせず。乗り心地の良さも健在だ

’20年3月1日にリリースされたダンロップの「スポーツマックス・ロードスマートIV」。このシリーズの誕生は’07年で、’11年にII、’15年にIIIへ進化しており、群雄割拠のツーリングラジアル市場において確固たる地位を築いた。

先代のIIIは、ライダーのストレスを数値化し、それを軽減するという画期的なアプローチで開発された。それに続く最新のIVは”続く性能”をテーマとし、興奮/走り/気持ち/性能という4つのポイントをライフ後半まで継続すべく、内部構造やラウンド形状、コンパウンドの配合比率まで全て刷新されたのだ。

【DUNLOP SPORTMAX ROADSMART Ⅳ/GT】●価格:オープン
[写真タップで拡大]

さて、我々のような媒体が行うタイヤテストと言えば、基本的に新品からのせいぜい100km程度であり、耐摩耗性などその後の変化については想像をフルに働かせるしかない。だがツーリングタイヤとなると、ユーザーにとってはむしろ数年後、数千km走ったあとの性能の方が気になるもの。そこで今回は約1年、3000km走行したロードスマートⅣをテストしてみた。

[写真タップで拡大]

テスト車両は編集部が所有する’14年型のヤマハMT-09だ。主にガレージ保管されているとはいえ、メインが街乗りなので、接地していないトレッドの外側はツヤが出ている。おまけに試乗日は気温が低く、最高で10度を上回るかどうかという条件。これは注意して走り始めなければ……、と思ったのも束の間、スタート直後からあまりにも印象が良く、拍子抜けしてしまった。

最も印象的なのは、走り始めの低温時におけるグリップ感と、軽快なハンドリングだ。前者は新品時にも感じていたが、これは1年経っても印象は変わっていない。ハンドリングについては、街乗りメインで3000kmも走っていれば少なからずセンター減りをしていそうなものだが、倒し込みにおいてそれらしき不自然さは一切感じられず、深いバンク角に至るまでのナチュラルな手応えは健在だ。絶対的なグリップ力については、試乗車のコンディションが良くなかったのでそこそこまでしか試せなかったが、アスファルトが明らかに冷たく感じられる悪条件でも十分なグリップ力を確認できた。

そして、このツーリングラジアルのジャンルにおいて、ロードスマートⅣは乗り心地が抜きん出ていると感じるのだが、それが1年経っても変わっていないことに感心した。タイヤはゴム製品なので紫外線などによる経年劣化は避けられないのだが、1年程度では全く問題ないといっていいだろう。”続く性能”に偽りなし。テスターとしても自信を持ってお薦めしたい。

[写真タップで拡大]

ウェットや低温時のグリップ力に貢献するシリカを増量。さらにトレッドパターンの見直しと合わせて、雨天走行の安心感は絶大だ。

[写真タップで拡大]

ツーリング先で出くわすことが多いのが写真のような石畳。フロントのアラミドJLBとリヤのIPTによって優れた乗り心地を実現する。

[写真タップで拡大]

ツーリングの後半、疲れた状態でも峠道を軽快に走れるのがロードスマートⅣの美点。ストレスが溜まりにくく、安全にもつながる。

ツーリングタイヤの理想を徹底的に追求した第4世代

【軽快なハンドリングの源だ】先代IIIに対してフロントは幅をわずかに細くして尖り気味に、リヤは大径化によってラウンド形状を穏やかにし、軽快な操縦性を実現。 [写真タップで拡大]

【シリカ充填比率150%アップ】フロント/リヤとも先代III比でシリカの充填率を150%アップ。ウェット時のブレーキ性能が10%向上し、さらにライフも延びている。 [写真タップで拡大]

【タイヤ全体で衝撃を吸収する】リヤに採用されたIPT(インパクト・パーリー・テクノロジー)は、サイドのRを大きくしてたわみを増やし、路面からの大入力を吸収。 [写真タップで拡大]

【摩耗末期までグリップ良好】ロードスマートIIで採用された発熱コンパウンド層を持つPCLに、3分割コンパウンドの3MTを組み合わせたPCLプログレッシブをリヤに採用。 [写真タップで拡大]

【細溝化で偏摩耗を抑制】フロントは先代IIIの耐偏摩耗性の優秀さをさらにブラッシュアップ。排水溝の抜ける側の角度を25→15度として水を抜けやすくし、偏摩耗とウェット性能を両立。 [写真タップで拡大]

サイズ展開ロードスマートIV

  • フロント:120/60ZR17|120/70ZR17|130/70ZR17|110/80R18|120/70ZR18
  • リヤ:160/60ZR17|160/70ZR17|170/60ZR17|180/55ZR17|190/50ZR17|190/55ZR17|190/60ZR17|140/70R18|150/70ZR18|170/60ZR18

サイズ展開:ロードスマートIV GT(=重量車スペック)

  • フロント:120/70ZR17
  • リヤ:180/55ZR17|190/50ZR17|190/55ZR17

パニアケースの付いた大型ツアラー車などで、快適なハンドリング/軽快性/積載安定性を発揮する。

動画でもレポート!!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報