第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

Z900RSやXSR900/700などに適合

ダンロップから「TT100GP」のラジアル版が登場

  • 2018/12/15

古くからハイグリップタイヤとして愛されているダンロップの「TT100GP」に、17インチのラジアルバージョンが登場した。近年のネオクラシック車に適合する、120/70ZR17と180/55ZR17というサイズがメインとなる。

名タイヤ「TT100GP」のトレッドパターンを継承

ダンロップTT100GPと言えば、‘70年代から国産ハイグリップの代名詞として多くのライダーに愛されてきたバイアスタイヤ。現在も内部構造を最新化しつつ、クラシック車に適合する18インチや19インチといったサイズを中心にラインナップされている。

今回発売された「TT100GPラジアル」はそのトレッドパターンを踏襲しながら、カワサキZ900RSやヤマハXSR900/700といったネオクラシック車用のラジアルタイヤとしてリメイクされたもの。最新ラジアルタイヤの性能を維持しながらも、よりクラシカルなルックスを得られる……というタイヤだ。

【ダンロップ TT100GPラジアル】

トレッドパターンはTT100GPのイメージを踏襲しつつも、ダンロップの解析技術を用いてラジアル構造に最適な剛性となるようモディファイされており、デザイン性と性能/耐摩耗性を両立。内部構造もフロントに応答性の高い2カットベルトを、リヤには安定性重視のジョイントレスベルト(JLB)構造を採用し、クセがなく扱いやすい特性を実現。コンパウンドへのシリカ配合や、それと高い結合力を持つポリマーの配合で、ウエットや低温下でも優れたグリップを発揮しつつ耐摩耗性も確保したという。

サイズはフロントが1サイズ(120/70ZR17)、リヤが2サイズ(180/55ZR17と150/70R17)で、価格はオープン。発売は120/180サイズが‘19年の3月、150サイズは同5月となっている。

サイズは全3種。※マークの付くリヤ150サイズはチューブを入れてスポークホイールへの装着も可能。

こちらはバイアス版のTT100GP。見た目はクラシックながらレース用のコンパウンドを採用するなど、ハイグリップタイヤとして非常に高い能力を持つ。こちらにはフロント用として新サイズの100/90-18 56H(トライアンフ・ストリートツインなどの純正サイズ)が追加された。

新ハイグリップやアドベンチャー用も発表

また、今回はダンロップのアメリカ拠点で開発、生産されるハイグリップラジアル「スポーツマックスQ4」と、大型アドベンチャー車用のオン/オフタイヤ「トレイルマックス ミクスツアー」も同時発表された。前者は極端に溝の少ないトレッドパターンからして、クローズドコースでのグリップ力を最大限に追求された製品と思われ、サーキット派には気になる1本となるだろう。

【ダンロップ スポーツマックスQ4(キューフォー)】最大バンク角62度という、ダンロップのスリックタイヤに匹敵する能力を持つQ4。発売は‘19年3月で、価格はオープン。

スポーツマックスQ4のサイズラインナップ。フロント1サイズ、リヤ5サイズの全6種となる。

【ダンロップ トレイルマックス ミクスツアー(TRAILMAX MIXTOUR)】長距離ツーリングを想定し、オンロードの走行性能に加え、ツーリング中のダート路の走破性も追求。価格はオープン。

’19年4月に発売を予定するミクスツアーのサイズはフロント3、リヤ3の全6サイズ。’19年の秋以降、ラインナップは順次拡大予定とのこと。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)