[’82-]ホンダ VT250F:本気で挑んだ”打倒2スト”【青春名車オールスターズ】

ホンダ VF400F

’75年、自動二輪免許は小/中/大の3区分となった。大型免許が教習所で取得できない当時は、多くのライダーはいわゆる中免。彼らにとって最上位クラスにあたる「400」は性能も装備も向上を続けていく。本記事では、当時吹き荒れた2スト旋風に対抗して生み出されたホンダ VT250Fを解説する。※本記事はヤングマシン特別号 青春単車大図鑑からの転載です。


●文:ヤングマシン編集部

4ストロークに懸けるホンダのこだわり【ホンダ VT250F】

爆発的に売れた2ストのRZ250に対抗するため、’82年、ホンダは4ストロークV型2気筒のVT250Fを投入する。

ホンダには4ストへのこだわりがあった。’79年、2スト全盛のWGPに、ホンダは斬新な水冷4ストV型4気筒のNR500を引っ提げて12年ぶりにカムバック。高成績こそ残せなかったが、そこで得た新技術を元に開発されたのがVTだった。

250クラス初の水冷90度Vツインは4バルブを持ち、RZと同じ35‌psを1万1000回転という超高回転域で発生。車体をコンパクトにするため、スチール丸パイプフレームの一部を冷却水の通路にするなどの工夫が施され、125㏄並みのスリムさを実現した。さらにクラス初のフロント16インチやブーメランコムスターホイール、リンク式モノショックまで備えていた。

打倒2ストのリアルスポーツながら、非常にコントロールしやすい性格により、実際の戦闘力はともかく、腕に覚えのないライダーにとって「RZより速く走れる」と評判だった。

発売直後から大ヒットとなるが、後に小柄な車格と扱いやすさが知られると、初心者や女性の人気も集中。改良が進んだ’84年型は、初期型を超えるベストセラーを記録し、’85年には累計生産10万台を突破した。誇張ではなく、街でVTを見かけない日はないほどだった。

ホンダ VF400F

【’82 HONDA VT250F】奥のマシンは全日本で木山賢悟が駆ったNR500。水冷4ストV4をはじめ数々の革新メカを採用していた。ここで培ったノウハウがVTに活かされている。■水冷4ストV型2気筒 DOHC4バルブ 248cc 35ps/11000rpm 2.2kg-m/10000rpm ■149kg ■タイヤサイズF=100/90-16 R=110/80-18 ●価格:39万9000円 [写真タップで拡大]

ホンダ VF400F|

1次振動が出ない90度Vツインを採用。リッター140psのハイパワーと広大なトルクバンド、45度超の車体バンク角を実現した。 [写真タップで拡大]

ホンダ VF400F|

真綿フィーリングを求めて、CBX400F譲りのインボードベンチレーテッドディスクブレーキを採用。前輪はクラス初の16インチ。 [写真タップで拡大]

ホンダ VF400F|

12500rpmからレッドゾーンのタコメーターは電気式。技術説明会では「20km/hからの引っ張りも強い」と万能性をアピール。 [写真タップで拡大]

ホンダ VF400F|

インテグラル・リヤコンビネーションライト、ミニカウル風メーターバイザー、ジュラルミン鍛造ハンドルが所有欲をくすぐった。 [写真タップで拡大]

ホンダ VT250Fの系譜

’82 ホンダ VT250F[FC]

ホンダ VF400F

【’82 HONDA VT250F[FC]】赤フレームの初期型[FC]はビキニカウルを装着。小柄な車格で女性ライダーも急増。 [写真タップで拡大]

’83 ホンダ VT250F INTEGRA[FC]

ホンダ VF400F

【’83 HONDA VT250F INTEGRA[FC]】フルカウルを装備したFCインテグラ。メーターもカウル側にマウントされていた。 [写真タップで拡大]

’84 ホンダ VT250F[FE]

ホンダ VF400F

【’84 HONDA VT250F[FE]】ハーフカウルを備え、フレームパイプが角型になった2型[FE]最高出力は5psアップ。 [写真タップで拡大]

’84 ホンダ VTZ250F[FE]

ホンダ VF400F

【’84 HONDA VTZ250F[FE]】FEには丸目ノンカウル仕様も用意され、VT250Zの名が付いた。標準の2万円安。 [写真タップで拡大]

’85 ホンダ VT250F INTEGRA[FE]

ホンダ VF400F

【’85 HONDA VT250F INTEGRA[FE]】FEインテグラはフルカウルに加え、通常のダブルディスクブレーキを装備した。 [写真タップで拡大]

’86 ホンダ VT250F[FG]

ホンダ VF400F

【’86 HONDA VT250F[FG]】丸みを帯びたフォルムに一新、フレームも変更した3型[FG]。翌年、通常ブレーキの4型[FH]へ。 [写真タップで拡大]

’87 ホンダ VT250F[FH]

ホンダ VF400F

【’87 HONDA VT250F[FH]】最終型FHのノンカウル仕様。前輪17インチで通常のシングルディスクを装備した。 [写真タップで拡大]

400ccはV4を搭載!【ホンダ VF400F/INTEGRA】

空冷4気筒全盛の時代に、あえてNR500で培ったV型技術をフィードバックした水冷90度V4を搭載。クラス最高の53psを誇り、レースでも速かった。ただしVT似のスタイルと独特の排気音、その後のレプリカブームが影響して、販売はいま一歩だった。

’82 ホンダ VF400F

ホンダ VF400F

【’82 HONDA VF400F】VF750Fと同時デビュー。トルクフルなV4エンジンとスリムな車体、前輪16インチ、プロリンクで高い戦闘力を誇った。 [写真タップで拡大]

’84 ホンダ VF400F INTEGRA

ホンダ VF400F INTEGRA

【’84 HONDA VF400F INTEGRA】フレームマウントのフルカウルを装着して快適性をアップ。左右に小物入れも装備していた。ブレーキは一般的なタイプに変更。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース