ホンダの公式イベント内でのサプライズだ!

ホンダ“CB-Fコンセプト”無念の開発中止宣言! …なのに「次世代にご期待あれ」ってどういうこと!?

 11/26、東京・青山のホンダ本社にて、CB1000スーパーフォアの登場から30周年を記念した「プロジェクトBIG-1・30周年記念デザイナーズトークショー」が開催された。当日はBIG-1に関わったデザイナー2名によるトークショーが行われたのだが、その中で非常にショッキングな発言があり…。


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●写真(CB-Fコンセプト):真弓悟史

デザイナー自ら「(CB-Fコンセプトは)出ませんよ!」

本当に、実に残念なニュースだ。2020年の春に公開され、ホンダファンを歓喜させたネオクラシックジャンルの提案モデル「CB-Fコンセプト」。その市販化が断念されていたことがホンダの公式イベントの場で明かされたのだ。

この「CB-Fコンセプト市販化断念」が飛び出したのは、今年で30周年を迎えたプロジェクトBIG-1こと、CB1000/1300シリーズのトークショー。これは初代CB1000SF(SC30)と2代目CB1300シリーズ(SC54)を手掛けた岸敏秋さんと、初代CB1300シリーズ(SC40)を手掛けた伴哲夫さんという2名のデザイナーが、ホンダ本社1階のウエルカムプラザ青山で開発秘話を披露するという主旨だった。

そのトークショー終盤、司会を務めていたモータージャーナリストの丸山浩さんが「ファンとしては“30年間ありがとうございました”ではなく“これからもよろしく”という言葉が聞きたい。それには“これがCBだよ!”って皆が感じるような車両を見せて欲しい」と振られた伴さんが、無念さをにじませつつ次のように語ったのだ。

「2020年に提案したCB-Fコンセプトは、BIG-1同様に我々がボトムアップ提案した、今の40代が考えるカッコよさを追求した車両。あれを手掛けた世代にCBの将来を託し、CB-Fが世に出ることを確認して、僕は会社を去りたいと思っていたのですが…。(CB-Fコンセプトは)出ませんよ!」

発売を熱望していたヤングマシンとしても、この言葉はとてつもなく残念。発表から2年も音沙汰なしだから薄々そうだろうとは思っていたが、登場すればカワサキやスズキとバチバチにやり合って、二輪業界の活性化に大きく貢献してくれただろうと考えると、やっぱり無念というしかない。う〜ん、今からでも何とか再考いただけませんか? ホンダさん。

BIG-1|30周年|デザイナー|トークショー

ホンダ本社の1階にあるショールーム・ウエルカムプラザ青山で開催された「プロジェクトBIG-1・30周年記念デザイナーズトークショー」。当日は多くのCBファンの来場で賑わったほか、発表されたばかりのCL250/500など2023モデルも展示されていた。 [写真タップで拡大]

BIG-1|30周年|デザイナー|トークショー

1992年のCB1000スーパーフォアと、1300の2代目となる2003年のCB1300スーパーフォアを手掛けた岸敏秋さん(左)と、1000にも関わりつつ、1998年の初代CB1300スーパーフォアをデザインした伴哲夫さん(右)。他にも歴代、さまざまなホンダ車を手掛けてきた大ベテランだ。 [写真タップで拡大]

BIG-1|30周年|デザイナー|トークショー

トークショーは終盤、今後のCB像についての話題に。モニターに掲示されたCB-Fコンセプトについて話を振られた伴さんから、本文の「出ませんよ!」が飛び出した。 [写真タップで拡大]

しかし、ホンダのフラッグシップCBは不滅です!

ただし、開発が中止されたのはあくまでもCB-Fコンセプト。それに代わる“次世代ビッグCB”はホンダ内で胎動を続けている。現状のCB1000Rに代わる“大排気量4気筒CB”の開発が進んでいるとの情報があるのだ(これはモデル概要の情報が得られ次第、続報をお送りしたい)。

加えてこちらは既報ながら、400〜500ccクラスの4気筒車が計画されているとの情報もあるし、さらにCB1300の記念モデルは「ファイナルエディション」ではなく「30周年記念車」。BIG-1もまだ先があるぜ…と、暗に認めているように思うのだ。つまりホンダCBはこれからも、まだまだ色々と話題を提供してくれるに違いない。

ちなみに前述のトークショーで「CBってどんなバイクか?」と問われたデザイナーのお二人は「スポーツバイクの標準器(岸さん)」「直4であること、カッコいいこと(伴さん)」と明快にCB像を語っている。筆者は同じことを初代、2代目BIG−1の開発責任者・原 国隆さんにお尋ねしたことがあるが、その際には「ホンダのど真ん中」と、これも非常に明快な返答を頂いている。近い将来、そんな次世代フラッグシップCBが登場することを願って、最後は岸さんのトークショーでの発言で締めたいと思う。

「CBはこれからも続いていくと思う。それがBIG-1というコンセプトかは分からないが、例えばEVの時代になっても、ホンダのスタンダードなスポーツバイクとして、CBという考え方は永遠に続いていくと思う。それは次世代の若いデザイナーに期待したいし、皆様も想いをホンダに伝えて欲しい。BIG-1の次のジェネレーションにどうぞご期待ください」

…ってやっぱり、次世代のCBはあるんですね、ホンダさん!

1992|CB1000スーパーフォア|SC30

CB1000スーパーフォア[1992]無骨な力強さを持つCBR1000F用の998cc水冷4気筒を、巨大なタンクや前後18インチホイールの堂々たる車体に搭載。当初は同時期に開発されていたCB400SFのイメージモチーフで、市販の予定はなかったが、1991年の東京モーターショーで大注目を浴びて市販化へ。 [写真タップで拡大]

1998|CB1300スーパーフォア|SC40

CB1300スーパーフォア[1998]ユーザーの満足度を高め、間口を広げるべくモデルチェンジ。998cc→1284ccへと排気量を大幅拡大し、前後17インチ化やシート高の低下、重量増を補いつつ運動性を高めるダブルプロリンク式リヤサスなどを投入。1000を超える好調なセールスを記録した。 [写真タップで拡大]

2003|CB1300スーパーフォア|SC54

CB1300スーパーフォア[2003]2代目の1300はより奥深い走行性能を求め約20kgの軽量化を敢行。エンジンはFI化&新作となり、特性も二次曲線的に盛り上がるスポーティなものに。2005年にカウル付きのスーパーボルドール追加、2014年には6速化など、大小様々な改良を加え続け現在に至る。 [写真タップで拡大]

2022|CB1300スーパーボルドールSP|30周年記念車|SC54

CB1300スーパーボルドールSP 30thアニバーサリー[2022]BIG-1の30周年を記念する受注期間限定車。ブレンボキャリパーや前後オーリンズサスのSPをベースに、専用となる赤メタリックのフレームや車体グラフィックなどで鮮やかにドレスアップ。ネイキッドのスーパーフォアにも設定される。 [写真タップで拡大]

【おさらい】2020年発表の「CB-Fコンセプト」とは?

2020年の東京/大阪モーターサイクルショーで発表すべくホンダが開発した、CB1000Rベースのコンセプトモデル(ショーはコロナ禍で中止となり、WEB上で発表されたため、一般に向けて生披露されることはなかった)。‘80年代のホンダを代表する名機として名高い「CB750F/900F」をモチーフとする、いわゆるネオクラシックモデルだ。

ベースはCB1000Rで、バックボーンフレームや片持ちスイングアーム&モノショックなどの車体を踏襲しつつ、エッジの立ったロングタンクやWホーンといったモチーフ車の特徴を再現。2017年にカワサキからZ1をオマージュしたZ900RSが登場し、翌2018年にはスズキからカタナが復活していた時期だけに「Z、カタナと来て次はF!」と、業界が大いに盛り上がったのは記憶に新しい。

このCB-Fコンセプト、国内はともかく、開発コストを賄えるだけの世界的な需要が見込めない…といった中止理由があったと漏れ聞くが、コロナ禍で注目が集まるという逆転現象が起き、Z900RSやGB350、ハンターカブといった旧車イメージの車両が売れまくりという現状の二輪業界を鑑みると、CB-Fも発売されていればもしや…との想いもなくもない。

2020|CB-Fコンセプト

2020年に発表されたホンダのコンセプト車「CB-Fコンセプト」。1980年代の元祖CB-F系で一番人気の通称“スペンサーカラー”に塗られているのもファン心理をくすぐる。 [写真タップで拡大]

2020|CB-Fコンセプト
2020|CB-Fコンセプト

全体的なフォルムは元祖CB-F系を見事に再現しつつ、モノサスなどに合わせて細部をモダン化。F好きならニヤリとしそうなWホーンや、やはりFの純正マフラーを彷彿させるメガホン型メッキマフラーなど、ディテールにもこだわる。 [写真タップで拡大]

1979|CB750F

1979年に発売されたCB750F。新開発の空冷4気筒はDOHC4バルブヘッドを採用、流れるようなヨーロピアンデザインや、ジュラルミンパーツを多用した高級感溢れる作りなどで、またたく間に国内750ccクラスにおけるベストセラー車に。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース