第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

忘れ去られたタイムカプセル・第2弾!

41年前のヤマハのバイクを“箱入り新車”のままゲット! 待っていたのは…キー紛失と鬼キック?!

今から41年前、窓際のトットちゃんが大ブームになり、ガリガリ君や雪見だいふくが誕生したのが1981年だ。その年に製造された新車のバイクがデッドストックとして眠っていたら……。米国で発見されたヤマハの伝説的名車が眠りから覚め、初走行する様子が公開された!


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:Bikes and Beards



くんかくんか……木の箱はジャパンの匂いがするぜぇ~!

アッハハー! エンジンの上に蛇が巣を作ってたみたいだぞ!

いや、ネズミっぽいぞ……?

41年も箱入りになっていた新車のヤマハSR500を買ってきたのは、人気YouTubeチャンネル『Bikes and Beards』。単なる箱入りじゃない、完全未開封だ。

日本で輸入バイク(または逆輸入バイク)を扱うショップに行ったことのある方はご存じかもしれないが、車両メーカーは海外に新車を出荷する際には箱詰めにするものだ。メーカーによってはホイールやハンドル、カウル類を全て外し、なるべくコンパクトに梱包したりする。

最終的には販売店が開梱して車両を組み立て、走れる状態に整備してユーザーに引き渡されるわけだが、彼らが見つけてきたSR500は当時のままの箱に入っていて、開封した形跡なし。つまり、日本から米国へと海を渡ってきたものの販売には至らず、そのままの状態で眠っていたわけだ。

まず外側の段ボールを剥がすと、現れたのは木枠。以前の記事で紹介したホンダFT500 Ascotが鉄枠の箱に入っていたのに対し、ヤマハは木の箱だった。

思わず匂いを嗅いでしまうのは『Bikes and Beards』でなくともライダーのサガというものだろう。

ほう、41年前の木材か……。 [写真タップで拡大]

とりあえず嗅ぐ! [写真タップで拡大]



世界でもっとも保存状態のいいヤマハSR500……のはずだったけど

惜しい、実に惜しいッ!

箱を開ける前から下のほうに空いている穴を気にしていた『Bikes and Beards』の面々だったが、木枠に続いて湿気対策の紙や発泡スチロールのトレーを丁寧に取り外していったところ、エンジンのシリンダー背面に蛇の巣? いやネズミの巣か……を見つけてしまった彼らであった。

うむ、まあ多少の腐食は我慢である。ネズ公は3日間オシッコ我慢の刑に処す。もういないけど。というかワイヤーとか齧ってないといいよね……。

なんか穴が空いてんだよね~ [写真タップで拡大]

やりやがったな……! [写真タップで拡大]

そんなこんなで梱包が解かれたSR500、走れる状態にすべく丁寧に組み立てていくことに。

SR500は1978年から1999年まで生産されたが、米国にSR500が輸入されたのは1981年までの3年間のみ。多くのカフェレーサーカスタムが生まれ……といった解説が続くなか、車両はゆっくりと本来の姿を取り戻していく。1978、1979年は前後ディスクブレーキで、この1980、1981年モデルはリヤにドラムブレーキを採用している(米国では)らしい。

鮮やかな黄色のオーナーズマニュアル! まさしくケニー・ロバーツさんの時代です。 [写真タップで拡大]

走行00000km……! 速度計は時速55マイルから赤くなっている。 [写真タップで拡大]

トラブル発生、キーがないじゃん! → キックの鬼、出現す

箱のどこを探してもキーがないという悲劇。20分にわたって探した彼らは、往年のヤマハを知るベテランメカニックに電話して助けを求めるが、あるはずのところにない。

透明のバッテリー筐体など珍しいメカに感心しながらも、やっぱりない。

ついに見つけた場所は……動画の10分32秒のところで確かめてもらいたい。

さて、ようやく組み上がってからが勝負だ。ヤマハSR名物、油ぶ……じゃなくてキック始動である。前回のホンダFT500はセルフスターターだったからなぁ。

無事(?)に走り出したSR500はチョークの戻し忘れなどご愛敬もありつつ、美しい姿を取り戻した。なんつーか、癒し動画だなこれ。

キックカウンターはいくつまで回るのか。 [写真タップで拡大]

おーい、チョーク戻せー! [写真タップで拡大]

動画には「思い出が蘇る!」「キーを探すところ笑った」「あなたたちレストアチャンネル化しつつある?」などの2000件を超えるコメントが寄せられている。

シースルーのバッテリーって珍しかねー。 [写真タップで拡大]

タンクの中は本当に綺麗! [写真タップで拡大]

さーて、明日は家まで乗って帰るかー。 [写真タップで拡大]

動画はこちら↓↓


※画像はYouTubeチャンネル『Bikes and Beards』より。 ※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース