第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

サクッと読めてためになる

Q58:事故を起こしてしまった… まず何をする?【30秒でわかる! バイクの疑問】

Q58:事故を起こしてしまった… まず何をする?【30秒でわかる! バイクの疑問】

ライダー予備軍や免許取り立てなら、知らないことばかりなのは当たり前。だけどキャリアの長いライダーだって「知っているようで解らない」があったりする。理解しなくてもバイクは乗れるけれど、知っていればトクするコトや、バイクライフが深まるヒントもたくさん。コッソリ知って、貴方も今日からベテランだ。58問目はできるだけ冷静に対処したい、事故時のギモン。


●文:ヤングマシン編集部



A58:状況に応じて、冷静に行動を!

もしケガ人がいる場合は、救助が最優先だ。自分に大きなケガがなく動ける場合、二次被害を減らす努力を。後続車にひかれるとか、渋滞の原因となるなどの可能性を排除しよう。

次に、些細な事故でも警察に連絡を。事故の届け出がないと任意保険が使えないし、後から思わぬトラブルになることもある。

相手がいる場合は連絡先などをきちんと聞き、保険会社にも事故を起こしてしまった旨を連絡する。愛車が壊れて動かせないなら任意保険やJAFなどのロードサービスに出動要請を!

ケガ人が出たり自分が被害者となるなど、事故の内容によっては、目撃者の確保やスマホなどで事故(損害)を記録しておいたほうがよい場合も。

バイクが動かない場合はロードサービスを

バイクが動かせない場合はロードサービスを。加入している任意保険でロードサービスを用意している場合も多いはず。どうしても焦ってしまい冷静に対処できない場合は、プロである保険会社の電話窓口で「次に何をすればよいか」聞いてみるのもひとつの手。 [写真タップで拡大]


※各設問の回答は編集部独自の見解であり、諸説あります。
※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース