第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

’23年はヤマハYZF-R1生誕25周年。初代カラーリング復刻に期待!〈YM未来予想〉

ヤマハYZF-R1〈YM未来予想〉

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

YZF‐Rシリーズはヤマハを代表する一大ラインナップだ。国内では250cc2気筒のYZF‐R25に始まり、320ccのR3、旗艦として998cc4気筒のR1を展開する。さらに’22年2月、688cc2気筒のYZF‐R7が新たに追加され、R3とR1の空白を埋めることになった。

シリーズ最高峰のYZF‐R1については、’23モデルで動きがありそう。モトGPなどを管轄するFIMの公認車両リストに、R1レーサーが「New Mоdel 2023」という一文とともに登録されていたのだ。これは公道モデルのモデルチェンジも大いに期待できる!

詳細は不明だが、ライバルが採用しつつあるウイングレットに期待。さらに、’26年以降に排ガス規制のユーロ6が導入される見込みだが、その前に性能を絞り出した渾身のモデルチェンジを期待したい。’23年は初代R1登場から25周年となるだけに、タイミングとしても最適だ。

ヤマハYZF-R1[イメージCG]

【予想モデル:’23 YAMAHA YZF-R1】’22年6月、FIMの公認車両のリストに’23年モデルとして「YZF1000W」が追加された。これはYZF-R1の内部コードで、“W”は競技用車両を指す。つまり’23モデルに新型R1レーサーが投入されることを意味している。となれば公道モデルも存在すると考えたい。R1は’15年型で完全新設計され、以降はこれをベースにモデルチェンジ。’19で電脳を中心に磨き、ユーロ5に適合した。●予想登場時期:’22年秋 ●想定価格帯:240万~330万円台 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1M

【ベースモデル:’22 YZF-R1/M】モトGPマシンの技術が息づく最上級スーパースポーツ。加速が途切れない200psを実現する。変更から4年目の’23モデルでメスが入っても不思議ではない。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1

【どうなるクロスプレーン?!】R1独自の武器が直4クロスプレーン。不等間隔爆発でトラクションに優れるが、馬力を上げるにはロスも大きい。全面刷新もある? [写真タップで拡大]

ヤマハYZR-M1

【業界の噂:YZR-M1“V4化”説】モトGPマシンのYZR-M1も直4クロスプレーンを採用。ライバルに劣る最高速を伸ばすため、ホンダやドゥカティと同じくV4をテストしているとのウワサが。実現すれば市販車のR1も?! [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース