縦置きVの鼓動感を存分に味わえ!【モトグッツィ V7スペシャル】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、モトグッツィのV7スペシャルを取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:モトグッツィ

モトグッツィ V7スペシャル 試乗ショートインプレッション

’21モデルで850cc、65psエンジンとなったV7シリーズ。乗ってみると相変わらずの味わい深いキャラに思わずニンマリ。縦置きクランクシャフトのVツインは豊かなトルク特性で、低速で感じるトルクリアクションも独特。車体のキャラクターも見た目どおりクラシカルテイストが強く、よくしなる高張力鋼管ダブルクレードルフレームは、若干腰を引いて後ろ乗りしてやるとしなやかにコーナーを駆け抜ける。縦置きVツインの特異性をこれでもかと味わえる。

MOTOGUZZI V7 Special

【MOTOGUZZI V7 Special】■全長2165 全幅NA 全高1100 軸距1450 シート高780(各mm) 車重223kg(装備) ■空冷4ストOHV V型2気筒853.4cc 65ps/6800rpm 7.4kg-m/5000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量21L ブレーキF=ディスクφ320mm R=ディスクφ260mm タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70-17 ●色:青 灰 ●価格:132万円 [写真タップで拡大]

MOTOGUZZI V7 Special

【ライディングポジション】780mmと低めシート高のおかげで車幅はそれなりにあるのだが両足の踵までベッタリの足着き性。ポジションはやや後ろに座った方が、見た目にも操舵的にもしっくりくる。 [写真タップで拡大]

MOTOGUZZI V7 Special

左右に飛び出たヘッドが特徴的なエンジン。縦置きのクランクレイアウトのおかげで重さの割に左右の寝かし込みが軽快。 [写真タップで拡大]

MOTOGUZZI V7 Special

左右2眼メーターを採用。ABSはもちろんだが、2段階の感度調整が可能なトラクションコントロールも搭載している。 [写真タップで拡大]

MOTOGUZZI V7 Special

タンク容量は21L。見た目はクラシカルだが燃料供給はもちろんインジェクションでユーロ5に対応。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

モトグッチ V7 Specialの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

モトグッチ V7 Special

モトグッチ V7 Special

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 11価格種別 中古車 0

本体

131.6万円

価格帯 127.6~132万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

14.87万円

価格帯 13~16.75万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

146.47万円

価格帯 140.6~148.75万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース