4バルブ化でさらにスポーティに変貌! GPX デーモンGR200R 試乗ショートインプレッション

元気のいいデザインとリーズナブルな価格で着実にファンを増やしているタイのメーカー、GPXの試乗会に編集部員が参加してきた。空冷ツインのレジェンド250、横型エンジンのPOPz110、そして単気筒スポーツGR200Rらのアナログな乗り味を丸一日楽しみ尽くした。本記事ではGR200Rを取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部 ●写真:GPX ●外部リンク:GPX

‘22 デーモンGR200R 概要

GPX デーモンGR200R

【GPX DEMON GR200R】■全長2020 全幅747 全高1145 軸距1350 シート高815(各mm) 車重155kg(装備) ■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ198cc 19.4ps/9000rpm 1.78kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量11L ■タイヤサイズF=100/80R17 R=140/70R17 ●色:赤×白 黄 黒 ●価格:49万9400円 ●発売中 [写真タップで拡大]

GPX デーモンGR200R|ライディングポジション

【ライディングポジション】ハンドル位置は低すぎず、スポーティながら厳しいライポジではない。シート高815mmで、車体が軽いため足着きに不安はない。[身長170cm/体重70kg] [写真タップで拡大]

GPX デーモンGR200R 試乗ショートインプレ

GPXきってのスポーツバイクがデーモンGR200R。従来型は水冷2バルブの単気筒だったが、’22は4バルブ化してパフォーマンスを向上した。新旧を乗り比べるとその恩恵は思いのほか大きく、スロットルレスポンスもトルクの出方もかなりスポーティに変貌していた。

数値としては1.8psのパワーアップだが、使える回転域が高回転側に広がっている上、低回転域からピックアップがいい。コーナーの立ち上がり加速もいいため、同じ車重ながら4バルブのほうが軽く動かせる印象だ。特に今回の試乗会のようなサーキットでは新型の伸びやかなエンジンがマッチしていた。もっとも、パワーもほどほどなので、公道で持て余すようなこともなさそうだ。

ブレーキや足まわりにも不満ナシ。これで50万円を切るのだから素晴らしい。初心者からベテランまで、多くのライダーにすすめられる。

GPX デーモンGR200R|ヘッドライト

ヘッドライトはエアインテークよりも下の左右に配置し、鋭い眼光のポジションライトを装備。フルLEDだ。 [写真タップで拡大]

GPX デーモンGR200R|メーター

デジタル表示のカラーメーター。速度/回転/距離/各種警告灯/燃料残量計/水温計/時計を備える。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

GPX GR200Rの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

GPX GR200R

GPX GR200R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 17価格種別 中古車 1

本体

49.39万円

価格帯 47.08~49.94万円

本体価格

本体

42.18万円

価格帯 42.18万円

諸費用

6.86万円

価格帯 6.96~6.96万円

諸費用

諸費用

5.29万円

価格帯 5.29万円

乗り出し価格

56.26万円

価格帯 54.04~56.9万円

乗り出し価格

乗り出し価格

47.47万円

価格帯 47.47万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース