デュークベースのスクランブラー【ハスクバーナ スヴァルトピレン250】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、ハスクバーナのスヴァルトピレン250を取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ハスクバーナ

ハスクバーナ スヴァルトピレン250 試乗ショートインプレ

KTMの250デュークベースの車体に、アップライトなポジションのバーハンドルを組み合わせたスタイルがどことなくスクランブラー風なスヴァルトピレン。事実、車体を共用する兄貴分の401は、ワイヤースポークホイールにブロックパターンが強めのピレリ スコーピオンラリーSTRを履くことでオフロードテイストを強調。一方の250は、ロードスポーツキャラでキャストホイールにタイヤはMRF REVZをチョイス。キビキビとした軽やかなハンドリングがその持ち味だ。

HUSQVARNA SVARTPILEN250

【HUSQVARNA SVARTPILEN250】主要諸元■全長NA 全幅NA 全高NA 軸距1357±15.5 シート高835(各mm) 車重153kg(燃料除く) ■水冷4ストDOHC単気筒 248.8cc 31ps/9000rpm 2.4kg-m/7250rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量9.5L ブレーキF=ディスクφ320mm R=ディスクφ230mm タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:黒 ●価格:66万7000円 [写真タップで拡大]

HUSQVARNA SVARTPILEN250

【ライディングポジション】シート高は835mmと一般的で車体もスリムだが、シートがやや幅広で両足を着こうとすると踵が4~5cm浮く。上半身は起き気味にポジション設定され長時間走行でも疲れにくい。 [写真タップで拡大]

HUSQVARNA SVARTPILEN250

エンジン&車体はデュークと一緒。ただしデューク比でサスのストロークは前後120mmと少なめ。 [写真タップで拡大]

HUSQVARNA SVARTPILEN250

丸型メーターは多機能で表示項目が多いものの、スタイリング優先でちょっとばかし見ずらい。 [写真タップで拡大]

HUSQVARNA SVARTPILEN250

燃料タンクは9.5L(ハイオク)で、上部はキャリア風のデザインが取り入れられている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ハスクバーナ SVARTPILEN 250の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ハスクバーナ SVARTPILEN 250

ハスクバーナ SVARTPILEN 250

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 16価格種別 中古車 3

本体

66.33万円

価格帯 64.9~66.7万円

本体価格

本体

59.63万円

価格帯 52.8~66.7万円

諸費用

8.6万円

価格帯 1~13.08万円

諸費用

諸費用

3.48万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

74.93万円

価格帯 65.9~79.78万円

乗り出し価格

乗り出し価格

63.11万円

価格帯 59.2~66.7万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ハスクバーナ SVARTPILEN 250 の新着車両 の新着車両 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

WEBヤングマシン|新車バイクニュース