細部までこだわった正調クラシカル【ベネリ インペリアーレ400】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、ベネリのインペリアーレ400を取り上げる。

●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ベネリ

ベネリ インペリアーレ400 試乗ショートインプレ

大径フロント19/リヤ18インチのスポークホイールに空冷単気筒エンジンを搭載したインペリアーレ400。その“正調クラシカル”とも言うべき車体にバーチカルレイアウトで搭載するのは72.7×90.0mmというロングストーク設定の374ccの空冷SOHC2バルブエンジン。アイドリングから程よい鼓動感が演出されており、低回転での加速では、バーチカルレイアウト由来の突き上げるような鼓動感も楽しめる。

一方の車体は、クラシカルな見た目に反して非常にニュートラル。おかげで“後ろ乗りしないと曲がりにくい”…なんてこともなく、非常に扱いやすくなっている。変に軽すぎず、また重すぎないところも◎で、エントリーモデルとしてもオススメ。

Benelli IMPERIALE400

【Benelli IMPERIALE400】■全長2170 全幅820 全高1120 軸距1440 シート高780(各mm) 車重205kg(装備) ■空冷4ストSOHC単気筒374cc 21.1ps/5500rpm 2.9kg-m/5500rpm 変速機5段リターン 燃料タンク容量12L ブレーキF=ディスクφ300mm R=ディスクφ240mm タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-18 ●色:銀 黒 ●価格:59万9500円 [写真タップで拡大]

Benelli IMPERIALE400

【ライディングポジション】シート高は780mmと低めで踵は僅かに浮くくらいの足着き性。車体は大きく見えるが、またがってみると意外にコンパクトで扱いやすい。上半身は垂直になる楽ちんポジション。 [写真タップで拡大]

Benelli IMPERIALE400

シリンダーが垂直にそそり立つバーチカルレイアウト。最高出力は5500rpmと低めで、レッドゾーンは6000rpmから。 [写真タップで拡大]

Benelli IMPERIALE400

レトロな2連メーターはエンジン回転計も速度計も指針式。デジタルパネルにはギヤポジション/燃料計/時計/オド&トリップと必要にして十分。 [写真タップで拡大]

Benelli IMPERIALE400

燃料タンクはオーソドックスなティアドロップ形状でラバーパッド付き。圧縮比は8.5と低めだが燃料はハイオク指定となっている。 [写真タップで拡大]

Benelli IMPERIALE400

鞍型のライダーシートはクラシックテイスト溢れるスプリング仕様。もちろんフレームはリジッドではなくツインショックを備えている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ベネリ IMPERIALE400の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ベネリ IMPERIALE400

ベネリ IMPERIALE400

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 5価格種別 中古車 0

本体

66.88万円

価格帯 66.88万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

15.89万円

価格帯 14.06~17.05万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

82.77万円

価格帯 80.94~83.93万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース