軽くてパワフルなEVファットバイク登場!【マーベリック S1-1000】試乗インプレッション

マーベリックテクノロジー社は、日本人のために日本人技術者が電動バイクの開発を行うEVベンチャー。現在ビーチクルーザー風のファットバイクのS1シリーズを電動アシスト/原付一種/原付二種の3モデル揃えている。本記事では、電動バイクに詳しいタレント・近藤スパ太郎氏が原付二種モデル「S1-1000」に試乗し、インプレッションを行う。

●文:ヤングマシン編集部(近藤スパ太郎) ●写真:輪 ●外部リンク:マーベリックテクノロジー

近藤スパ太郎

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]:環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能・制作プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。[URL]近藤スパ太郎SPANCHOOSTwitter [写真タップで拡大]

「カスタムは後でも良い」開発者の拘りを感じる走り

世界的に人気の電動ファットバイクだが、そのほとんどは日本人にはシートが高すぎる。そこで有志のエンジニア達が設計開発を行い商品化したのが、ペダルが付いたモペットの「S1」シリーズだ。各部に拘りのパーツが付いているが、カスタムのベース車両としても工夫がされている。今回試乗した原付二種の「S1-1000」の特徴は、60Vのモーターを採用してパワフルな走行ができること、標準装備のバッテリーに1個プラスして、計2個のバッテリー搭載が可能で、航続距離も倍の約100kmが可能なことだ。

マーベリックテクノロジー S1-1000

【マーベリックテクノロジー S1-1000】●全長×全幅×全高(mm):1730×700×980(ハンドル高) シート高:800-820mm ホイールベース:1140mm 車体重量:約32kg(1バッテリー時) ■原動機:60V 5:1ギヤハブモーター 定格出力:1.0kW 最大出力:未計測 最高速度:55km/h 航続距離:50km* 最大登坂角度:15°(65kg重量時) 駆動用バッテリー:脱着式リチウムイオンバッテリー バッテリー電圧/容量/充電時間/重量:60V/15Ah(900Wh)/8h(満充電)**/4.7kg ■ブレーキ:F/R=油圧式ディスクブレーキ(CBS装備) タイヤサイズ:20×4インチ(タイヤ外径サイズ24インチ) ホイールサイズ:20インチ 車両区分:原付二種 運転免許:AT小型限定~ 乗車定員:2名 ●車体色:ブラック ミリタリーグリーン サンドベージュ ホワイト ●価格:28万6000円 *バッテリー(オプション)追加時は約100km **別売「バッテリー充電器3-4.2A」使用の場合は3~5時間 [写真タップで拡大]

跨ってみると、とてもスリムで車重も軽い(約32kg)。走行モード[1]はモーターパワーがない7段ギヤの自転車、[2]は電動アシスト自転車、[3]~[5]はスロットルで走る電動バイクで、最高速をそれぞれ30km/h/40km/h/55km/hの3パターンから左手元のボタン操作で選べる仕様だ。この車両は「原付二種」のバイクであるため、たとえ自転車モードであってもヘルメット装着が必須で、歩道は走れないのでご注意を。

マーベリックテクノロジー S1-1000

【ライディングポジション】着跨ってペダルに足を乗せる感覚は自転車そのもの。でも、しっかりとした作りはバイク。乗車姿勢はちょうど良い。スリムな車体に直線的なデザインのシートは、高さを日本人サイズに合わせた800mmで、身長155cmの方でも安心して乗れる設計になっているという。ただスリムで肉薄のため長く乗るとお尻が痛くなった。車重は約32kgとメチャクチャ軽くて取り回しも良く、押し歩きをしても軽々としていて乗っても押しても楽しい! [身長173cm/体重77kg] [写真タップで拡大]

走り出すと走行性能の高さにオドロいた。電動バイクモードでの走り出しは他の車両と一緒に走れるパワーがあり、ペダルを漕げばさらにモーターがアシストして加速パワーが増す。例えば、上り坂や幹線道路での信号待ちからのスタートでこのアシスト機能が大活躍する。さらに登坂性能も高く、激坂もスロットル操作だけでグイグイ登る。スペック表には「登坂角15度」とあるが、実際にはもっとあるのでは? ちなみに、撮影のために何度も坂道を登ると、モーターやコントローラーが熱を持ってセーブモードになる機種が多いけど、「S1-1000」は熱くならなかった。そのワケは、自社開発のモーターが60Vという高い電圧であることと、高速で回転するモーターを5:1のギヤで回転速度を下げ、逆にトルクは上がって駆動輪に伝えていることだ。つまり、モーターの限界値にはまだまだ達していないのだ。

サスペンションやディスクブレーキは自転車用のパーツだけど、車両とのマッチングが良く、下りのブレーキでも安定した制動ができた。さらに自分の好みに調整できる点も良いし、柔らかいファットタイヤがさらに路面からの振動を低減させてくれた。

ボク的に唯一の難点は、デザイン性を重視したシートが薄くてお尻が痛いことだ。まぁ、シートもオプションで厚いタイプを選べるし、シートもカスタマイズ前提というから許容範囲かな。取扱店は全国に現在45店舗あって現在も拡大中。マーベリックの自社サイトでも購入が可能だ。

マーベリックテクノロジー S1-1000

【激坂スイスイ! 最大登坂角は15度!】自転車は押さなきゃムリ…という激坂でも、速度が落ちることなく走れるのは、60V5:1ギヤハブモーターの恩恵だ。 [写真タップで拡大]

バッテリーは着脱可能&搭載状態でも充電可能な2WAY式

取り外しできるバッテリーは60V15Ah(900Wh)で、航続距離は約50km(30km/h走行時)。オプションで最大2個まで車載することができ、走行距離も約2倍になる。充電はバッテリーに直接充電ケーブルを差し込んで行う。

マーベリックテクノロジー S1-1000

純正充電器では約8時間。3~5時間で満充電になるオプション充電器も用意する。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

バッテリー側面の前方に充電ケーブルの差込口がある。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

バッテリーのインジケーターに充電状態を表示。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

バッテリー本体の重さは約4.7kg。一般的な電動アシスト自転車のバッテリーと同じくらいの重量だ。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

充電器とケーブルは、オプションのフレームバッグに入れて持ち運ぶことも可能だ。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

【5:1ギヤの高速モーター&ペダルはシマノ7段ギヤ】走行モードは自転車、電動アシスト(共に7段ギヤ)と、最高速が異なる3つの電動バイクモードがあり、ペダルを漕ぐとアシストパワーも加わる。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

走行モードは左手元の+/-ボタンで切り替えが可能。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

【前後にディスクブレーキ】前後に自転車用ディスクブレーキを採用し、リヤブレーキを掛けることでフロントも作動する油圧式コンビブレーキシステムを搭載する。フロントのみクイックレバー式でタイヤが簡単に脱着でき、乗用車などに車載して持ち運べる配慮もされている。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

外径24インチのファットタイヤは、デザイン的な意味でもマーヴェリックの特徴と言える。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

【スリム形状のシート】写真はノーマルシートだが、厚みのあるスリムなカスタムシートも用意する。またトランポ車載時などで便利な折り畳み式のペダルを採用している。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

カインドショック製のリヤサスペンションはプリロードとダンパーの調整が可能だ。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

メーターは電動バイク専用を採用し走行モードや現在の消費電力なども表示する。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000
マーベリックテクノロジー S1-1000

個性的なLED灯火類を採用。電装系は12Vに統一されている上に簡単にカプラで外せるので保守メンテやカスタマイズがしやすい。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

車体電源起動やセキュリティのオン/オフはリモートキーで行う。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

コンパクトで多機能な車載工具も標準装備する。 [写真タップで拡大]

マーベリックテクノロジー S1-1000

ハンドルロック機能は装備していないが、セキュリティをオンにした状態で車体を動かすと、大音量の警告音が発生する。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

[連載] 近藤スパ太郎の電動バイクに乗っタロウ!に関連する記事

シティライド最適設計! BMWの電動バイク CE04試乗インプレッション

「Cエボリューション」以来、BMWとしては2機種目の電動バイク「CE04」。コンセプトは「都市の移動」で、デザインも洗練された斬新なスタイルだ。最高速120km/h、最高航続距離も130kmを確保し、充電時間の性能も向上した車両に注目した! BMW CE04 試乗インプレッション デザインも走行性能も良く、シティライドが楽しい! ’14年に欧州で発売され、軽二輪クラスの先駆けとなったの […]

軽くてパワフルなEVファットバイク登場!【マーベリック S1-1000】試乗インプレッション

マーベリックテクノロジー社は、日本人のために日本人技術者が電動バイクの開発を行うEVベンチャー。現在ビーチクルーザー風のファットバイクのS1シリーズを電動アシスト/原付一種/原付二種の3モデル揃えている。本記事では、電動バイクに詳しいタレント・近藤スパ太郎氏が原付二種モデル「S1-1000」に試乗し、インプレッションを行う。 「カスタムは後でも良い」開発者の拘りを感じる走り 世界的に人気の電動ファ […]

EVも’22モデルが続々登場! 最新電動バイク一挙紹介〈BMW/ヤマハ/アイディアetc.〉

年を経るごとにさらなる賑わいを見せるEV業界。’22年の3月25~27日に開催された東京モーターサイクルショーでは、少なくとも14のブースに電動バイクが展示され、その車種は50以上。台数となるともう数え切れないほどだったという。本記事ではその中から近藤スパ太郎氏が特に強い印象を受けた最新車両の数々を紹介する。 BMW CE04 ’17年に発表された「Cエヴォリューション」以来、5年ぶり […]

EVバイクレース”モトE”参戦! エネルジカから最新スポーツ電動バイク登場

’19年シーズンから始まった電動バイクレース、モトE選手権。エネルジカはこのレースにスーパースポーツEV・エゴを供給するイタリアの電動バイクメーカーだ。本記事では近藤スパ太郎氏が、’22年3月25~27日に開催された東京モーターサイクルショーで、エネルジカが展示していた最新車両をリポートする。 エネルジカ エゴ+ 〈軽二輪〉 エネルジカはモトGPの電動バイククラス「モトE」 […]

洗練デザインのドイツ製電動バイク! エルモトHR-4試乗インプレッション【ヨーロッパ製パーツを多用】

ドイツの電動モビリティカンパニー、ゴーべックスAG社の電動バイクブランド・エルモトの「HR-4」は、ドイツ製造にこだわるヨーロッパスタイルの電動バイク。いよいよ日本での販売が本格的に始動する…という情報を聞きつけ、乗ってきました。 マイルドで優しい乗り味。初心者でも乗りやすそうだ 「おぉ! ドイツ製か…」。’12年にドイツのシュツットガルトで創業したエルモトだが、’19年に […]

ホンダ ジャイロキャノピーe:試乗インプレッション【堅実な走りの業務用電動3輪スクーター】

働く原付3輪スクーターの代名詞=ジャイロキャノピーに電動車「ジャイロキャノピーe:」がラインナップされた。すでに日本ではビジネス用の電動3輪スクーターが走っており、同車は後発となる。でも、やっぱりホンダは何もかもが堅実な作りだった…。 エンジン車から乗り換えても違和感なく乗れるのがいいね ビジネスシーンで人気が高い、3輪スクーターのジャイロシリーズ。EV化の波を受け、’21年3月にホン […]

フロント2輪+ダブルウィッシュボーンサスが楽しい電動ビークル「スイングスポーツ」に乗ってみた

神奈川県川崎市にある日本エレクトライク社は、2輪車と4輪車の長所を併せ持つ電動3輪車の製品開発を行なっている。フロント2輪リヤ1輪の3輪車、車体を左右にリーンすることが可能な電動ビークル「スイングスポーツ」に、電動バイク追っかけタレント・近藤スパ太郎氏が試乗した。 フロントタイヤの動きが見えてとても楽しい! レーシングカーにも採用されるダブルウィッシュボーン式サスペンションを前輪に備え、リーン(ス […]

驚異の加速! 電動ツアラー・ゼロモーターサイクルズ「SR/S」試乗インプレッション

シリコンバレーにある電動バイクメーカー・ゼロモーターサイクルズは、どのバイクもスポーツ走行性能や航続距離がズバ抜けて高い。高性能なネイキッドスポーツ・SR/Fをフルカウルのツーリング仕様とした「SR/S(エスアールエス)」に乗ってみた。 加速パワーがハンパない! スポーツツアラーバイク 「すげぇなコレ!」 トルクフルな加速は電動バイクの醍醐味でもあるが、「SR/S」の加速力はハンパない。停止状態か […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース