EVバイクレース”モトE”参戦! エネルジカから最新スポーツ電動バイク登場

’19年シーズンから始まった電動バイクレース、モトE選手権。エネルジカはこのレースにスーパースポーツEV・エゴを供給するイタリアの電動バイクメーカーだ。本記事では近藤スパ太郎氏が、’22年3月25~27日に開催された東京モーターサイクルショーで、エネルジカが展示していた最新車両をリポートする。

●文:ヤングマシン編集部(近藤スパ太郎) ●写真:輪

近藤スパ太郎

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]:環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能・制作プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。[URL]近藤スパ太郎SPANCHOOSTwitter [写真タップで拡大]

エネルジカ エゴ+ 〈軽二輪〉

エネルジカはモトGPの電動バイククラス「モトE」に「EGO」を供給するイタリアの電動バイクメーカー。エゴの最高速度は240km/h、0-100km/hの加速は2.8秒など、スペックが非常に高いスーパースポーツタイプのマシンだ。急速充電では20分で約85%まで充電できる能力を持つ。

エネルジカ エゴ+

モトEマシンに採用されたハイパフォーマンスモデル「エゴ」。東京MCショーのエネルジカブースには、日本人初となるモトEレーサーの大久保光選手も来場していた。 [写真タップで拡大]

エネルジカ エゴ+

最高出力126kW/最大トルク215Nmを発揮するモーター。 [写真タップで拡大]

エネルジカ エゴ+

チャデモ規格の急速充電とJ1772規格の普通充電が可能。 [写真タップで拡大]

エネルジカ エゴ+

エネルジカはイタリアのハイパフォーマンスな電動スポーツバイクメーカー。日本ではエスターが輸入代理店となっている。 [写真タップで拡大]

エネルジカ エヴァリベル
エネルジカ エヴァリベル

【エネルジカがエゴをモトEにワンメイク供給】モトEは、’19年からモトGPの電動バイククラスとして開催されている世界選手権で、現在EGOがワンメイク供給されている。大久保光選手(#78)は’21年より、アジア人唯一のモトEライダーとして参戦中だ! [写真タップで拡大]

エネルジカ エヴァリベル〈軽二輪〉

最大出力/最大トルク/加速性能/市街地走行の最大航続距離420km/定速走行246km-198kmなど、EGOと全く同じのスペックを持つストリートファイタータイプのマシン。最高速度は200km/h!

エネルジカ エヴァリベル

【ENERGICA EVA-RIBELLE】 [写真タップで拡大]

エネルジカ SS9+〈軽二輪〉

最高出力80kw/最大トルク200Nm/最高速200km/h/0-100km/h加速は3.0秒と、他の2機種よりも少しパワーを抑えたネオクラタイプ。急速充電と普通充電の充電口は3機種ともシート下に備えている。

エネルジカ SS9+

【ENERGICA SS9+】 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース