免許なしでバイク体験! e-TRAIL PARKが南箱根にオープン【~7/25まで無料モニターも募集中】

バイクレンタルサービス「レンタル819」を運営するキズキレンタルサービスが、電動バイクで様々な障害物をクリアしながらダートコースを走破する体験型施設「e-TRAIL PARK南箱根」をオープンする。本格的な営業開始は7月27日予定だが、これに先駆けて同地では7月25日まで試走モニターを募集中。編集部でも体験してみたぞ!

●文:ヤングマシン編集部(アズマ) ●外部リンク:バイカーズパラダイス

e-TRAIL PARKのテーマは「心のアクセル全開でアソボー。」

バイカーたちが自然と集まり、新たなバイク文化やコミュニティを醸成することを目指して設立されたバイカーズパラダイス南箱根。芦ノ湖近くに位置するその広大な敷地の一角に、電動バイクをフィーチャーしてアクティビティを楽しむ「e-TRAIL PARK南箱根」が新たにオープンする。

同コンセプトの施設は「イオンe-TRAIL PARK海老名」に続いて2箇所めとなる。屋内に多彩な障害物を備える「イオンe-TRAIL PARK海老名」に対して、「e-TRAIL PARK南箱根」は広々とした屋外に全長約300mのオフロードコースを用意。廃材を敷き詰めたコース上にはさまざまな障害物が設置されており、これをサーロン社のオフロード系EV「ライトビー」シリーズでクリアしていく。スピード走行というより、”アスレチック”的な遊びを楽しむことができる場と言えるだろう。

e-TRAIL PARKは、多くの人にバイクに興味を持ってほしいという考えから「持続可能なアクティビティ」を標榜している。体験には免許も不要なので、二輪免許を持っていない友人やお子さんとも一緒に楽しむことが可能だ。また、車両にEVを使用してCO2排出量ゼロを目指すだけでなく、コースにも材木の切り屑などの廃材を用いており、いつまでもより多くの人にバイクライフを楽しんでもらうという意図がある。

同施設は7月25日まではモニター期間としてプレオープン中。試走した感想や意見をフィードバックすることで、無料でコース走行を体験できる。実際に訪れた方の意見を聞きながらセクションの増設や料金設定を行うとのことなので、近くに立ち寄りの際にはぜひとも試して欲しい。ちなみに海老名e-TRAIL PARKの価格は1650円。今のところ、グランドオープン時にはこの価格帯プラスアルファくらいを考えているそうだ。

e-TRAIL PARK

[写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK南箱根 コース紹介

e-TRAIL PARK

段差をつけたパレットの上に丸太を敷いたパレットトレイル。重心をうまく使う必要があり、オフ走行の基本を体感できる。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

勢いをつけてコーナーを曲がるコーナーバンクス。遠心力を用いて曲がり切ると爽快感がある。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

パレット五段分の坂を登り、そのまま駆け下りるドロップオフ。高低差という意味ではコース上でもっとも迫力のあるモジュールだ。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

短距離に山が連なるパンプトラック。パレットトレイルと同様に、リズムよく重心移動を行なってクリアする。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

コース上には廃材を元に作られたウッドチップや端材が敷設されており、万が一転倒してもフカフカで安心だ。 [写真タップで拡大]

絶望的運動オンチの編集部員も体験してみた…!?

光栄にもプレス向けお披露目会にお招きいただいたヤングマシン編集部。当日はあいにくの天気ではあったが、せっかくの機会ということでコース走行を体験させていただけることになった。霧雨で湿っているとはいえ、ウッドチップが撒かれているので路面状態はそこまで悪くはない。

e-TRAIL PARK

インストラクターさんの後をおっかなびっくり着いていく編集部アズマ。実は電動バイクもオフロードも初体験だ。 [写真タップで拡大]

コース内の障害物を越えていくためには、基本的に”スタンディング姿勢でゆっくり”、体重移動を意識して走行する必要がある。普段のオンロードよりもさらに精密なバランス感覚が重要だ。そこで不安になのがライダーの運動神経。そもそもの身体能力の低さに加えて、これが初めてのオフロード走行だ。電動バイクの独特な走り味にも慣れておらず、果たして…?

まずは初級コースで試走。ヨチヨチ歩きのヒヨコのごとくインストラクターさんの後を追いかけ、なんとか形になったところで本コースへ。本コースには現在のところ合計6種類の障害物=セクションが設けられており、これからも参加者の意見を聞き入れつつ続々と増やしていく予定だという。

個人的にはリズミカルに山を越えていく”パンプトラック”と、速度をつけて斜面を走り切る”コーナーバンクス”に爽快感があった。モトクロスや、最近オリンピック競技にも取り入れられたスケートボードのようなカッコ良さが体感できる(どちらもテレビで観るばかりだが…)。もう少し「人馬一体」の感覚を身に付けられればもっと上手にクリアできるのに…! 海老名のe-TRAIL PARKでは1ターム20分の設定だが、何回も繰り返しチャレンジした人もいるという。それくらいハマる人がいるのも分かった気がした。

e-TRAIL PARK

写真奥がコーナーバンクス/写真中央右がパレットトレイル/写真手前の3つ連なった山がパンプトレイルだ。難しいと感じたセクションは脇からエスケープすることもできる。 [写真タップで拡大]

…と、そんなふうに考えていると、3段積みの”パレットトレイル”で後輪を滑らせ大転倒。左手首に付けたストラップが車両から外れれば自動的にモーターが停止するし、廃材を利用してつくられたコースも柔らかく、プロテクターもバイカーズパラダイスに完備しているので大事に至ることはないが、天候もあいまってジーンズはドロドロに…。しかし、これもアスレチックの醍醐味と言えよう。絶対に転ぶと分かっていたので、着替えを持ってきていたのはヒミツだ。

ともあれ、体験を通じて楽しめたのは事実。普段意識しないで乗っていた”二輪車”という乗り物の特性と楽しみ方を改めて味わえた気がする。何より、バイクに乗るためのもっとも大きい障壁である免許がなくても体験できるのがいい。16歳以上でまたがったときに両足が着く(目安は150cm)なら利用できるので、もし免許をお持ちでなくてもアスレチック感覚で訪れてみてはいかがだろうか。

e-TRAIL PARK

3段積みのパレットトレイルから転落。落ち着いていれば倒れ込まずにフロントサスペンションで着地できるのだが、焦ってコテンと落ちてしまった。赤っ恥である。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

途中までは教習所の規格とほぼ一緒だが、分岐して難度の上がる立体一本橋。右に行くと斜度がつく上、内輪差ギリギリでクランクしており、全コース内最高難度を誇るセクションだ。筆者は左を行ったが「あっ…」と思う間もなく脱輪した。ちなみに、よく見るとジーンズが泥で汚れている。よく見なくていい。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

こちらは4段積みのパレットトレイル。頂点でまたも後輪を空転させ、苦笑いで足を着いてしまう。このセクション、あまり向いていないのかもしれない…。 [写真タップで拡大]

e-TRAIL PARK

【e-TRAIL PARK南箱根】●住所:静岡県田方郡函南町桑原1348-2(バイカーズパラダイス南箱根敷地内) ●TEL:090-1739-3541 ●営業時間:11:00~16:00 ●モニター期間:’22年6月25日~7月25日 ●オープン:’22年7月27日 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース