日本人初のMotoEレーサー大久保光選手も来場!!

EVも’22モデルが続々登場! 最新電動バイク一挙紹介〈BMW/ヤマハ/アイディアetc.〉

EV

年を経るごとにさらなる賑わいを見せるEV業界。’22年の3月25~27日に開催された東京モーターサイクルショーでは、少なくとも14のブースに電動バイクが展示され、その車種は50以上。台数となるともう数え切れないほどだったという。本記事ではその中から近藤スパ太郎氏が特に強い印象を受けた最新車両の数々を紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(近藤スパ太郎) ●写真:輪

近藤スパ太郎

近藤スパ太郎[タレント/プロデューサー]:環境番組のパーソナリティを担当したことを機に、電動バイクの強烈なパワーにひと目ぼれ。俳優・MCの他、企画プロデューサー、芸能・制作プロダクションSPANCHOOSの代表を務める。[URL]近藤スパ太郎SPANCHOOSTwitter [写真タップで拡大]

BMW CE04

’17年に発表された「Cエヴォリューション」以来、5年ぶりの登場となるBMWの電動スクーター「CE04」。都会的なデザインにこだわり、定格出力15kW/最高出力31kW/最大トルク62Nmを発生するパワフルなモーターを搭載。0-50km/h加速は2.6秒、最高速度120km/hのスペックを持つ。グリップヒーター/シートヒーター/ETCなどが標準装備され機能面も充実。価格はカラーによって異なり161万円(税込)から。4月22日に販売開始となっている。

BMW CE04

【BMW CE04】 [写真タップで拡大]

BMW CE04

センターモーターをベルトドライブ駆動。エコ/ダイナミックなど走行モードは4種から選択。 [写真タップで拡大]

BMW CE04

ハンドルの右下にJ1772普通充電口。バッテリー容量60.6Ah(8.9kWh)で約4時間でフル充電。 [写真タップで拡大]

ヤマハ E01〈原付二種〉

ヤマハの「E01」は急速充電が可能な実証実験車両で、要件を満たせば3か月間のリースが可能。抽選の応募は’22年5月9日から。高回転型空冷モーター(IPMSM)と、4.9kWhの大容量バッテリーを搭載。最高出力8.1kW/最大トルク30Nmを発揮し、走行距離は104km。

ヤマハ E01

【YAMAHA E01】 [写真タップで拡大]

ヤマハ E01

ベルトドライブで駆動し、回生ブレーキや3GのSIMとGPSを内蔵する。 [写真タップで拡大]

ヤマハ E01

急速充電は約1時間で90%、200V普通充電では約5時間でフル充電となる。 [写真タップで拡大]

ヤマハ TYE2.0〈公道不可〉

トライアル世界選手権は’22年からエンジンバイクと電動バイクが混合競技になるが、その参戦予定車だ。黒山健一選手の搭乗車両となる予定で、CFRPモノコックフレーム製。トライアル競技専用車となり、バッテリー容量は現行車の2.5倍に。旧TYEでは電動クラスで’18年、’19年ともに年間2位の実績があるので注目だ。

ヤマハ TYE2.0

【YAMAHA TYE2.0】 [写真タップで拡大]

アイディア AA-1〈原付二種 ※〉

現在開発中のキャノピー付きアイディア製電動バイク。2輪車の楽しさと手軽さ、4輪車の安全性と快適性がコンセプトだ。開発中とはいうが公式HPではすでに走行動画が公開されている。開発段階では定格出力1.0kW、最高出力6.0kW、航続可能距離108kmらしい。楽しみだね。 ※開発発表時。コンセプトモデルのため記載なし

アイディア AA-1

【AIDEA AA-1】 [写真タップで拡大]

アイディア AA-1

目下開発中の発売時期未定モデル。開発時点の出力と航続距離は公開済みだ。 [写真タップで拡大]

アイディア AAカーゴα4〈原付一種〉

アイディアのAAカーゴα4はデリバリーシーンで活躍中。ピザクックで実際に使っているイメージキャラクター・銀河新星グレイトZのラッピングを施した車両。他にもドミノピザ、DHL仕様も存在する。

アイディア AAカーゴα4

【AIDEA AA-Cargo α4】 [写真タップで拡大]

アイディア AAカーゴα4

東京MCショーではデリバリーシーンで活躍中の実車も展示されていた。 [写真タップで拡大]

ジーム トロモックスウッコS〈原付二種〉

電動バイクを輸入販売するXEAM(ジーム)は、日本発上陸ブランドのビコースER10/トロモックスミノB/ウッコSの3機種を初お披露目。中でもウッコSは最高速度90km/hと原付二種で最速を誇るモデルだ。着脱可能な3960Wh大容量バッテリーを搭載する。

XEAM ウッコS

【XEAM TOROMOX UKKO S】 [写真タップで拡大]

XEAM ウッコS

車体の起動とシャットダウンはNFCカードか、リモコンキー操作で行える。 [写真タップで拡大]

XEAM ウッコS

3つの走行モード/クルーズコントロール/後進走行モードを備えている。 [写真タップで拡大]

モータリスト VMS6〈軽二輪〉

VMS6はギヤ付きのモータリスト社オリジナルストリート電動バイク。最大出力6kwのセンターモーターを搭載し、自動遠心クラッチ式4速トランスミッションを装備。モーターパワーはチェーンで後輪に伝えられる。

モータリスト VMS6

【MORTORISTS VMS6】 [写真タップで拡大]

モータリスト VMS6

電動のストリートファイター。トランスミッションも装備する。 [写真タップで拡大]

モータリスト VMS12〈軽二輪〉

「やっぱオフは楽しくないとね!」が開発と設計のコンセプトの電動オフロード。12kWの高出力モーターに4速トランスミッションとマニュアルのクラッチを備えるため、走行シーンに応じて好みのギアで走行することが可能だ。

モータリスト VMX12

【MORTORISTS VMS12】 [写真タップで拡大]

モータリスト VMX12

12kWの高出力モーターに4速トランスミッションとマニュアルのクラッチを備えるため、走行シーンに応じて好みのギアで走行することが可能だ。 [写真タップで拡大]

モートロン ビジョン〈原付二種〉

オーストリア発のモートロン。日本では電動バイクを展開する。ビジョンは定格出力1.0kWのセンターモーターを搭載し、ベルトドライブで駆動。72V26Ah(1.87kWh)の着脱可能なリチウムイオンバッテリーを搭載する。

モートロン ビジョン

【MOTRON VIZION】 [写真タップで拡大]

サーロン ストームビー〈軽二輪〉

サーロンカップの開催や試乗会も大人気のサーロン。原付一種/二種の扱いやすいライトビーシリーズに加え、軽二輪クラスのストームビーが登場する。最大出力22.5kW、最高速110km/hで最大航続距離120km(@50km/h)。ED仕様や保安部品装着車もある。

サーロン ストームビー

【SUR-RON STORM BEE】 [写真タップで拡大]

サーロン ストームビー

センターモーターでチェーンドライブ。駆動輪での最大トルクは520Nm。 [写真タップで拡大]

サーロン ライトビーモタードカスタム

【SUR-RON LIGHT BEE MOTARD CUSTOM】人気のライトビーをモタード仕様にした参考出品車も存在。 [写真タップで拡大]

ゴッチア GEV600〈原付一種〉

ゴッチアのGEV600は、’21年度グッドデザイン賞を受賞した電動スクーター。プロトが日本向けに改良開発している。56kgのとても軽い車体に着脱式バッテリーを搭載し、最大出力1.3kW、価格は16万9400円。

ゴッチア GEV600

【GOCCIA GEV600】 [写真タップで拡大]

その他のEV関連最新情報

ホンダ ベンリィe:/ジャイロe:シリーズ〈原付一種/原付二種〉

ホンダのEV部門はベンリィe:/ジャイロe:/ジャイロキャノピーe:の3機種をラインナップ中。いずれも交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を搭載した電動ビジネスバイクで、現在はより利便性を高めるため複数個のバッテリーを同時充電できるステーションを開発中だという。

ホンダ ベンリィe:/ジャイロe:シリーズ
ホンダ ベンリィe:/ジャイロe:シリーズ

[写真タップで拡大]

最高速250km/hオーバー! MUGEN 神電四〈公道不可〉

TEAM MUGENが’15年にマン島TT、電動バイククラスTTゼロで2連覇したレーサーマシン。最高速は非公表ながらも250km/h以上は出ている。その後’18年の神電七まで5連覇を達成。

MUGEN 神電四

[写真タップで拡大]

レンタルと販売/修理の店 原ちゃり電ちゃり

秋葉原と池袋に店を構える「原ちゃり電ちゃり」。電動バイクや電動キックボードを取り扱う店舗で、東京MCショーにも出展。まずはレンタルをして、気に入ったら新品を購入する…ってのも出来てイイね!

原ちゃり電ちゃり

[写真タップで拡大]

ダンロップのEV専用コンセプトタイヤ

「DUNLOP FOR EV」と称して使用材料を減らし、従来品比で10%の軽量化と30%の転がり抵抗低減を果たしたコンセプトタイヤ。’30年までにはさらに環境性能を高めたEVタイヤを開発する予定だという。

DUNLOP FOR EV

[写真タップで拡大]

ベスラEVに自転車パーツのパッドが適合した!?

「あれ? ベスラのブースにサーロンが!?」と思ったら、サーロンの原付クラス電動バイクにはマウンテンバイク用のディスクブレーキを採用している車両があり、これがベスラの自転車用ブレーキパットにも適合するそうだ。

ベスラEV適合パッド

[写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース