スーパーツーリングってご存じ?|モーサイ

ホンダ CB1000SF~CB1300シリーズ歴代22車を総解説「BIG-1発表から30年分の進化を一覧!」

●レポート: 中村友彦(1992年型〜2009年型)/飯田康博(2014年型〜2021年型)/上野茂岐 ●写真: ホンダ/岡 拓 ●編集: モーサイ編集部(上野茂岐)

「BIG-1」はSC30、SC40、SC54と大きく3世代に分けられる

今やホンダを代表するビッグバイクであり、ロングセラーバイクとして不動の人気を獲得しているCB1300シリーズ。

最新の2021年型では電子制御スロットル、ライディングモード、ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール(トラクションコントロール)、クルーズコントロールなど現代的な電子制御機能を採用するなど、たゆまぬ進化を続けている。

そんな最新のCB1300シリーズにも続くコンセプトとしてホンダが語る「PROJECT BIG-1」という言葉。

これは1991年第29回東京モーターショーに登場したコンセプトモデルの名であり、「新しい時代にふさわしいホンダのロードスポーツモデルはどうあるべきか」という思想でもあり、CB1000SF(スーパーフォア)からCB1300シリーズまでの愛称にもなっている。

なお、コンセプトモデル「PROJECT BIG-1」発表の翌年(1992年)、ほぼそのままの形で市販化されたCB1000スーパーフォアから最新のCB1300シリーズまでは次の3世代に分けられる。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース