第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

〈YM未来予想〉ホンダNEWダックス ニューカラー妄想9連発! 次に来るのは伝統色か!? 新規色か?!

’19年に本誌がその存在をスクープして以来、近年まれに見るほどのスクープ合戦が各バイク雑誌を賑わせてきた大注目のダックス。こんなに楽しげなバイクを前に、ヤングマシンがムラムラしないわけがない(笑)。まずはカラーバリエーションから妄想スタート! 過去に存在したカワイイ色は、当然ながら新型にもジャストフィットするし、’70年代グラフィックやツートーンもバチッとキマる。う〜ん、楽しすぎるゾ!


●文/まとめ:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

’23追加カラー大本命はブルーと見た!

初期のエクスポートから歴代ダックスに採用されてきたブルーメタリック。ダックス125は開発時に赤は即決、もう1色に様々なカラーが候補に上がったが、青のメタリックもそのひとつ。追加カラーとしてはかなり有力か…!

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

当時のホンダの定番カラー・オレンジ

初期モデルのエクスポートはキャンディゴールド系のオレンジを採用。’60年代後半〜’70年代のCB450/CL系/CB750フォアなど輸出モデルに多く使われた定番カラーだ。

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

カーキ系はもはや鉄板! ハンターダックスだッ!

ハンターカブのパールオーガニックグリーン、もしくはクロスカブのカムフラージュグリーンもマル。いずれにしてもアースカラーのグリーンは土遊びに良く似合う!

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

爆売れ間違いナシ!? 大人気のホワイトダックス!!

バリエーション山盛りの’71年、ほぼ全モデルに用意したホワイトダックス。全身が真っ白というだけでも珍しいのにシートはなぜか緑の花柄と、かなりブッ飛んだデザインは当時のカタログに「フランス仕込み」と紹介されていた。当時も人気爆発、出すしかないでしょ!

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

後年のダックスは黒がメジャーだった

スポーツIIで採用されたセミブラックがシブい! VI/VIIやアメリカンダックスはブラックをラインナップしたので、キャリアの長いライダーにとってはイメージかも。

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

ポップなイエロー

イエローもエクスポートから各モデルに用意。とくにスポーツI/IIはマフラーも同じメッキ&黒なのでソックリ! ポップなカラーがファンバイクに良く似合う。

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

原色グリーンもイケてます!

目の覚めるようなグリーンはK社の専売と思いきや、’69年のエクスポートに採用され、K社のレーサーと同年にデビュー。対抗心あったのかな?

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

ありそうでなかったツートーンカラー!

プレスラインで塗り分けたツートーンカラー。ホンダっぽいしプレミアムな香り! 上級バージョンでのラインナップもアリではないでしょうか、ホンダさん!

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]

ライン入りもぜひ! VI/VII風グラフィック

定番の“首輪”がカワイイけれど、’70年代後半(VI/VII型)のグラフィックも一周回って新鮮かも。限定モデルの“フルメッキ&サイケデリック柄”も見たいぞ!

ホンダ ダックス125|イメージCG

[写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース