第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダNEWダックス125 実車おさわりファーストインプレ【タンデムしやすい125ccファンモデル|動画でもおさわり】

ダックス125|谷田貝洋暁|難波祐香

’19年に本誌がその存在をスクープして以来、近年まれに見るほどのスクープ合戦が各バイク雑誌を賑わせてきた大注目の1台が、その全貌を明かすときがやってきた! ’22年最大の注目車といえるこの1台を大特集でお届け。本記事では、なんと実車へのまたがりを許された編集部が、常にハイテンションなテスター谷田貝&バイク声優のにゃんばちゃんにファーストインプレッションを依頼。その模様をお届けする。


●文:ヤングマシン編集部(谷田貝洋暁) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ホンダ

タンデムしやすい125ccファンモデルは久々だ!

さっそく新生ダックスに跨ってみると、走らずとも車体からガシッとした剛性感を感じる。ステアリングもブレーキタッチにも、ご先祖様で感じたレジャーバイク特有の心許なさは一切なし。言い換えれば、乗り味を吟味できる“モーターサイクル感”がきちんと出ているのだ。

となると気になるのは、やはりタンデムがどれほど快適か? というところ。1人乗りのモンキーに、リヤシートが極端に狭いグロム、タンデムステップがスイングアームに取り付けられるカブ系など、よく考えてみればギヤ付き125クラスでしっかりタンデムできるモデルが出るのは、けっこう久しぶりのことなのだ。

新生ダックスのロングシートにメジャーを当ててみると、なんと全長63cmで最大幅は23cm! しかも押してみればかなりクッション厚も確保されている。車体後部をぐるりと回されたグラブバーもクロームメッキで高級感たっぷりなのだ。

4速エンジンや長めの管長によるエンジン特性がタンデム走行にどう効くのか非常に楽しみだが、それは今後の楽しみに取っておくことにしよう。

ライディングポジション:大きくなって使いやすそう!

にゃんばちゃんが乗ると、身長160cmでも無理がない快適なライディングポジションだとよくわかる。跨って両足を着くと踵が数cm浮いてしまうが、シートの前方に降りてしまえば、プレスフレームをまたぐように立ててしまう。このフレームの幅は14cmほどしかなく、身長にもよるだろうが、バランスを崩しそうになったらシートの前に降りてマシンを支える、なんて技も使えるのだ。

一方の谷田貝テスターの場合、775mmのスリムシート高&スリムフレームのおかげで両足での足着きはベタ着き。しかも相当膝に余裕が残り、なんとそのまま立ててしまうくらい! 125ccでもこの足着き性はなかなかないぞ! 一方、シートの着座部分の幅は実測23cmと幅広で快適でクッション性もいい。上半身に窮屈感もなかった。

ダックス125|ライディングポジション|難波祐香

[身長160cm/体重47kg] [写真タップで拡大]

ダックス125|ライディングポジション|谷田貝洋暁

[身長172cm/体重75kg] [写真タップで拡大]

タンデム性能:無理なく快適 タンデムステップ/グラブバー標準装備!

ご先祖様は70ccモデルでタンデムも可能だったが、やはり車体がコンパクトすぎてタンデマーとの密着感が高く、かなり親密な関係であることが前提となる。一方、新生ダックスは実測で長さ63cmもあるロングシートのおかげでタンデムしてもゆったり。後部にはグラブバーも標準装備されているので、タンデマーは安心して乗っていられるぞ。

ダックス125|タンデム
ダックスホンダ|タンデム

[写真左:DAX125/写真右:DAX HONDA ST50/70] [写真タップで拡大]

【テスター:谷田貝洋暁】「読者はソコが知りたいっ!」というキラーワードを振りかざし、編集部に無理/無茶/無謀の3ない運動を強いるライター。「アップマフラーだからタンデム渡河しちゃう!?」

【テスター:難波祐香】バイクで遊ぶのが大好きなバイク声優。通称にゃんばちゃん。ヘルメットは父である元レーサー・難波恭司氏のレプリカ(本物?)。「この子に荷物積んでキャンプ行きたいですっ!」

動画ではさらにじっくりおさわり中。見てね!


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホンダ ダックス125の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ ダックス125

ホンダ ダックス125

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 47価格種別 中古車 0

本体

43.9万円

価格帯 38.72~58.5万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

2.79万円

価格帯 1.69~5.05万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

46.7万円

価格帯 40.41~63.55万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース