チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

新型ダックスに似合うヨシムラ管はどれ? 勝手にダックス125マフラー総選挙・投票受付中【抽選で当たる!】

ヨシムラがダックス125用マフラーを作ったらどうなる? 車両発売前から妄想全開な我々ヤングマシンは、「どんなマフラーを装着したい?」のかを”勝手に総選挙”! 性能やルックスはもちろん、規制にもバッチリ対応するヨシムラから、こんなマフラーが発売されることに期待!

●文/まとめ:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

どれもイイから迷っちゃう…ので、人気投票実施!

「ダックス」と言えば、モンキーと双璧をなすホンダの(いや日本の)ファンバイク。そんなカワいくて面白いバイクだからこそ、自分好みにカスタムしたい。そしてカスタムと言えば、真っ先に手をつけたいのがマフラーだ。

そんなファンの要望に応えてくれるのが、日本を代表するレースコンストラクターでありカスタムパーツの巨人・ヨシムラだ。世界で初めて集合マフラーを開発し、その名を轟かせた存在だけに、「マフラー換えるなら絶対ヨシムラ!」というライダーも少なくないだろう。

というワケで、ヨシムラがダックス125用マフラーを作ったとしたら…と妄想した編集部。マフラーはもちろん、車体でさえも発売前だというのに、またもやWEBで勝手にアンケート! ヨシムラから既出の4ミニ用マフラーを参考に、妄想全開で作成した5バージョンをノミネートした。さぁ、貴方はどのマフラーを装着したい? 眠れないほど悩んでください! でもってヨシムラさんは、全部作ってください!!

4ミニ用でも絶大な支持!

レースやスポーツ車のイメージが強いヨシムラだが、古くは50ccモンキーの頃から4ミニ向けのマフラーを手がけ、現在は原付二種のモンキー/グロム/スーパーカブ系などに膨大なラインナップを誇る。当然、新型ダックス用も作ります!

ヨシムラモンキー125

モンキー125×ヨシムラ [写真タップで拡大]

ヨシムラCT125ハンターカブ

CT125ハンターカブ×ヨシムラ [写真タップで拡大]

ヨシムラスーパーカブC125

←スーパーカブC125×ヨシムラ [写真タップで拡大]

[候補1] R-77S:ガンガン攻めるUSデザイン

USヨシムラのサイクロンをベースに、ヨシムラジャパンが国内の保安基準に適合させたコラボモデルがR-77Jサイクロン。それを4ミニにマッチするコンパクトなスタイルにリデザインしたのが「R-77Sサイクロン」だ。変形四角のボディとカーボンのエンドコーンがとてつもなくレーシー!

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

[写真タップで拡大]

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

マフラーは「虹色で!」という人にオススメの、スポーツ感あふれるチタンブルー。 [写真タップで拡大]

ヨシムラGPマグナムサイクロンTYPE-UP

【ボディ素材も豊富】モンキーやグロム用に、ステンレス/サテンフィニッシュ/メタルマジック/チタン/チタンブルーを用意。個性を主張できるぞ! [写真タップで拡大]

[候補2] GPマグナム:シンプル&直球でカッコいい

シンプルな真円タイプのサイレンサーが、直球でカスタムの魅力を放つ「GPマグナム」。絶妙な跳ね上がりや、路面と水平にあつらえたエンドピース、エキゾーストパイプとサイレンサーを連結するスプリングなど、細部まできっちりデザイン。リベット留めのエンブレムの大きなカナ文字もイカしてるぞ!

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

[写真タップで拡大]

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

今風のチタンも良いけれど、元祖”新素材”のカーボンも捨てがたい! 大いに迷う!! [写真タップで拡大]

ヨシムラGPマグナムサイクロンTYPE-UP

【一周回って新鮮】真円ボディに前後ピースをバンド&リベット留めの作りがかえって新鮮。だけどエンドの”GP MAGNUM”のレーザー刻印は現代風。※写真は参考 [写真タップで拡大]

[候補3] GPマグナムTYPE-UP:FUNなスタイルをいっそう強調

GPマグナムをノーマル同様のアップタイプにレイアウトすると、SUV感もグンとアップ! 外向きのエンドピースなど小技も効いている。ちなみにモンキー125用のGPマグナムにはスリップオンタイプも用意されている。手軽でリーズナブルにカスタムできるので、ダックス用にもぜひ!

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

サイレンサー前方のテールパイプにカーボンヒートガード(ハンターカブCT125用ですでにリリース)を装備すれば、タンデムだってノープレブレム! [写真タップで拡大]

ヨシムラGPマグナムサイクロンTYPE-UP

【タンデムもOKだ】ノーマルのレトロなアップマフラーに最新テクノロジーを投入。軽快な走りを想像させる!! ※写真はCT125用 [写真タップで拡大]

[候補4] ストレート:王道の”ショート管”

ヨシムラは‘71年に世界で初めて集合管を開発し、高性能で武骨なショート管が大流行! …ということで、このスタイルは外せない。路面に近い低さが、ダックスならではの胴長短足感を強調しているのも○。いかにも“鉄”っぽいが、既出のモンキー125用はステンレスに特殊塗料を施し、耐久性も抜群!

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

直管スタイルに赤い“ヨシムラ”のステッカーは、ダックス世代の多くのライダーの憧れだ! [写真タップで拡大]

ヨシムラGPマグナムサイクロンTYPE-UP

【旧車スタイルの超定番】クラシカルスタイルのマシンには超絶的にマッチするストレートサイクロン。ダックスを旧車風に仕立てるならこれしかない! ※写真は参考 [写真タップで拡大]

[候補5] ストレートTYPE-UP:ありそうでなかった直管アップ

シンプルなストレートサイクロンをアップにしたら…、これが結構イケてる。GPマグナムTYPE-UPとは異なる武骨さとタフさがウリ。CRF50/110Fなどホンダの小型モトクロッサーのマフラーにも通じるワイルドなフォルムは、スクランブラー風カスタムもアリかと妄想が膨らむ!

ダックス125×ヨシムラマフラー[予想イメージ]

豪快にジャンプも決められそうなタフなデザイン。ダックスなのに足長なイメージに変身!? ※写真はイメージCG [写真タップで拡大]

ヨシムラGPマグナムサイクロンTYPE-UP

【小さいホンダはアップが基本?】モンキーやダックスなどファンバイクは、誕生時に未舗装路も想定してアップマフラーを装着。これが独自のスタイルを生んだとも言える。※写真はモンキー125用 [写真タップで拡大]

投票受付は4/23まで。投票者の中から1名にダックスマフラーが当たるぞ!

あなたがもっとも似合うと思う新型ダックス125用のヨシムラマフラーはどれ? WEBヤングマシンで人気投票を行います。投票者の中から抽選で1名様に、新ダックス用のヨシムラマフラーをプレゼント! 投票受付は4/23まで。

※投票したものと同形状のマフラーがプレゼントされるとは限りません。※当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。当選商品の発送はヨシムラジャパンからの発売後となるため、投票終了後、数ヶ月お待ちいただく可能性があります。

※このページは編集部の独自企画です。イメージCGも編集部の独断により作成したものですので、この件でヨシムラジャパンへの問い合わせはご遠慮ください。
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム【SUZUKI GSX-S1000】「走る・曲がる・止まる」を追求し、ライダーのことを考え抜いたクラフトマンシップの真髄!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース