Past time Review

マニアでなくとも喉から手が出る、堂々たるハーレー白バイエディション〈FLHPEロードキングポリス〉

ハーレーダビッドソン FLHPEロードキングポリス

現行ラインナップには存在しなくなった魅力的なハーレーたち。同じ名前を冠していてもスタイルや搭載エンジンはその時代によって違う。この企画では、そんな過去の魅力的な車両をレッドバロンが有する全国の豊富な中古在庫車からピックアップし、そのヒストリーに迫る。今回は白バイのベース仕様であるFLHPEロードキングポリスを紹介しよう。

●文:ウィズハーレー編集部 ●外部リンク:レッドバロン

ファン垂涎もののポリス仕様ロードキング

他ブランドとは異なる魅力に満ちあふれているハーレーダビッドソン。唯一無二の個性を持ち、他では考えにくいこともいろいろとある。

白バイ=ポリス仕様のベースモデルが誰でも新車で購入できるのも、そのうちのひとつだろう。もちろん回転灯などは未装備だが、POLICEエンブレムや専用のリヤケースはファン垂涎もの。ロードキングのシンプルなシルエットは、マニアでなくとも魅了されてやまない。

ハーレーダビッドソン|FLHPE

【’00 HARLEY-DAVIDOSON FLHPE ROAD KING POLICE】※撮影協力:レッドバロン 絶版車でもレッドバロンの”譲渡車検付き”であれば安心して楽しめる。 [写真タップで拡大]

’00年式は心臓部をエボリューションエンジン(排気量1340cc)からツインカム88に刷新したばかりで、ボア×ストローク=95.3×101.6mm、総排気量1450ccのVツインを積む。

ショベルやエボリューションでは、4つのカムが並ぶ1本のカムシャフトが4本のプッシュロッドを介し、前後シリンダーの吸排気バルブを駆動していたが、ツインカムエンジンではカムシャフトを前後シリンダーに振り分け、クランクケースをコンパクトにしつつ強度も確保。空冷45度VツインOHVという伝統を受け継ぎながら、排気量アップと出力向上を見事なまでに果たしている。

さて、今回撮影したのは手入れの行き届いたレッドバロンの中古車両。久しぶりに対面したロードキングポリスは、昨今の大排気量化したエンジンを搭載したモデルと比べても小ささを感じることもなく、大きな存在感がある。各部のメッキパーツからもハーレーの伝統と格式の高さを味わえる、特別感満載の車両だ。

ハーレーダビッドソン|FLHPE

[写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン|FLHPE

ホイール径はFL 伝統の前後16インチ。ディープフェンダーがホワイトウォールタイヤに組み合わされ、クラシックムードを強調した。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン|FLHPE

エンジンは排気量1450ccのツインカム88。エアクリーナーカバーのデカールでも”POLICE”仕様であることを誇示する。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン|FLHPE

トランスミッションは’07年式まで5速。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン|FLHPE

大径スピードメーターをタンクコンソールに埋め込む、いにしえのスタイル。分割式タンク時代を彷彿とさせるダミータンクキャンプはLED式燃料計にグレードアップ。 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン|FLHPE

灯火器類にはクロームカバーが追加装備され、さりげなくデコレーション。堂々たるテールエンドとなった。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

ホーム“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース